• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

特集

  • 現地生産を進め、パワコンで世界トップ狙うTMEIC(前半) 再エネで世界に飛躍する日本企業 現地生産を進め、パワコンで世界トップ狙うTMEIC(前半) インド・米国で相次ぎ新工場を立ち上げ 国内のメガソーラー(大規模太陽光発電所)向けの大容量パワーコンディショナー(PCS)で群を抜くシェアを持つ東芝三菱電機産業システム(TMEIC)が、海外戦略を加速させている。今年8月に米国、10月にインドと、相次いでPCSの新工場を稼働させた。同社はすでに両国での販売実績を伸ばしており、欧州大手メーカーとトップシェアを争っている。新工場の稼働を弾みに、2020年には両市場合わせ、PCSを主体にパワ... [2017年11月22日]
  • 米入札で最安値、ネバダのメガソーラーが「3.42セント」 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米入札で最安値、ネバダのメガソーラーが「3.42セント」 アップルがデータセンターを「再エネ100%」に ネバタ州を管轄エリアとしている大手電力会社であるエヌヴィ・エネルギー社(NV Energy)がこのほど、同州の公益事業委員会にメガソーラーからの長期電力購入契約の許可を申請した。この長期契約は3つのメガソーラープロジェクトからなり、連系出力は合計で100MWに達する。 [2017年11月20日]
  • レノバ・木南社長「再エネの規模を追い、ニューインフラで火力を代替」 メガソーラービジネス レノバ・木南社長「再エネの規模を追い、ニューインフラで火力を代替」 メガソーラービジネス・インタビュー 再生可能エネルギー発電事業の開発を手掛けるベンチャー企業、レノバが今年2月に東証マザーズに上場した。同社は、メガソーラー(大規模太陽光発電所)10カ所・約270MW、バイオマス発電所1カ所・20MWを稼働・建設中のほか、風力(洋上風力)・地熱発電の開発にも取り組んでいる。木南陽介社長に国内外の再エネ動向と今後の事業戦略になどについて聞いた。 [2017年11月16日]
  • 「メガソーラー向け蓄電池、竹のバイオマス発電」、藤崎電機社長に聞く メガソーラービジネス 「メガソーラー向け蓄電池、竹のバイオマス発電」、藤崎電機社長に聞く メガソーラービジネス・インタビュー 藤崎電機(徳島県阿南市)グループは、電気設備関連などを祖業とし、現在は幅広く再生可能エネルギーに取り組んでいる。九州最大となる出力100MW近くのメガソーラー、竹を燃料に使うバイオマス発電といった、大規模なプロジェクトや先進的な技術への取り組みにも積極的である。藤崎耕治社長に、再エネ関連の取り組みの経緯や現状、今後の方針などを聞いた。 [2017年11月15日]
  • 大型ハリケーンに耐えたナイロン製「バラスト式架台」 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 大型ハリケーンに耐えたナイロン製「バラスト式架台」 病院の屋根に設置し、風速約80メートルでも稼働 カテゴリー5の大型ハリケーン「マリア」が9月20日、米自治領プエルトリコを直撃し、大規模な被害が発生した。被害から1カ月以上が経ったが、いまだに需要家の約8割が停電したままだ。そのうち、11月15日までには50%、12月15日までには95%の電力供給を復旧させる、とプエルトリコ知事のリカルド・ロッセロ氏は発表した。 [2017年11月08日]
  • 続続報・米輸入パネル問題、大統領に提出される3案が公表 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 続続報・米輸入パネル問題、大統領に提出される3案が公表 関税、輸入割当、数量制限、輸入ライセンスの公売など盛り込まれる 今年9月、米国国際貿易委員会(米ITC) は、大量に輸入された結晶シリコン型太陽電池 (CSPV) 製品が、米国内の製造業者に「深刻な損害」を与えていると認定した。 [2017年11月06日]
  • 営農型メガソーラーで初の「プロファイ」、耕作放棄地を再生 売電だけじゃない! 新・メガソーラー活用術 営農型メガソーラーで初の「プロファイ」、耕作放棄地を再生 ソーラーシェアリングのメッカに歴代首相3人が参集 千葉県匝瑳(そうさ)市飯塚の開畑地区が、日本有数のソーラーシェアリング(営農型太陽光発電所)の集積地になりつつある。同地区には、緩やかな斜面に広大な畑作地が広がる。だが、後継者不足もあり、約4分の1が耕作放棄地となっている。雑草が生い茂ったり、廃棄物を不法投棄されたりした土地もあり、深刻な問題になっている。 [2017年11月02日]
  • 桜島の火山灰を27年間浴びた太陽光パネル、劣化などは? メガソーラービジネス 桜島の火山灰を27年間浴びた太陽光パネル、劣化などは? 産業技術総合研究所 九州センター・その4 九州には、桜島や阿蘇山、最近も噴火した新燃岳など、活発な活動を続ける火山があります。火山灰による発電量の減少やパネルの劣化など、どの程度の影響がありますか。 [2017年11月01日]
  • 「FIT卒業」を見据え、再エネ価値の顕在化を 特集 新FIT制度で変わる再エネ戦略 「FIT卒業」を見据え、再エネ価値の顕在化を <第6回>「環境価値」の活用で収益性アップも 固定価格買取制度(FIT)の改正により、過去に認定を受けた高いFIT価格の太陽光プロジェクトの認定取消が実施され、増設によってプロジェクトの採算性を高める方法も採用できなくなった。一方で、新規認定のFIT価格は下がり続けている。今後も、持続的に太陽光発電事業で成長していくためには、どのような方向性があり得るだろうか。 [2017年10月27日]
  • 米加州、太陽光普及で電気料金は「昼が安く、夜に高い」に 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米加州、太陽光普及で電気料金は「昼が安く、夜に高い」に ピーク時間帯を「16~21時」に変更、太陽光の「電力価値」が低下 太陽光発電の導入量が全米で1位のカリフォルニア州で電気料金メニューに大きな変化が起ころうとしている。 [2017年10月25日]
  • 続報・米国の輸入パネル関税問題、メーカー間で賛否が割れる 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 続報・米国の輸入パネル関税問題、メーカー間で賛否が割れる 課税で恩恵を得るのはファースト・ソーラーとテスラ、痛いのはサンパワー 米国に輸入される太陽光パネルに関税を課すかどうかで、米国の太陽光発電産業が揺れている。これまで、関税が課されたら、太陽光パネルの値段が上がり、国内市場と雇用が大きく収縮してしまう、と懸念する企業が多く、それに沿った報道も多かった。 [2017年10月20日]
  • 太陽光発電の設置事業で顧客とのトラブルを防ぐための対策は? 太陽光発電事業者のための法律Q&A 太陽光発電の設置事業で顧客とのトラブルを防ぐための対策は? <第32回>国民生活センターのトラブル相談状況にみるトラブル防御策 国民生活センターは、今年7月28日、ソーラーシステムに関するトラブルについて、情報更新をしました。 [2017年10月19日]
  • バックコンタクトやPERCパネル、約半年でPIDやLIDによる不具合も メガソーラービジネス バックコンタクトやPERCパネル、約半年でPIDやLIDによる不具合も 産業技術総合研究所 九州センター・その3 シリコン系でいうと、例えば、アモルファス(非晶質)型は設置直後の状況に比べると、日射量や日射時間から想定される本来の発電量に比べて、徐々に発電量が低下してきている傾向にあります。 [2017年10月18日]
  • GSユアサ、系統安定化向け大型蓄電池事業を推進 再エネ蓄電池プロジェクト最前線 GSユアサ、系統安定化向け大型蓄電池事業を推進 釧路町のメガソーラーに日本製蓄電池として初の搭載 蓄電池メーカーのGSユアサが、系統網を安定化させるための大型蓄電池事業を活発化させている。 [2017年10月11日]
  • 「貿易救済措置」に揺れる米国、太陽光市場の行方に悲観と楽観 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 「貿易救済措置」に揺れる米国、太陽光市場の行方に悲観と楽観 輸入太陽電池による米国内製造業への損害を認定 米国太陽光発電市場は貿易論争の真っただ中になる。9月22日に、米国際貿易委員会(U.S. International Trade Commission:米ITC)は、大量に輸入された低価格な結晶シリコン太陽電池で国内製造業が深刻なダメージを受けたと認定した。 [2017年10月05日]
  • 黄砂による発電量への影響はないのか? メガソーラービジネス 黄砂による発電量への影響はないのか? 産業技術総合研究所 九州センター・その2  太陽光パネルは、開発時や製造時の抜き取り品を対象に、複数の加速試験などを重ね、性能や信頼性、安全性に関して評価している。しかし、それらは特定の環境要因ごとに過酷な条件に曝露させる試験装置が使われる。一方で、実際の発電所は、複数の環境要因が同時に変化する中に、さらされながら運用する。こうした実際の環境下で長期間、稼働した太陽光パネルが、どのような影響を受けるのか。産業技術総合研究所(産総研)九州セ... [2017年10月04日]
  • 「非化石電源44%を再エネで賄う準備を」、再エネ拡大議連・秋本議員に聞く メガソーラービジネス 「非化石電源44%を再エネで賄う準備を」、再エネ拡大議連・秋本議員に聞く メガソーラービジネス・インタビュー 自由民主党の「再生可能エネルギー普及拡大議員連盟」(会長・柴山昌彦衆議院議員)は、「2030年に再生可能エネルギーの電源構成比率を最大44%まで高める」との内容を盛り込んだ提言をまとめ、9月15日に菅義偉官房長官に手渡した。 [2017年09月29日]
