• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

特集

  • 米ランカスター市、初の「ネットゼロエネルギーシティ」に 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米ランカスター市、初の「ネットゼロエネルギーシティ」に 全ての新築住宅に「ネットゼロエネルギー規制」 米国カリフォルニア州サンディエゴ市で開催された「コミュニティチョイスエネルギー・フォーラム」で、同州ランカスター市のレックス・パリス市長は、トランプ米大統領の顔写真を指差し、こう言い放った。 [2017年03月22日]
  • 徳島県、「ドローンと人手の差」を検証、メガソーラーの定期点検で PVロボット最前線 徳島県、「ドローンと人手の差」を検証、メガソーラーの定期点検で 撮影角度が発見しやすさに影響、コストも評価 徳島県企業局は、メガソーラーの定期点検における、ドローン(無人小型飛行体)の活用の効果を検証した。 [2017年03月16日]
  • 米子発、ドイツを超える「日本版シュタットベルケ」 再エネ蓄電池プロジェクト最前線 米子発、ドイツを超える「日本版シュタットベルケ」 地元CATV企業がエネルギー地産地消で実績 ドイツ各地で地域のエネルギー事業などを担う公的企業体「シュタットベルケ」が注目されている。電力、ガス事業のほか、水道、通信、交通など地域のインフラを総合的に手掛け、地域の生活環境を高めつつ、雇用を生み出している。 [2017年03月15日]
  • 世界最安「ギガソーラー」、ヤマダ電機との提携、中国ジンコソーラー副社長に聞く メガソーラービジネス 世界最安「ギガソーラー」、ヤマダ電機との提携、中国ジンコソーラー副社長に聞く メガソーラービジネス・インタビュー アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ首長国において、世界最安の価格となる2.42セント/kWhで売電する太陽光発電事業が開発される。出力規模は約1.177GW(1177MW)の「ギガソーラー」。この事業に参画し、太陽光パネルを供給する中国ジンコソーラーホールディング(JinkoSolar Holding)のGener Miao副社長(Vice President Global Sales and ... [2017年03月08日]
  • 新規雇用の50人に1人は太陽光、雇用者数は天然ガス、石炭を超える! 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 新規雇用の50人に1人は太陽光、雇用者数は天然ガス、石炭を超える! 4年連増で雇用者数が20%以上増加 米ソーラーファンデーション財団 (The Solar Foundation) が発表した2016年の「米太陽光発電産業雇用統計」によると、米国における新規雇用の50人に1人は太陽光発電産業から創出されたことがわかった。 [2017年03月01日]
  • 上下水道への「ふた」が起点に、安定・信頼性が武器の水上太陽光用フロート 拡大市場“支える”架台メーカー 選ばれる理由 上下水道への「ふた」が起点に、安定・信頼性が武器の水上太陽光用フロート 柔軟性の高い配置に対応、パネル配置の工夫で低コスト化も 兵庫県中部、加東市に広がる稲作地域。三つ並んだ池に、太陽光パネルが浮ぶ。すべて農業用ため池で、加東市屋度地区の水田などに水を供給している。 [2017年03月01日]
  • 「パワコンには消耗部品もある。稼働6年目に精密点検を」、TMEIC・大屋根課長に聞く メガソーラービジネス 「パワコンには消耗部品もある。稼働6年目に精密点検を」、TMEIC・大屋根課長に聞く メガソーラービジネス・インタビュー 固定価格買取制度(FIT)がスタートしたのは2012年7月。1年目に稼働した太陽光発電所は、今秋、運転開始後、6年目を迎えることになる。O&M(運営・保守)では、太陽光パネルのトラブルに目が行きがちだが、発電所の心臓部とも言えるパワーコンディショナー(PCS)は、もちろん「メンテナンスフリー」ではない。予防保全の考え方で点検・保守に取り組まないと、思わぬトラブルで売電ロスを招く可能性もある。メガソ... [2017年02月27日]
  • 業者の申請忘れで売電単価32円が24円に低下、損害賠償の範囲は? 太陽光発電事業者のための法律Q&A 業者の申請忘れで売電単価32円が24円に低下、損害賠償の範囲は? <第25回>「予見可能性」と「逸失利益」の損害認定について 「法律Q&A」コラムでは、2月15日に「客先に付ける太陽光の認定を取り忘れたリフォーム業者の責任は?」との記事を掲載した(関連記事)。この記事を読んだ人から、類似したケースとして、質問が、寄せられました。 [2017年02月22日]
  • 米加州で80MW超の大規模蓄電池を導入、ガス火力を代替へ 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米加州で80MW超の大規模蓄電池を導入、ガス火力を代替へ 太陽光由来の電気を使い、「ダックカーブ」に対応 2016年10月、米カリフォルニア州の天然ガス貯蔵施設で大規模なガス漏れの事故が発生した。天然ガスの不足が危惧され、電力の需要ピーク時における供給不足にも現実味が出てきた。こうした事態の中、同州の州知事は急きょ、出力約100MWの大規模蓄電池の入札、そして建設を電力会社に促した。 [2017年02月16日]
  • 客先に付ける太陽光の認定を取り忘れたリフォーム業者の責任は? 太陽光発電事業者のための法律Q&A 客先に付ける太陽光の認定を取り忘れたリフォーム業者の責任は? <第24回>「契約締結上の過失」と「不法行為」に基づく法的責任と賠償範囲 先日、以下のような法律相談を受けました。あるリフォーム業者が、顧客からリフォームの工事と太陽光発電システムの取付工事の契約を予定していました。設備認定がなされたことを前提に顧客との間で話しを進めていました。しかし、申請期限を過ぎた時点で、実際には、設備認定がなされていないことが発覚しました。 [2017年02月15日]
  • 「設計からのメンテナンス性の追求が、メガソーラーの成否を分ける」、芝浦グループHD・新地会長 メガソーラービジネス 「設計からのメンテナンス性の追求が、メガソーラーの成否を分ける」、芝浦グループHD・新地会長 メガソーラービジネス・インタビュー 芝浦グループホールディングス(北九州市)は、固定価格買取制度(FIT)のスタートと同時に、九州を中心に多くのメガソーラーを開発してきた。メンテナンス性を重視した設備設計や運営などについて、新地哲己会長兼CEO(最高経営責任者)に聞いた。 [2017年02月08日]
  • リーディング企業の「再エネ100%」で拡大する米太陽光市場 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 リーディング企業の「再エネ100%」で拡大する米太陽光市場 グーグル、フェイスブックの再エネ需要に電力会社はどう応えるか? グーグル、マイクロソフト、ウォルマートなど米国を代表するリーディングカンパニーは、再生可能エネルギーで電力需要を賄う目標を掲げ、その達成に向け導入量を拡大している。このトレンドは他の米企業にも急速に広がっている。 [2017年02月02日]
  • パネルの下に「葵の御紋」!? フタバアオイと太陽光をシェア 売電だけじゃない! 新・メガソーラー活用術 パネルの下に「葵の御紋」!? フタバアオイと太陽光をシェア 「葵染め」で地場産業と連携して新商品を開発 福井県鯖江市(さばえし)は、眼鏡フレームの国内生産量で約8割のシェアを持つ「眼鏡の街」として知られる。だが、特産品はそれだけではない。手織りの「石田縞(いしだじま)」から発展した織物、そして、歴史のある「越前漆器」など、伝統的な工芸品の産地でもある。 [2017年02月01日]
  • 「産業用も住宅用も上昇傾向」、日本で盛り返し始めたカナディアン・ソーラー、山本社長に聞く メガソーラービジネス 「産業用も住宅用も上昇傾向」、日本で盛り返し始めたカナディアン・ソーラー、山本社長に聞く メガソーラービジネス・インタビュー 固定価格買取制度(FIT)の買取価格が低下する中、外資系の太陽光パネルメーカーは今後、日本市場をどのように位置付け、どのような戦略を描いているのか。カナディアン・ソーラー・ジャパン(東京都新宿区)社長の山本豊氏に聞いた。同氏は、サンテックパワージャパン(東京都新宿区)の前社長として、日本市場における拡大を牽引、2013年以降に本国のサンテックグループの経営危機が表面化した後も、日本法人の体制を維持... [2017年01月25日]
  • 新設発電設備の3割以上が太陽光、電力会社が「安さ」で調達 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 新設発電設備の3割以上が太陽光、電力会社が「安さ」で調達 州の普及政策なくともPURPA法適用で伸びるメガソーラー 太陽光発電市場は、基本的に政府による普及政策の動向に大きく左右される。特にシステムコストが高かった当時は、補助金なしに市場が成長することは難しかった。 [2017年01月16日]
  • 台湾の水上太陽光で拡大、生け簀の技術を転用したフロート 拡大市場“支える”架台メーカー 選ばれる理由 台湾の水上太陽光で拡大、生け簀の技術を転用したフロート 第一号案件は奈良県、堅牢性に利点 奈良県で2015年7月、出力約1.4MWのメガソーラーが稼働した。水上と地上設置で構成され、前者は約0.9MW、後者は約0.5MWとなる。水上に太陽光パネルを浮かべる部材であるフロートに、従来とは異なるタイプを採用し、関心を集めた。 [2017年01月11日]
  • 「無制限・無補償案件、買取価格21円でも開発していく」、洸陽電機・伊藤常務に聞く メガソーラービジネス 「無制限・無補償案件、買取価格21円でも開発していく」、洸陽電機・伊藤常務に聞く メガソーラービジネス・インタビュー 省エネ支援から再生可能エネルギー開発などを手掛ける洸陽電機(神戸市東灘区)は、岩手県滝沢市に無制限・無補償の出力抑制が条件となるメガソーラー(大規模太陽光発電所)「滝沢市太陽光発電所」を着工したほか、すでに買取価格24円/kWhの太陽光発電所を竣工している。いずれもファイナンスに成功した上で事業推進となる。洸陽電機でメガソーラー開発を担う伊藤靖常務に聞いた。 [2017年01月06日]
  • 米太陽光市場、2016年は日本を抜き世界2位に 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米太陽光市場、2016年は日本を抜き世界2位に 第3四半期4GW超えの建設ラッシュ、32分毎に1MWが新設 2016年第3四半期(7〜9月)の米国における太陽光発電設備の導入容量は、前期比99%増、前年同期比191%増の 4143MW(4.143GW)――米太陽エネルギー産業協会 (Solar Energy Industries Association:SEIA)と米クリーンエネルギーリサーチ・コンサルティング会社のジーティーエム・リサーチ社(GTM Research: GTM) の最新の「米国太陽光発... [2017年01月05日]
  • 法律相談から見る「メガソーラーの課題」、その“傾向と対策” 太陽光発電事業者のための法律Q&A 法律相談から見る「メガソーラーの課題」、その“傾向と対策” <第23回>発電所の売買や近隣クレームに関する相談が増加 2016年は、メガソーラー関連で様々な法律相談の対応をして参りました。当事務所は、建設関係に関する法務が専門の法律事務所であるため、建設業法対応の法律相談が多く寄せられました。 [2017年01月04日]
  • 太陽光発電市場――2017年の展望~市場規模、政策、技術、金融を概観 メガソーラービジネス 太陽光発電市場――2017年の展望~市場規模、政策、技術、金融を概観 メガソーラー分野は堅調も新規開発は正念場、1500V設計の採用が始まる 2017年のメガソーラー(大規模太陽光発電所)分野の市場は、縮小傾向の続く住宅・ミドル(500kW未満)分野に比べ、堅調に推移しそうだ。新認定制度への移行分が60GW程度になった場合、2020年程度まで、現在の導入水準が続く可能性もある。また、技術面では、直流1500V設計への動きがいよいよ本格化する。 [2017年01月01日]
  • 「国内最大240MWで、“直流産業”誘致を」、美作市の萩原市長に聞く メガソーラービジネス 「国内最大240MWで、“直流産業”誘致を」、美作市の萩原市長に聞く メガソーラービジネス・インタビュー 岡山県美作市(みまさかし)には、国内最大となる出力240MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)の計画が進むなど、将来的に市内に300MWを超える太陽光発電所が集積する見込みだ。同市の萩原誠司市長は、通商産業省(現・経済産業省)出身で衆議院議員も務めるなど産業・エネルギー政策にも詳しい。メガソーラーと地方行政の在り方について聞いた。 [2016年12月26日]
  • 米ロサンゼルス市、低所得者住宅を対象に「屋根借り太陽光」 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米ロサンゼルス市、低所得者住宅を対象に「屋根借り太陽光」 「2030年に再エネ33%」目指し、太陽光の“砂漠地域”に照準 ハリウッド、ディズニーランドなどの数々の観光名所を擁す米カリフォルニア州南部に位置するロサンゼルス市。ハリウッドのセレブなど多くの邸宅が立ち並ぶ全米有数の高級住宅街として有名なビバリーヒルズ、ベルエアーもロサンゼルス市の一部にあたる。 [2016年12月21日]
  • タイ企業が続々と日本でメガソーラーを開発するワケ、BCPG日本法人社長に聞く メガソーラービジネス タイ企業が続々と日本でメガソーラーを開発するワケ、BCPG日本法人社長に聞く メガソーラービジネス・インタビュー タイ企業による日本でのメガソーラー開発が目立っている。その1社である、ビーシーピージージャパン(BCPGジャパン:東京都港区)のパーワン・サイアムチャイ(Pavan Siamchai)社長に聞いた。同社は、タイの石油精製大手であるBangchak Petroleum社の再エネ会社、BCPG社の日本法人である。同法人の前身は米SunEdison社の日本法人で、2016年2月に買収し、稼働中・開発中... [2016年12月21日]
  • 「乗用型草刈機+除草剤」で効果的に雑草管理、コストは半額に メガソーラーの番人、先進的O&Mの現場 「乗用型草刈機+除草剤」で効果的に雑草管理、コストは半額に 出力500kWを約18万円、パネルの点検まで 太陽光発電所は、固定価格買取制度(FIT)に基づく20年間、さらに、それ以上の長期間、運用することも想定されている。運用面で、多くの発電事業者やO&M(運用・保守)事業者を悩ませている課題が雑草対策である。 [2016年12月15日]
  • 「2030年に太陽光で電力の2割賄う」、米政府が目標 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 「2030年に太陽光で電力の2割賄う」、米政府が目標 メガソーラーの発電コスト、3セント/kWhを目指す 2016年11月、米エネルギー省(Department of Energy: DOE)は、「2030年までに太陽光発電のコストを2020年から半分にする」という「2030ゴール」を発表した。 [2016年12月14日]
  • 記事ランキング