• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

  • 情報は何のために使うのか? 考えませんか 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第2回> 情報は何のために使うのか? 考えませんか 富原早夏氏 経済産業省 商務情報政策局 ヘルスケア産業課 課長補佐 在宅でのデータを含めた健康データを誰がどう使っていくのかは重要な論点です。医療機関が持っている医療情報と、生活空間で出回る生活情報を合わせることで、治療や保健指導の質が上がるのではないかと考えるからです。 [2017年04月26日]
  • Intelが語る「統合型病院」、そのコンセプトとは… 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第2回> Intelが語る「統合型病院」、そのコンセプトとは… 清水 由香氏 インテル インダストリー事業本部 医療・ヘルスケア分野の情報共有や連携のあり方は、海外ではどのように変わりつつあるのか――。座談会の議論に先立ち、医療IT分野に力を入れる米Microsoft社と米Intel社がそれぞれ紹介した。本記事では、Intel社が挙げた事例をレポートする。 [2017年04月24日]
  • Microsoft、クラウドで「医療のデザイン変革を」 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第2回> Microsoft、クラウドで「医療のデザイン変革を」 Gabe Rijpma氏 Microsoft Asia, Senior Director of Health and Social Services 米Microsoft社でアジア地域のヘルスケア事業を指揮するMicrosoft Asia, Senior Director of Health and Social ServicesのGabe Rijpma氏は、「医療に力を」と題し、クラウドやモバイルを用いた新しい医療提供の米国における事例を紹介した。 [2017年04月21日]
  • Apple Watchで「かゆみ」を研究 特集・解説 デジタルヘルス事例 Apple Watchで「かゆみ」を研究 ネスレ、就寝中の“かきむしり動作”を見える化 寝ている間に、皮膚をかきむしって傷つけてしまう。アトピー性皮膚炎や乾燥肌による「かゆみ」に悩んでいる人なら、誰でもそんな経験があるだろう。自覚のないあなたも、実は夜中に皮膚をかきむしっていることに、気付いていないだけかもしれない。 [2017年04月14日]
  • FiNC、福岡市の照葉・アイランドシティ「健康未来都市」と連携 ニュース FiNC、福岡市の照葉・アイランドシティ「健康未来都市」と連携 ICTで住民の健康増進サポート デジタルヘルスベンチャーのFiNCは、福岡市の照葉・アイランドシティ「健康未来都市」実行委員会(愛称:実行委員会「健康TERIHA」)との連携を発表した。今回の連携では、同社が法人向けウェルネス経営サービス「FiNC for Business」などで培ってきた知見を生かし、ICTを活用した住民の健康増進サポートを推進する。 [2017年04月06日]
  • 「さらば福祉大国」、PHR先進国を目指すオランダ 特集・解説 デジタルヘルス・レポート 「さらば福祉大国」、PHR先進国を目指すオランダ “国王肝いり”のプロジェクト始動  多くの福祉大国を育んできた欧州で、“自助努力による健康長寿国家”への大転換が始まった。そのさなかにあるのが、オランダだ。国王の肝いり、国を挙げたPHR(personal health record)推進プロジェクトが2016年に立ち上がった。全国民の参加を目指すプロジェクトの全容とは――。 [2017年04月04日]
  • 慶応医学部、「将来起業したい」は何%? ニュース 慶応医学部、「将来起業したい」は何%? 健康医療ベンチャー大賞のシンポジウムから  「あなたは将来、起業するつもりがありますか?」――。 慶応義塾大学は2016年、医学部を置く信濃町キャンパスでこんなアンケート調査を実施した。 [2017年04月03日]
  • 慶応医学部ベンチャー大賞、「ソルトチップ」が制す 特集・解説 デジタルヘルス・レポート 慶応医学部ベンチャー大賞、「ソルトチップ」が制す 社会人部門と学生部門、各5チームが熱闘 数mm角のチップを歯の裏に付けておくだけで、「美味しく減塩」できる――。慶応義塾大学医学部が2017年3月26日に決勝大会を開催した「健康医療ベンチャー大賞」。社会人部門を制したのは、独自の減塩技術“ソルトチップ”を提案したチーム「L Taste」だ。発表者の慶応義塾大学大学院 理工学研究科 総合デザイン工学専攻 博士課程の東和彦氏は2017年7月、この技術を事業化するベンチャー「L Taste」... [2017年03月31日]
  • ヘルスケアサービスがうまくいかないワケ 特集・解説 デジタルヘルス・レポート ヘルスケアサービスがうまくいかないワケ 「標準解」「多様性」の視点からソニーCSLの桜田氏が語る 「今、ヘルスケアのサービスで画期的に良いサービスは存在しないのではないか。これは、健常な状態に人を近づけようというサービスばかりになってしまい、“不健康は悪”という滞在的なプレッシャーがあるためではないだろうか」――。 [2017年03月31日]
  • 未病対策のカギは「薬剤師の介入」 特集・解説 デジタルヘルス×薬局=ソーシャルホスピタル 未病対策のカギは「薬剤師の介入」 【Report3】神奈川県の実証から見えたこと ますます重要になる個人の健康管理。一方で、意識や行動の変容をどのように促し、継続性をどう確保するのかという難題に多くのプレーヤーが試行錯誤している。この課題を解決するカギは、人の介在、とりわけ薬剤師の介入にある─。そんなデータが、神奈川県の実証から見えてきた。 [2017年03月30日]
  • 薬局は“破壊的創造”を自ら仕掛けよ 特集・解説 デジタルヘルス×薬局=ソーシャルホスピタル 薬局は“破壊的創造”を自ら仕掛けよ 【Opinion】山本雄士氏 ミナケア 代表取締役・医師 ソーシャルホスピタル時代に薬局が担うべき役割は、果たして薬局の“外”からはどう見えているのだろうか。「予防」を軸とした新たな医療の姿を提唱するコンセプトリーダーとして活躍しているミナケア 代表取締役・医師の山本雄士氏の声を、日本調剤 常務取締役の三津原庸介氏が聞いた。( 構成:大下淳一) [2017年03月29日]
  • 慶応医学部、「健康医療ベンチャー大賞」を開催 ニュース 慶応医学部、「健康医療ベンチャー大賞」を開催 「第2のGoogleやAppleの創出目指す」と岡野医学部長 慶応義塾大学医学部は2017年3月26日、健康・医療分野のビジネスプランを競うコンテスト「健康医療ベンチャー大賞」を同大学 三田キャンパス(東京都港区)で開催した。“医学部発ベンチャーを100社創出する”を目標に、大学の研究シーズを起業につなげる文化の醸成を狙う。 [2017年03月28日]
  • 情報銀行 用語辞典 デジタルヘルス用語 情報銀行  ヘルスケアデータや行動履歴など、個人情報を含むデータ(パーソナルデータ)に関して、本人の意向を踏まえた流通・活用を促すことで、そのメリットを個人や社会に還元することを目指す仕組み。具体的には、パーソナルデータを個人との契約に基づいて管理するとともに、個人の指示やあらかじめ指定した条件のもとで個人に代わって妥当性を判断し、データを第三者(事業者)に提供する事業を指す。 [2017年03月27日]
  • 問われる「電子お薬手帳」の真価 特集・解説 デジタルヘルス×薬局=ソーシャルホスピタル 問われる「電子お薬手帳」の真価 【Report2】薬局と利用者を近付けるツールへ 2016年度診療報酬改定で算定対象となった「電子お薬手帳」。今後の利用拡大が見込まれる中、単に紙のお薬手帳を電子化しただけではない価値をどう提供していくのか。その真価が問われている。大手調剤薬局の日本調剤が自ら開発した「お薬手帳プラス」が目指すのは、薬局と利用者の距離を近付けるツールとしての役割だ。 [2017年03月27日]
  • 東京西川、「グレーゾーン解消制度」活用で快眠コンサルティング事業 ニュース 東京西川、「グレーゾーン解消制度」活用で快眠コンサルティング事業 富士通と共同で開発した睡眠環境解析技術を利用 西川産業(東京西川)は、富士通と共同で開発した睡眠環境解析技術を使い、睡眠を科学的に解明しながら快眠の総合コンサルティングを行う新事業「ねむりの相談所」に着手する。全国の直営店、百貨店、寝具専門店などで2017年3月23日から順次、展開していく。 [2017年03月24日]
  • 北海道の過疎4自治体がタッグ、官民一体で遠隔健康支援事業 展示会・学会速報 ヘルスケア産業の最前線 2017 北海道の過疎4自治体がタッグ、官民一体で遠隔健康支援事業 喜茂別町、島牧村、積丹町、ニセコ町 北海道の過疎地では、離れた位置にある4つの自治体が、民間事業者と共同で保健事業を開発・実施している。社会福祉法人渓仁会 法人本部ヘルスケア事業推進室 室長の細田高氏が、「ヘルスケア産業の最前線2017」(2017年3月3日、主催:経済産業省)の第2部として開催された「地域を支えるヘルスケアサービス事業者の事例紹介」に登壇し、官民一体の健康支援事業について講演した。 [2017年03月23日]
  • フィリップス新社長「ヘルステックで業界首位に」 ニュース フィリップス新社長「ヘルステックで業界首位に」  フィリップス エレクトロニクス ジャパンは2017年3月22日、報道機関向けの事業・新製品説明会を東京都内で開催。同年3月1日付で同社 代表取締役社長に就任した堤浩幸氏が登壇し、同社のコア事業であるヘルスケア事業への取り組みを語った。 [2017年03月23日]
  • 第一生命が「健康第一」アプリ、日本MSなど7社と ニュース 第一生命が「健康第一」アプリ、日本MSなど7社と 第一生命保険は2017年3月21日、顧客の健康寿命延伸やQOL向上を支援する「健康第一プロモート」を始動させると発表した。2018年4月までの1年間を3段階に分け、顧客に寄り添う伴走型の健康増進サービスを提供。順次サービスを拡充する。第一弾としてスマートフォンアプリ「健康第一」を無料で一般公開し、日常生活における顧客の健康増進をサポートする。 [2017年03月23日]
  • 医学生だった僕が「起業とIT」に目覚めたワケ インタビュー 医学生だった僕が「起業とIT」に目覚めたワケ 田澤 雄基氏 慶応義塾大学病院 精神・神経科 医師  医学部発ベンチャーを100社創出する――。慶応義塾大学医学部がそんな目標を掲げ、「健康医療ベンチャー大賞」を立ち上げた。「病院での医療に限らず、医療・健康に貢献するプランを広く募集する」。こんな文言を掲げたコンテストの決勝大会が2017年3月26日に同大学で開催される。 [2017年03月22日]
  • 「ふるさと納税」で、1型糖尿病を治る病気へ 特集・解説 デジタルヘルス・レポート 「ふるさと納税」で、1型糖尿病を治る病気へ 佐賀県×日本IDDMネットワーク×トラストバンクが挑む  年間発症率は10万人に1~2人、原因は不明。子供のうちに発症することが多く、いったん発症すると毎日のインスリン注射が生涯にわたり欠かせなくなる――。 [2017年03月22日]
  • “どこでも医療”が企業人のカラダを守る 特集・解説 デジタルヘルス×薬局=ソーシャルホスピタル “どこでも医療”が企業人のカラダを守る 【対談】脇嘉代氏×伊藤誠悟氏 世界を舞台に戦うグローバル企業の従業員たちの健康をどう支えるか。糖尿病の自己管理支援アプリ「GlucoNote」を開発した東京大学 特任准教授の脇嘉代氏と、三菱商事 診療所長の伊藤誠悟氏が語りあう。カギを握るのは、ICTを活用し時間と場所の制約を乗り越えた“どこでも医療”を実現することだ。( 構成:大下淳一) [2017年03月21日]
  • ジーンクエスト、糖尿病に関わる遺伝子を網羅的解析 ニュース ジーンクエスト、糖尿病に関わる遺伝子を網羅的解析 新潟大学医学部と共同研究  ジーンクエストは2017年3月16日、新潟大学医学部と共同で、生活習慣病の発症に関連する遺伝子の網羅的解析を始めたと発表した。糖尿病などの疾患と生活習慣、遺伝子多型の相互作用を明らかにし、生活習慣病とその予防に関して新たな知見を得ることを目指す。 [2017年03月17日]
  • 東大が調剤薬局と描く、“かかりつけ”の新たな形 特集・解説 デジタルヘルス×薬局=ソーシャルホスピタル 東大が調剤薬局と描く、“かかりつけ”の新たな形 【Report1】アプリ×電子お薬手帳×薬剤師に挑む スマートフォンアプリと電子お薬手帳、そして薬剤師。3者を組み合わせ、生活習慣病患者やその予備群に対する生活改善や重症化予防の効果を検証する。東京大学が、調剤薬局を舞台にそんな試みを始めた(図1)。 [2017年03月17日]
  • 健康経営銘柄、秘訣は「127文字」 特集・解説 デジタルヘルス事例 健康経営銘柄、秘訣は「127文字」 サトーホールディングス社長が語る  「今年選んでもらえるとは思いませんでした。2020年までには選ばれたいねと、社内では話していたんです」。 [2017年03月16日]
  • 変化を恐れず、脱“調剤薬局”へ 特集・解説 デジタルヘルス×薬局=ソーシャルホスピタル 変化を恐れず、脱“調剤薬局”へ 【interview】三津原 庸介氏 日本調剤 常務取締役 “医薬品提供の場”から、利用者の日々の健康を支えるヘルスケアサービスの提供者へ。ソーシャルホスピタル時代に向けて、調剤薬局は今まさにその役割の再定義が求められている。こうした変化に積極的な姿勢を見せるのが調剤薬局大手の日本調剤だ。常務取締役の三津原庸介氏に狙いを聞いた。(聞き手は大下 淳一=日経デジタルヘルス) [2017年03月15日]

お薦めトピック

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング