• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

  • “着るロボット”が着々と改良、4号機が登場 特集・解説 デジタルヘルス事例 “着るロボット”が着々と改良、4号機が登場 信州大学の「curara」、2018年の実用化を目指す 信州大学が開発する「curara」。利用者の動作を検知して歩行をアシストするロボットだ。その最新モデルとなる4号機が2017年9月20日、都内で披露された。curaraは、利用者が“着る”というコンセプトのロボット。開発チームは“ロボティックウエア”と位置付けている。 [2017年09月21日]
  • 厚労省の2018年度概算要求、過去最高額の31兆4298億円 特集・解説 医療・介護の経営情報誌 日経ヘルスケアから 厚労省の2018年度概算要求、過去最高額の31兆4298億円 「介護事業所における生産性向上推進」に新たに9億円を計上 厚生労働省は2017年8月25日、2018年度予算概算要求を公表した。要求額は2017年度当初予算比7426億円(2.4%)増の31兆4298億円で過去最高となった。高齢化に伴う年金や医療など社会保障関係費の増加額としては6300億円を見込む。これから年末の予算編成に向けて、社会保障関係費の増加額を5000億円に圧縮することを目指す。 [2017年09月15日]
  • 要介護度改善で「お祝い金」が出る保険商品 特集・解説 医療・介護の経営情報誌 日経ヘルスケアから 要介護度改善で「お祝い金」が出る保険商品 アイアル少額短期保険が開発、SOMPOが導入 アイアル少額短期保険(東京都中央区)は2017年9月1日、要介護度改善で保険金を支払う国内初の保険「明日へのちから」を開発し、SOMPOケアメッセージ(東京都品川区)とSOMPOケアネクスト(同)の利用者に提供を始めた。同保険は、利用者が自助努力などで要支援・要介護度を改善した場合に本人にお祝い金として保険金を支払う。販売状況を踏まえて今後、他事業者にも展開する。 [2017年09月15日]
  • 「日本は予防型医療へのパラダイムシフトを」 ニュース 「日本は予防型医療へのパラダイムシフトを」 在日米国商工会議所などが「医療政策白書2017年版」発表 在日米国商工会議所(ACCJ)と欧州ビジネス協会(EBC)は2017年9月12日、「ACCJ-EBC医療政策白書2017年版」を共同で発表した。副題は「健康寿命の延長による日本経済活性化」。持続的な経済成長を促すことを目的に、健康寿命を延ばし疾病による経済的負担を軽減するための政策を提言したものである。 [2017年09月13日]
  • 「今こそ国を挙げて認知症対策に力を」 特集・解説 デジタルヘルス・レポート 「今こそ国を挙げて認知症対策に力を」 全国認知症予防ネットワークの設立総会でパネル討論 「認知症を早期に発見し、MCI(軽度認知障害)の段階で介入することの意味は大きい」――。衆議院議員の鈴木隼人氏は、2017年9月4日に開催された「全国認知症予防ネットワーク」設立総会と併せて行われた「認知症予防サミット」で、このように訴えた。 [2017年09月07日]
  • 歩行ケア 用語辞典 デジタルヘルス用語 歩行ケア 歩行時の体の使い方を計測し、バランスが良い歩き方ができるような指導やエクササイズを行うことで膝や腰に障害が出ない歩き方を定着させること。歩数や歩行時間などの量ではなく、歩き方の質を可視化して改善するという考え方。 [2017年09月06日]
  • パナソニック、地域包括ケアに向けた遠隔在宅ケアサポート ニュース パナソニック、地域包括ケアに向けた遠隔在宅ケアサポート 大阪府交野市などと共同で実証実験を開始 パナソニックは2017年9月1日、同社の「エアコンみまもりサービス」と、IoT機器で構成した「ホームネットワーク」による遠隔在宅ケアサポートシステムの実証実験を開始する。要支援から要介護までの高齢者単身世帯および夫婦のみ世帯を対象に、同社と大阪府交野市、同箕面市、愛知県豊田市(豊田市つながる社会実証推進協議会)が共同で行う。 [2017年08月30日]
  • 地域包括ケアのあるべき姿をビッグデータで分析、東芝と筑波大 ニュース 地域包括ケアのあるべき姿をビッグデータで分析、東芝と筑波大 「地域包括ケアシステムの深化」および「多様化する高齢者像を捉えた地域マネジメント」の実現に向けた最適ケアのあるべき姿を、ビッグデータから定量的に分析する。東芝デジタルソリューションズと筑波大学大学院は、こうした仕組みの共同研究を開始した。 [2017年08月25日]
  • トヨタの医療・介護ロボ、次の展開は… 特集・解説 デジタルヘルス・レポート トヨタの医療・介護ロボ、次の展開は… 2007年に医療・介護ロボットの開発を発表したトヨタ自動車。足掛け10年が経過した2017年9月、その第1弾となる下肢麻痺患者のリハビリテーション支援ロボット「ウェルウォーク」を満を持して事業化する。そんな同社が次に仕掛ける展開は――。 [2017年08月21日]