  • 米電力会社が系統・需要側の双方で「蓄電池導入プラン」 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米電力会社が系統・需要側の双方で「蓄電池導入プラン」 蓄電池市場は327MWから2020年に2.5GWに急拡大へ 電力需給のバランス、電力系統の安定化、ピークカット、ピークシフト、バックアップ電源、調整火力の代替など多彩な機能・利点をもつ「電力貯蔵システム」の導入が、米国で拡大し始めている。 [2017年09月27日]
  • 「8月31日・FIT改正」を受け、太陽光の更なる改善手法は? 特集 新FIT制度で変わる再エネ戦略 「8月31日・FIT改正」を受け、太陽光の更なる改善手法は? <第5回>環境価値を顕在化させてキャッシュに変える  経済産業省・資源エネルギー庁は2017年8月31日に固定価格買取制度(FIT)に関する法施行規則と告示を改正した。今回は、認定取得後の太陽光パネルの増設(事後的過積載)に関する規制が主要変更点である。この改正ポイントをおさらいし、残された改善方法について考えよう。 [2017年09月25日]
  • 「FIT20円台でもさらに200MW開発へ」、エクセリオ・ジャパン安岡社長 メガソーラービジネス 「FIT20円台でもさらに200MW開発へ」、エクセリオ・ジャパン安岡社長 メガソーラービジネス・インタビュー スペイン系の国際的な太陽光開発・運営会社、エクセリオ(X-Elio)は、日本で約400MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)の開発を目指している。固定価格買取制度(FIT)の買取価格が下がっていく局面でも、積極的に新規開発に取り組んでおり、入札にも参加する。日本法人のエクセリオ・ジャパン(X-Elio Japan、東京都中央区)を率いる安岡克己社長に今後の開発戦略などに関して聞いた。 [2017年09月21日]
  • 米展示会レポート、 太陽光市場の成長は蓄電池が担う! 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米展示会レポート、 太陽光市場の成長は蓄電池が担う! EV普及で定置型蓄電池の低コスト化が加速との見方 北米最大の太陽光発電関連の国際展示会「ソーラー・パワー・インターナショナル(Solar Power International=SPI) 2017」(2017年9月10~13日)がネバダ州ラスベガスで開催された。 [2017年09月20日]
  • 太陽光搭載住宅の売買に伴い、売電単価を引き継ぐにはどうすればよいのでしょうか。 太陽光発電事業者のための法律Q&A 太陽光搭載住宅の売買に伴い、売電単価を引き継ぐにはどうすればよいのでしょうか。 <第31回>中古住宅売却時に、発電事業者名義の変更手続きを行うことの重要性 ある住宅会社から、改正FIT法(電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法)施行に伴う発電事業計画書等の申請手続きの案内の発行について法律相談を受けました。 [2017年09月15日]
  • 割れた太陽光パネル、そのまま放置するとどうなるのか? メガソーラービジネス 割れた太陽光パネル、そのまま放置するとどうなるのか? 産業技術総合研究所 九州センター・その1 太陽光パネルは、開発時や工場出荷時に、複数の加速試験などを行い、性能や信頼性、安全性に関して評価している。しかし、それらは特定の環境要因ごとに過酷な条件に曝露させる試験装置が使われる。一方で、実際の発電所は、複数の環境要因が同時に変化する中に、長期間さらされながら運用する。こうした実際の環境下で長期間、稼働した太陽光パネルが、どのような影響を受けるのか。産業技術総合研究所(産総研)九州センター(佐... [2017年09月13日]
  • 続報・米「皆既日食」、市場を使い、太陽光の出力抑制は1%に 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 続報・米「皆既日食」、市場を使い、太陽光の出力抑制は1%に 広域ネットワークで再エネの変動を機敏に調整 8月21日、米国全土では1979年以来38年ぶりとなる皆既日食が見られた。午前10時20分ごろから西海岸オレゴン州で始まり14の州を横断し、東海岸のサウスカロライナ州まで、壮大な天体ショーが観測された。 [2017年09月08日]
  • 「防草シートは、施工前と後が重要」。緑地雑草科学研究所に聞く(第6回・後半) メガソーラービジネス 「防草シートは、施工前と後が重要」。緑地雑草科学研究所に聞く(第6回・後半) メガソーラービジネス・インタビュー 緑地雑草科学研究所(福井県鯖江市)で理事を務める伊藤幹二氏(マイクロフォレスト リサーチ代表)と伊藤操子氏(京都大学名誉教授)に、メガソーラー(大規模太陽光発電所)における雑草対策について聞く連載コラムの第6回。これまでに各論として、除草剤と被覆植物を取り上げた。今回は、佐治健介氏(緑地雑草科学研究所・事務局長、白崎コーポレーション)を加え、2回に分けて防草シートを含めた「マルチ(土壌被覆資材)」... [2017年09月07日]
  • 記事ランキング