• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

特集

  • 米テスラが産業用蓄電システムの現状を公表、「日本でも6カ所で実績」 再エネ蓄電池プロジェクト最前線 米テスラが産業用蓄電システムの現状を公表、「日本でも6カ所で実績」 北海道・九州の再エネ導入支援、離島マイクログリッド向けなどに注力 電気自動車(EV)・蓄電システムメーカー米テスラの日本法人、テスラモーターズジャパンのカート・ケルティ氏(Director, Tesla Energy)は、「PV Japan 2017」(7月5日~7日開催)で蓄電池事業について講演し、産業用システムや、太陽光発電などの出力変動対策向けシステムなどの現状を明らかにした。 [2017年07月28日]
  • パネルを納入した建設会社が倒産!販売代金を回収する手段は? 太陽光発電事業者のための法律Q&A パネルを納入した建設会社が倒産!販売代金を回収する手段は? <第29回>太陽光発電施工業者の請負代金債権に対する動産売買先取特権に基づく物上代位権の行使  最近、太陽光関連施工者(建設会社)の倒産にからみ、次のような法律相談を受けました。「当社は太陽光発電パネルを販売する建材商社です。当社が納めた太陽光パネルを利用して太陽光発電所を建設中の建設会社が事業停止してしまいました。現在は、基礎部分と当社が納めた太陽光パネルが施工されていますが、工事は完成しておらず、中断しています。注文者の建設業者に対する請負代金支払いは未了のようですが、当社は建設会社の... [2017年07月27日]
  • 「高密度実装モジュール」で成長する米ソラリア社の戦略 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 「高密度実装モジュール」で成長する米ソラリア社の戦略 米国で太陽電池メーカーは生き残れるのか 米国を代表する太陽光パネルメーカーとしては、高変換効率の結晶系太陽電池で世界をリードしてきたサンパワー (SunPower) と、テルル化カドミウム (CdTe)を使った化合物型太陽光パネルのトップメーカーであるファーストソーラー(First Solar)の2社が挙げられる。この2社に続いて、独自技術を武器に存在感を示し始めたベンチャー企業が登場した。 [2017年07月26日]
  • 世界最安「ギガソーラー」、2.42セント/kWhでも利益の出るワケ、ジンコソーラーに聞く メガソーラービジネス 世界最安「ギガソーラー」、2.42セント/kWhでも利益の出るワケ、ジンコソーラーに聞く メガソーラービジネス・インタビュー アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ首長国において、出力約1.177GW(1177MW)の「ギガソーラー」が開発されている。世界最安となる2.42セント/kWhという売電単価は、世界に衝撃を与えた。このプロジェクトに参画し、太陽光パネルを供給するのが中国ジンコソーラーホールディング(JinkoSolar Holding)である。同社の銭晶(Dany Qian)副社長に、このプロジェクトが実現に至っ... [2017年07月21日]
  • 米で主役に躍り出る蓄電池、2025年までに35GW目指す 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米で主役に躍り出る蓄電池、2025年までに35GW目指す 北米「インターソーラー・電気エネルギー貯蔵2017」報告 太陽光発電関連で北米最大規模の総合イベント「Intersolar North America(北米インターソーラー)」(2017年7月10~13日)が、米カリフォルニア州サンフランシスコで開催された。 [2017年07月19日]
  • 「O&Mの義務化」で具体的に何をすべきか? 特集 新FIT制度で変わる再エネ戦略 「O&Mの義務化」で具体的に何をすべきか? <第3回> 太陽光発電所のトラブルと「太陽光保守ガイドライン」 第3回の今回は、太陽光発電所の運用・保守(O&M)について取り上げる。固定価格買取制度(FIT)の改正法では、O&Mの重要性が再認識され義務化されることとなった。 [2017年07月13日]
  • 国内最大・六ヶ所村の115MWも点検、綜合警備保障の太陽光向けドローン PVロボット最前線 国内最大・六ヶ所村の115MWも点検、綜合警備保障の太陽光向けドローン 全国で拠点を拡充、需要の拡大に応じる体制を整備  綜合警備保障は、ドローン(無人小型飛行体)を応用した太陽光発電向けサービス事業をいち早く手掛けてきた。本格的にサービスを始めてから2年以上経ち、2017年度を通じて、この事業をさらに拡大させるための体制を整備していく。 [2017年07月12日]
  • 太陽光パネルの評価結果に波紋、品質と生産規模の関係に一石 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 太陽光パネルの評価結果に波紋、品質と生産規模の関係に一石 22社の「トップパフォーマー」の持つ意味 太陽光パネル価格は2010年から2016年の間に約80%下落し、直近の2016年初めから2017年半にかけても約35~50%も下がった。こうした価格低下は太陽光発電産業の成長を加速したのも事実だが、一方で太陽光パネルメーカーの一部は、品質改善を犠牲にしてコスト削減を進めて規模拡大に走ったのではないかという見方も広まっている。 [2017年07月07日]