  • 高齢者・障害者向け自立支援機器、2025年に8356億円市場へ ニュース 高齢者・障害者向け自立支援機器、2025年に8356億円市場へ シード・プランニングが調査 シード・プランニングは2017年8月17日、高齢者・障害者に向けた次世代自立支援機器の市場動向に関する調査結果を発表した。市場規模としては、2020年に415億円、2025年にはその20倍の8356億円に達する見通しだという。 [2017年08月18日]
  • 訪問系サービス、居宅介護支援、特養の報酬改定について議論 特集・解説 医療・介護の経営情報誌 日経ヘルスケアから 訪問系サービス、居宅介護支援、特養の報酬改定について議論 生活援助は人員基準を緩和か、居宅介護支援の管理者に主任ケアマネジャー求める 2018年度介護報酬改定に向けた議論が、2017年7月5日・19日の社会保障審議会・介護給付費分科会で行われた。議論されたサービスと論点は図1の通り。訪問介護については、生活援助中心のサービスに関して、現行の人員基準の緩和、一定の研修を受けた無資格者による提供、報酬の引き下げが論点として示された。これに対して委員からは、「質の低下が心配される」「総合事業でも基準緩和型の訪問介護サービスの担い手が集... [2017年08月10日]
  • 認知症、早期発見時代への幕開け 特集・解説 デジタルヘルス・トレンド 認知症、早期発見時代への幕開け 新たな指標で認知機能の低下を捉える研究開発が相次ぐ 朝起きて、「おはよう」と声をかける。「おはようございます。今日は何曜日ですか?」と尋ねられたので、「水曜日」と答えた…。会話の相手はコミュニケーションロボット。こうしたささいな会話から、気づかないうちにロボットが認知機能の程度を測ってくれる――。そんな未来が、遠からずやってくるかもしれない。 [2017年08月09日]
  • ウエアラブルによる高齢者の自立支援サービス、いよいよ販売開始 特集・解説 デジタルヘルス事例 ウエアラブルによる高齢者の自立支援サービス、いよいよ販売開始 介護保険制度に対応した機能訓練を行える「モフトレ」 三菱総合研究所は2017年8月4日、高齢者向け自立支援サービス「モフトレ」の販売を開始した。ベンチャー企業のMoffが開発したウエアラブルデバイス「Moffバンド」を利用して運動データをリアルタイムに把握し、機能訓練を支援するプログラムである。 [2017年08月07日]
  • PHRデータを医療従事者や保健指導者と共有、ティーガイア 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2017 PHRデータを医療従事者や保健指導者と共有、ティーガイア ティーガイアは、個人のPHRを医療従事者や介護・保健指導者がクラウド経由で遠隔に見守ることができるプラットフォームサービス「The Diary CarePro」を「国際モダンホスピタルショウ2017」(2017年7月12~14日、東京ビッグサイト)で紹介した。 [2017年08月07日]
  • IT界の重鎮が「やりたくなかった」医療に飛び込んだワケ インタビュー IT界の重鎮が「やりたくなかった」医療に飛び込んだワケ 宇陀 栄次氏 フォー・ユー・ライフケア 代表取締役兼CEO、ユニファイド・サービス 代表取締役会長兼CEO クラウドサービス大手の米Salesforce.com社の日本法人社長を長く務めた、IT業界のベテラン。そんな人物が今、ヘルスケアベンチャーを立ち上げ、医療従事者の働き方改革をITで支えるサービスに挑んでいる。 [2017年07月26日]
  • 医療者用チャット、通話音声を“AIが投稿” 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2017 医療者用チャット、通話音声を“AIが投稿” シェアメディカル、「メディライン」で新サービス シェアメディカルは、2017年4月に提供を開始した医療従事者用チャットサービス「メディライン」を「国際モダンホスピタルショウ2017」(2017年7月12~14日、東京ビッグサイト)に出展し、通話音声による投稿などの新サービスを紹介した。 [2017年07月25日]
  • ワイズマンの医介連携サービス、富士通の地域医療連携ネットワークと連携 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2017 ワイズマンの医介連携サービス、富士通の地域医療連携ネットワークと連携 ワイズマンは、同社の医療・介護連携サービス「MeLL+ Professional」に富士通の地域医療ネットワーク「HumanBridge EHRソリューション」と連携する機能を追加、「国際モダンホスピタルショウ2017」(2017年7月12~14日、東京ビッグサイト)で初披露した。主に在宅医療・介護の多職種で共有する患者・利用者のデータやコメントを、地域医療連携ネットワークを利用する病院などとやり... [2017年07月24日]
  • 病棟内トイレでの転倒を防ぐ離座センサー、ケアコムとTOTO 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2017 病棟内トイレでの転倒を防ぐ離座センサー、ケアコムとTOTO ケアコムは、TOTOと共同開発した入院病棟用トイレ見守り支援システムを「国際モダンホスピタルショウ2017」(2017年7月12~14日、東京ビッグサイト)で披露した。同システムは、ケアコムが提供する「トイレ離座検知システム」とTOTOが提供する「トイレ離座センサー専用ウォシュレット」から成る。2017年2月から提供開始している。 [2017年07月21日]
  • 投影型リハビリシステムなど3製品を展示、パラマウントベッド 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2017 投影型リハビリシステムなど3製品を展示、パラマウントベッド パラマウントベッドは、「国際モダンホスピタルショウ2017」(2017年7月12~14日、東京ビッグサイト)で3つの製品を披露した。すなわち、(1)投影型リハビリテ―ションシステム「Fieldo」、(2)ベッドサイドシステム「Smart Bed System」、(3)オゾン水手洗い装置「HANDLEX」、だ。 [2017年07月21日]
  • NEC、顔認証を院内セキュリティーや徘徊防止に 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2017 NEC、顔認証を院内セキュリティーや徘徊防止に NECは、顔認証ソフトウエアと連携し、不審者の検知や高齢者の徘徊防止に利用できる映像管理システムを「国際モダンホスピタルショウ2017」(2017年7月12~14日、東京ビッグサイト)に出展した。映像管理ソフトウエアを組み込んだサーバーで構成し、複数のネットワークカメラからの映像をリアルタイムに確認したり、録画した映像を後から確認したりできる。 [2017年07月20日]
  • 「薬包のIoT化」で服薬管理をこう変える 特集・解説 デジタルヘルス事例 「薬包のIoT化」で服薬管理をこう変える 凸版印刷とデンソーウェーブ、CareKitを使って共同開発 iPadが医療従事者と患者、そして「薬箱」をつなぐハブとなり、服薬管理を支援する――。そんな仕組みを、凸版印刷とデンソーウェーブがApple社のオープンソースフレームワーク「CareKit」を使って共同開発した。 [2017年07月19日]
  • 「皮膚呼吸」できる貼り付け型生体センサー 特集・解説 デジタルヘルス事例 「皮膚呼吸」できる貼り付け型生体センサー 東大と慶応医学部が開発 東京大学大学院 工学系研究科 教授の染谷隆夫氏らの研究チームは、慶応義塾大学医学部 教授の天谷雅行氏、理化学研究所、科学技術振興機構(JST)と共同で、軽量で薄く、長期間皮膚に貼り続けても炎症を起こさないナノメッシュ電極を開発した。健康や医療、介護などの分野で、生体情報を長期間にわたり計測する際のセンサー電極として利用できる。この電極を使って筋電位や温度、圧力などを計測できることを確認済み。201... [2017年07月19日]
  • 訪問医療・介護の記録共有を音声認識で、アドバンスト・メディア 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2017 訪問医療・介護の記録共有を音声認識で、アドバンスト・メディア アドバンスト・メディアは、音声認識を活用した記録の作成・管理・共有のツールを「国際モダンホスピタルショウ2017」(2017年7月12~14日、東京ビッグサイト)で参考出展した。訪問医療や訪問介護に向ける。 [2017年07月14日]
  • 富士フイルム、院内感染を“銀塩技術”で防ぐ 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2017 富士フイルム、院内感染を“銀塩技術”で防ぐ 富士フイルムは、除菌効果が長く続き、院内感染などのリスクを低減できる環境清拭(せいしき)材を「国際モダンホスピタルショウ2017」(2017年7月12~14日、東京ビッグサイト)に出展した。銀塩写真用フィルムなどで培ったノウハウを生かした。スプレータイプとクロスタイプがあり、それぞれ「Hydro Ag+アルコールスプレー」と「Hydro Ag+アルコールクロス」の製品名で2017年2月から販売して... [2017年07月14日]
  • ウエアラブルの活用先として「高齢者」に着目したワケ 特集・解説 デジタルヘルス・インサイド ウエアラブルの活用先として「高齢者」に着目したワケ 介護保険制度の機能訓練に対応する「モフトレ」に迫る カラダに装着して生活データや生体データを測定するウエアラブルデバイス――。測定パラメーターの拡充や機能の追加、デザイン性の追求など、差異化を図るために各社がしのぎを削っている。多くのウエアラブルデバイスは当初、一般消費者に向けて販売されてきた。しかし、アーリーアダプター層や健康管理への関心が高い層の手に行き渡ると、その勢いは頭打ちになってしまったのが現状だ。 [2017年07月12日]

お薦めトピック

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング