• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

  • デジタルヘルス関連ベンチャーはいつ増加したのか? コラム 日経デジタルヘルスの「Editors' Voice」 デジタルヘルス関連ベンチャーはいつ増加したのか? ベンチャー101社の設立年をプロットしてみたら… 米国でデジタルヘルス関連ベンチャーへの注目がにわかに高まったのは2014年ごろ。同年、ベンチャーキャピタル(VC)から米国デジタルヘルス関連ベンチャーへの出資金額が前年比2倍以上に急増しました。その後、同出資額はやや横ばい傾向でしたが、2017年は前年を大きく上回る形で過去最高を更新したようです。 [2017年12月13日]
  • スポーツ庁推進の「FUN+WALK」、MBT研はこう実践する 特集・解説 デジタルヘルス事例 スポーツ庁推進の「FUN+WALK」、MBT研はこう実践する 「MBTウォッチ」と「バイタル計測Tシャツ」を身に着けてウォーキング スポーツ庁は、歩くことを促進する「FUN+WALK PROJECT」を始動する。歩きやすい服装での通勤を促したり、いつもより多く歩きたくなるような仕組みを提案したりするプロジェクトである。2018年春の本格始動を見据えて、参加する企業や団体が2017年12月6日にトライアルを実施した。 [2017年12月12日]
  • 米国デジタルヘルス、今年の7大トピックって何? コラム 日経デジタルヘルスの「Editors' Voice」 米国デジタルヘルス、今年の7大トピックって何? 『日経デジタルヘルス年鑑2018』、本日発行 2017年8月に開催された、ある協会の設立総会で、来賓として登壇した経済産業省 商務情報政策局 商務・サービス政策統括調整官の江崎禎英氏はこう語りました。「ベンチャーは社会が変わる時に生まれるもの。まさに医療・ヘルスケアの分野は今、大きく変わろうとしている。だからこそイノベーションによって常識を変えることが必要だ」。 [2017年12月11日]
  • 「2018年、AppleやGoogleが“FDAの世界”へ」 特集・解説 デジタルヘルス・レポート 「2018年、AppleやGoogleが“FDAの世界”へ」 フロスト&サリバン、ヘルスケア業界の8大トレンドを予測 「AppleやGoogle、Samsung、Fitbit、Amazon.comといった大手テクノロジー企業のうちのいずれかが、ウェルネスやフィットネスではなく、FDAの規制対象となるような臨床の領域へ参入する」――。調査/コンサルティング会社の米Frost & Sullivan社(フロスト&サリバン)は2017年12月6日、「2018年ヘルスケア業界の展望」と題する報道機関向け説明会を東京都内で開... [2017年12月11日]
  • 「AIの波が医療に」とインテル、ヘルスケア強化 特集・解説 デジタルヘルス・レポート 「AIの波が医療に」とインテル、ヘルスケア強化 米Intel社日本法人のインテルは2017年12月7日、ヘルスケア事業に関する説明会を東京都内で開催した。Intel社 アジアパシフィック・ジャパン担当 ヘルス・ライフサイエンス担当ディレクターのMark Burby氏が登壇し、ビッグデータやAI(人工知能)、IoT(Internet of Things)などのデジタル技術が医療にもたらす変革と、同社の取り組みを紹介した。 [2017年12月08日]
  • AIによる対話型健康管理ロボ、日本でのサービス検討 ニュース AIによる対話型健康管理ロボ、日本でのサービス検討 マクニカと米Catalia Health社が協力 マクニカと米Catalia Health社は2017年12月5日、Catalia Health社が開発したAI(人工知能)搭載の対話型健康管理ロボット「Mabu(マブ)」について、日本のヘルスケア市場に向けたサービスの検討を開始したと発表した。医療機関や製薬会社、調剤薬局、企業健康保険組合などに向けたサービスを検討する。 [2017年12月07日]
  • フィリップスが怒涛の異業種連携、堤社長が狙い語る 特集・解説 デジタルヘルス事例 フィリップスが怒涛の異業種連携、堤社長が狙い語る ソフトバンク、ヤマトロジスティクス、札幌市、アルムなどとの協業を表明 「我々は、ヘルスケアプロセスを全体最適化するソリューションを提供するヘルステックカンパニーへと生まれ変わる。『オープンなエコシステム』がそのキーワード。さまざまな業界との連携により、従来とはまったく異なるヘルステックのソサエティーをつくっていく」――。フィリップス・ジャパン 代表取締役社長の堤浩幸氏は、2017年12月5日に同社が開催した2018年度事業戦略発表会でこう宣言した。予防から診断、治療... [2017年12月06日]