  • 海外で動き出す「大型蓄電池シェアリング」 再エネ蓄電池プロジェクト最前線 海外で動き出す「大型蓄電池シェアリング」 蓄電池は電気の“銀行”、住宅間の電力融通も可能に 固定価格買取制度(FIT)が廃止または縮小してきた地域を中心に家庭や事業者が小型蓄電池を搭載するケースが増えてきた。しかし、蓄電池の価格が高いために本格普及するのは2020年以降になると見られている。そこで、大型の蓄電池を地域に設置して、需要家同士でシェアリングして使おうという実証実験がスタートし、ビジネスモデルを模索する動きが出てきた。銀行のようにアカウントを持って個人用蓄電池として運用できるほ... [2017年07月05日]
  • 「風車メーカーはものづくりの基本に戻れ」、名古屋産業大学・清水幸丸教授 国内風力産業の“挫折”に学ぶ 「風車メーカーはものづくりの基本に戻れ」、名古屋産業大学・清水幸丸教授 風力発電は、世界的に普及が進む一方で、国内では停滞が続いている。日本でも2000年前後、各地にウインドファームが活発に建設されたが、一時的なブームに終わった。固定価格買取制度(FIT)があっても、太陽光に比べて普及速度が上がらない。一方、太陽光についても、大容量化によるコスト低下、海外製設備の導入など、風力と同じ道を辿っている。風力の挫折の軌跡から、太陽光ビジネス関係者が学ぶ点は多い。名古屋産業大... [2017年06月29日]
  •  PID現象で出力低下、パネルメーカーが負う責任は? 太陽光発電事業者のための法律Q&A PID現象で出力低下、パネルメーカーが負う責任は? <28回>PID対策製品や補修工事の保証範囲と説明責任 当法律事務所に、PIDの制御補修工事を共同で実施したパネルメーカーと施工事業者が訪ねてきました。補修工事の負担割合に関する見解が両社で相違し、調整するために将来の法的リスクについて相談にこられたのです。 [2017年06月28日]
  • 直流・高圧の電力線でデータを送る、太陽光ストリング監視の現状 メガソーラーの番人、先進的O&Mの現場 直流・高圧の電力線でデータを送る、太陽光ストリング監視の現状 住友電気工業が事業化、国内50カ所・約350MWで採用  三重県松阪市にある工業団地の隣接地に、合計出力約15MWのメガソーラー「松阪山室メガソーラー発電所」がある。三重交通グループの三交不動産(三重県津市)が開発・運営しており、電力線通信(PLC)を応用したストリング監視システムを採用している。 [2017年06月21日]
  • 米テスラ社の「ソーラールーフ」、予約販売の開始日に完売 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米テスラ社の「ソーラールーフ」、予約販売の開始日に完売 価格は公表、変換効率は未だに「ミステリー」 昨年10月末、米テスラ社のCEO(最高経営責任者)のイーロン・マスク氏が「ソーラールーフ・タイル」と名付けた新型の「建材一体型太陽電池」を発表し、業界を騒がせた。その後、半年以上経った今年5月10日、同社は 「ソーラールーフ・タイル」の販売予約を開始した。 [2017年06月19日]
  • 「一軸式追尾型」架台で発電量1.2倍以上 拡大市場“支える”架台メーカー 選ばれる理由 「一軸式追尾型」架台で発電量1.2倍以上 24円案件でも32円のIRRを確保 岡山県北東部に位置する勝央町は、緩やかな丘陵に豊かな自然と田畑が広がっている。「晴れの国・岡山」は、全国的にも太陽光発電の開発が活発な地域で、勝央町をクルマで走っていても、住宅屋根のほか、野立ての太陽光パネルが目に付く。 [2017年06月15日]
  • 変化する太陽光市場、その傾向と対策 特集 新FIT制度で変わる再エネ戦略 変化する太陽光市場、その傾向と対策 <第2回>FIT改正後に予想されるビジネス環境 再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)が改正され、2017年4月1日より施行された。第2回目の本稿では、FIT制度5年間の再エネビジネスを概観し、改正FITによるこれからのビジネスシーンを予想する。 [2017年06月07日]
  • 保護措置で米国が世界で最も太陽電池の高い国に!? 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 保護措置で米国が世界で最も太陽電池の高い国に!? 米国の世界における生産量シェアはわずか「1%」 今年4月に破産届けを申請した米太陽電池メーカーのサニバ社(Suniva,Inc.)は、米国国際貿易委員会(International Trade Commission:USITC)に対し、輸入太陽電池用セル(発電素子)に新たな関税、そして米国以外で生産された太陽光パネルに最低価格を課すように提訴した。 [2017年06月01日]
  • 「通信線も電力線も不要」、無線ストリング監視の実際 メガソーラーの番人、先進的O&Mの現場 「通信線も電力線も不要」、無線ストリング監視の実際 太陽誘電が製品化、国内67カ所に供給 茨城県南東部に広がる霞ケ浦。その北側のかすみがうら市に出力約1.7MWのメガソーラー「パラカかすみがうら太陽光発電所」がある。2015年12月に稼働を開始した。このメガソーラーでは、無線通信と太陽光発電電力を使い、外部の電源や通信線の不要なストリング監視システムを導入した。 [2017年05月31日]
  • 「メガソーラーに向いたシバとカバープランツ」。緑地雑草科学研究所に聞く(第5回・後半) メガソーラービジネス 「メガソーラーに向いたシバとカバープランツ」。緑地雑草科学研究所に聞く(第5回・後半) メガソーラービジネス・インタビュー 緑地雑草科学研究所(福井県鯖江市)で理事を務める伊藤幹二氏(マイクロフォレスト リサーチ代表)と伊藤操子氏(京都大学名誉教授)に、メガソーラー(大規模太陽光発電所)における雑草対策について聞く連載コラムの各論編。前回(第5回・前半)は「被覆植物(地被植物、カバープランツ)」の全体像を概観した(関連記事)。今回は、芝生に詳しい長沼和夫(ゾイシアンジャパン研究開発室長)氏と、シートによる植栽工法に詳し... [2017年05月26日]
  • 「カバープランツは除草対策で最も経済的」。緑地雑草科学研究所・理事に聞く(第5回・前半) メガソーラービジネス 「カバープランツは除草対策で最も経済的」。緑地雑草科学研究所・理事に聞く(第5回・前半) メガソーラービジネス・インタビュー 緑地雑草科学研究所(福井県鯖江市)で理事を務める伊藤幹二氏(マイクロフォレスト リサーチ代表)と伊藤操子氏(京都大学名誉教授)に、メガソーラー(大規模太陽光発電所)における雑草対策について聞く連載コラムの各論編。前回の「除草剤」に続き、「被覆植物(地被植物、カバープランツ)」を2回に分けて取り上げる。2回のうちの前半は伊藤両理事による被覆植物の概論。後半では、芝生に詳しい長沼和夫(ゾイシアンジャパ... [2017年05月24日]
  • 「改正FIT法で太陽光の保守・点検が義務に」、経産省・山崎課長(後半) メガソーラービジネス 「改正FIT法で太陽光の保守・点検が義務に」、経産省・山崎課長(後半) メガソーラービジネス・インタビュー 4月1日に固定価格買取制度(FIT)の改正法が施行された。「設備認定」から「事業計画認定」への衣替えなど、FITスタート以来の最も大きな変更となった。 [2017年05月19日]
  • 「改正FIT法で45万件の滞留案件が失効へ」、経産省・山崎課長(前半) メガソーラービジネス 「改正FIT法で45万件の滞留案件が失効へ」、経産省・山崎課長(前半) メガソーラービジネス・インタビュー 4月1日に固定価格買取制度(FIT)の改正法が施行された。「設備認定」から「事業計画認定」への衣替えや、O&M(運営・保守)体制の強化など、FITスタート以来の最も大きな変更となった。 [2017年05月18日]
  • 住宅太陽光の改正FIT法への移行手続き、最終的な責任は誰に? 太陽光発電事業者のための法律Q&A 住宅太陽光の改正FIT法への移行手続き、最終的な責任は誰に? <27回>新認定制度移行に伴う住宅太陽光のおける施主からのクレームリスク 固定価格買取制度(FIT)の法改正への対応で、最も多い法律相談が、住宅用太陽光発電の設置を数多く販売し、かつ接続契約の手続きを代行してきた建材会社からの相談です。 [2017年05月17日]
  • 米加州、予算を大幅に増加し蓄電池を推進 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米加州、予算を大幅に増加し蓄電池を推進 放電時間と容量で補助率を変動する新手法、需給バランスに活用 米国カリフォルニア州は2017~19年の3年間に5億6669万ドルの予算を投じ、コージェネレーション(熱電併給)システム、風力、蓄電池、そして燃料電池などの導入を拡大する。 [2017年05月15日]
  • 再生可能エネルギービジネスのルールが変わった! 特集 新FIT制度で変わる再エネ戦略 再生可能エネルギービジネスのルールが変わった! <第1回>改正FIT法の概要と、移行へのチェックポイント 改正固定価格買取制度(改正FIT)が施行され、再生可能エネルギーは本格的な普及期に入る。再エネ事業について、どのような変化が生じるのか。その変化に対応するためには、どのような取り組みが必要なのか、本連載ではこうした視点から解説する。第1回目は、再エネ・ビジネスを推進する者にとって、極めて重要な制度変更の概要についておさらいしよう。 [2017年05月12日]
  • 「日本で2020年中までに約540MWを連系」、カナディアン・ソーラーの太陽光発電所 メガソーラービジネス 「日本で2020年中までに約540MWを連系」、カナディアン・ソーラーの太陽光発電所 メガソーラービジネス・インタビュー 太陽光パネルメーカーが自ら、メガソーラーを開発・運営する動きが国内外で活発化している。太陽光発電の川上から川下まで手掛けることで、収益基盤を多様化しつつ、パネル製造との相乗効果を出せるなどの利点がある。最も積極的に手掛けている大手の1社がカナディアン・ソーラーで、日本でも開発を続けている。国内で太陽光発電所の開発・運営を担う日本法人、カナディアン・ソーラー・プロジェクト(東京都新宿区)のジェフ・ロ... [2017年05月10日]
  • 記事ランキング