  • Stanfordのヘルスケアハッカソン、日本人学生が奮闘 特集・解説 デジタルヘルス・レポート Stanfordのヘルスケアハッカソン、日本人学生が奮闘 「health++」報告会を開催、3位入賞の“スマートおしゃぶり”とは… 医学や工学、経営学、プロダクトデザインなど、さまざまな専門を持つ学生や社会人が世界中から集まり、多国籍のチームを結成。医療・健康分野の新しい製品やサービスのアイデアを、2日間のハッカソンを通じて競い合う――。米スタンフォード大学(Stanford University)で2017年10月21~22日、そんなイベント「health++ 2017」が開催された。日本からは11人の学生が参加。12月1日... [2017年12月06日]
  • ADHDやぜんそくの治療にアプリで挑む コラム 医師・佐竹晃太の「モバイルヘルス」で変わる医療 ADHDやぜんそくの治療にアプリで挑む 「子どもの成長」を支える米国スタートアップ事例 皆さま、こんにちは。キュア・アップの佐竹晃太です。本連載では、モバイルテクノロジーによる新しい治療アプローチの可能性や先進事例を紹介しています。前回は、「『新しい命』を育むモバイルヘルス」と題して、妊娠・出産を支える米国のスタートアップ事例を紹介しました。 [2017年12月04日]
  • 「デジタルヘルスのNokia」、日本で浸透するか? 特集・解説 デジタルヘルス事例 「デジタルヘルスのNokia」、日本で浸透するか? 日本市場再参入に健康分野を選んだワケ 「Nokiaがなぜ、健康分野に取り組むのかがどうもよく分からない。ある報道記者の方にそう聞かれました」――。フィンランドNokia社は2017年11月30日、同社の最新技術を紹介するイベント「Connected Future 2017」を東京都内で開催。ノキアテクノロジーズ デジタルヘルス本部 統括の岩崎顕悟氏が登壇し、Nokia社が健康分野に力を入れる理由をそんな言葉から語り始めた。 [2017年12月04日]
  • JINSが仕掛ける「集中できる空間」を見てきた 特集・解説 デジタルヘルス事例 JINSが仕掛ける「集中できる空間」を見てきた ワーキングスペース「Think Lab」がオープン 真っすぐ伸びる廊下は薄暗く、足を進めるほどに自然と気が引き締まる。光が差すエントランスから中に入ると、東京の街を眼下に望める厳かな空間が広がっていた――。ここは、東京・飯田橋にあるオフィスビルの29階にあるワーキングスペース「Think Lab」である。アイウエアブランド「JINS」を展開するジンズが、2017年12月1日にオープンした。 [2017年12月04日]
  •  日立製作所、ヘルスケアアプリ「MyLifePal」を開発 ニュース 日立製作所、ヘルスケアアプリ「MyLifePal」を開発 スマホで顔を撮影するだけで、脈拍やストレス度を測定 日立製作所は2017年11月29日、スマートフォン向けのヘルスケアアプリケーション「MyLifePal(マイ・ライフ・パル)」を開発したと発表した。専門家による監修と健康データをもとに、個々人の生活に寄り添うアドバイスを提供し、利用者の日常生活や業務の質の向上を支援する。企業の健康経営や働き方改革に向けるサービスで、日立社内での実証実験を2017年12月に開始。2018年度中の実用化を目指す。 [2017年11月29日]
  • あの「ほぼ日」も受賞、バイエル薬品がイノベーション大賞 ニュース あの「ほぼ日」も受賞、バイエル薬品がイノベーション大賞 バイエル薬品は2017年11月28日、「バイエル ライフ イノベーション アワード(Bayer Life Innovation Award)2017」の最終選考会を東京都内で開催し、大賞企業を表彰した。同アワードは、過去1年間に新規上場した企業の中から、事業分野を問わず、革新的や技術やアイデアで人々のよりよい暮らしに貢献し、新しい価値を創造した企業を称えるもの。2015年に始めた催しで、今回で3回... [2017年11月29日]
  • サウンドファンの「ミライスピーカー」、東京都ベンチャー技術特別賞を受賞 ニュース サウンドファンの「ミライスピーカー」、東京都ベンチャー技術特別賞を受賞 デジタルヘルスベンチャーのサウンドファンは、東京都などが主催する「世界発信コンペティション」の製品・技術(ベンチャー技術)部門において、東京都ベンチャー技術特別賞を受賞した。同社が開発した「ミライスピーカー」の製品とその技術が評価された。この受賞により同社は、ミライスピーカーの販売を推進し、音のバリアフリー環境を国内外へ広く普及させることで、快適な「聴こえ」環境の整備を目指すとしてい... [2017年11月27日]
  • 「8000歩/20分」でTポイント、電子お薬手帳と連携 特集・解説 デジタルヘルス事例 「8000歩/20分」でTポイント、電子お薬手帳と連携 トーンモバイルがシニア世代向けサービスを強化 「シニア市場を本気で狙っていく」(トーンモバイル 代表取締役社長 CEOの石田宏樹氏)――。トーンモバイルは2017年11月22日、東京都内で記者発表会を開催し、シニア世代向けサービスの強化を発表した。“中之条研究”のメソッドを生かしたライフログ機能を強化するほか、電子お薬手帳との連携機能も新たに提供する。 [2017年11月24日]
  • 厚労大臣最優秀賞は、竹富島が進める予防医学 特集・解説 デジタルヘルス・レポート 厚労大臣最優秀賞は、竹富島が進める予防医学 「第6回健康寿命をのばそう!アワード」開催 厚生労働省が推進する「スマート・ライフ・プロジェクト」の一環である「第6回健康寿命をのばそう!アワード」表彰式が2017年11月13日に開催された。スマート・ライフ・プロジェクトは、国民全体が人生の最後まで元気に健康で楽しく過ごすことを目指した国民運動である。応募総数70の企業や団体、自治体から、竹富診療所の取り組みが厚生労働大臣 最優秀賞に選ばれた。 [2017年11月17日]
  • 西陣織の技法使ったウエアラブル電極布、一般医療機器として届出 ニュース 西陣織の技法使ったウエアラブル電極布、一般医療機器として届出 12誘導心電を計測、帝人フロンティア 帝人フロンティアは2017年11月16日、12誘導心電の計測が可能なウエアラブル電極布を一般医療機器(クラスⅠ)としてPMDA(医薬品医療機器総合機構)に届出を行うと発表した。「テクノセンサーER」の製品名で、2018年春に販売を開始する。 [2017年11月16日]
  • Apple Watch連動の健康管理アプリ、チーム制でポイントを競う 特集・解説 デジタルヘルス事例 Apple Watch連動の健康管理アプリ、チーム制でポイントを競う Phone Appliとジェナが開発した「CiRQLE」 クラウド電話帳サービスを手掛けるPhone Appliとジェナは、Apple Watchと連動する健康管理アプリ「CiRQLE」を共同開発した。健康経営を実施する企業に向けて、Phone Appliが2017年12月初旬に提供を開始する。 [2017年11月16日]
  • フィリップス、COPD患者を「食」からケア 特集・解説 デジタルヘルス事例 フィリップス、COPD患者を「食」からケア 「COPD患者さんのおうちごはん」を発表 フィリップス・ジャパンは、COPD(慢性閉塞性肺疾患)患者の栄養食事療法に向けたレシピ集「COPD患者さんのおうちごはん」を発表した。患者会であるNPO法人の日本呼吸器障害者情報センター(J-BREATH)と共同で実施するCOPD啓発プロジェクトの第1弾である。 [2017年11月13日]
  • 食べ過ぎでのウエストサイズ変異を検知するスマートベルト ニュース 食べ過ぎでのウエストサイズ変異を検知するスマートベルト AJAX(アイアス、本社:山形県山形市)は、健康管理をサポートするスマートベルト「WELT」を、2017年11月10日に発売した。価格は1万7300円(税別)から。 [2017年11月10日]
  • 健康チェッカーの現在地 コラム 久保田博南の「医療機器トレンド・ウオッチ」 健康チェッカーの現在地 体重計や歩数計から始まった健康チェッカーは、今や多岐に渡る製品群がネット上を賑わすようになっている。その中から実例を取り上げ、ユーザー側からの実用的な観点について整理しておきたい。 [2017年11月09日]
  • タイガー魔法瓶、「健康ソリューション」を前面に 特集・解説 デジタルヘルス事例 タイガー魔法瓶、「健康ソリューション」を前面に 「健康増進を図れる調理器」を提案 ステンレスボトルや炊飯ジャーなどの調理器を手掛けるタイガー魔法瓶。同社は「Magical Solutions of Wellness」というテーマの下、健康ソリューションに注力していくことを2017年11月7日に開催した記者発表会で明らかにした。 [2017年11月09日]
  • 「鍼治療+漢方薬」で健康支援 ニュース 「鍼治療+漢方薬」で健康支援 遠隔漢方相談ベンチャーわたし漢方と鍼灸サロン大手のカリスタが業務提携 わたし漢方は、女性専用の鍼灸サロン「CALISTA」などを展開するカリスタと業務提携する。これにより、鍼灸治療を受ける患者向けに漢方相談と漢方薬を提供し、連携して患者の健康支援を行う。 [2017年11月07日]
  • メンタルヘルスを含めたAI人事サポート、エクサウィザーズ ニュース メンタルヘルスを含めたAI人事サポート、エクサウィザーズ エクサウィザーズは、人工知能(AI)を活用した人事サポートサービス「HR君」を、2017年11月から順次提供開始する。いわゆるHR(Human Resource)テックのサービスである。 [2017年11月07日]
  • 歩くとTポイント、マピオンの「aruku&」 ニュース 歩くとTポイント、マピオンの「aruku&」 マピオンのウォーキングアプリ「aruku&(あるくと)」を利用して目標歩数を達成するとTポイントが貯まる。そんな健康ポイントプログラムを、同社とTポイント・ジャパンが連携し、2017年11月1日から開始した。 [2017年11月05日]

お薦めトピック

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング