• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ニュース

  • 世界最大・最安「ギガソーラー」、印企業がEPCとO&M受注 世界最大・最安「ギガソーラー」、印企業がEPCとO&M受注 インドのスターリング・アンド・ウィルソン(Sterling and Wilson)社は6月19日、アラブ首長国連邦(UAE)・アブダビ首長国のスワイハン(Sweihan)に建設される出力1177MW(1.177GW)の「ギガソーラー」(大規模太陽光発電所)のEPC(設計・調達・施工)サービスとO&M(運用・保守)の一括契約を受注したと発表した。 [2017年06月23日]
  • 太陽光パネルのリサイクル事業、米沢のエーシーが本格展開へ 太陽光パネルのリサイクル事業、米沢のエーシーが本格展開へ アールツーソリューションとの協業を模索 太陽光発電事業の開発・運営を手掛けるエーシー(山形県米沢市)は、使用済み太陽光パネルのリサイクル(材料の再利用)事業を本格的に開始する。今年6月初旬に山形県米沢市竹井にリサイクル工場が完成し、1日約80枚を処理する体制が整った。 [2017年06月23日]
  • 中国Sungrowとユアサ商事、日本でのパワコン販売で提携 中国Sungrowとユアサ商事、日本でのパワコン販売で提携 中国のパワーコンディショナー(PCS)大手Sungrow Power Supply社は6月21日、太陽光発電向けPCSの販売でユアサ商事と提携したと発表した。今回の提携により、ユアサ商事は日本におけるSungrow社の最も重要な流通業者のひとつとなり、日本の顧客向けにサービスを提供するという。 [2017年06月23日]
  • ブラジルで合計300MW超、仏企業がメガソーラー権益を取得 ブラジルで合計300MW超、仏企業がメガソーラー権益を取得 カナディアン・ソーラーが現地工場でパネルを製造・供給 フランスの再生可能エネルギー開発事業者であるEDF Energies Nouvelles(EDF EN)社は6月19日、ブラジルで115MWのメガソーラー「ピラポラ(Pirapora)II」の権益を現地法人のEDF EN do Brasil社を通じて取得したと発表した。 [2017年06月23日]
  • イセ食品、30~40MWで入札参加、再エネ利用の「スマート養鶏」も イセ食品、30~40MWで入札参加、再エネ利用の「スマート養鶏」も 鶏卵の大手であるイセ食品(埼玉県鴻巣市)のグループは4月、石川県七尾市で出力27MWのメガソーラーの運転を開始した。同社グループに、太陽光発電への取り組みや今後の計画などを聞いた。 [2017年06月23日]
  • 日本初のパームオイル発電所、三恵エナジーが稼働へ 日本初のパームオイル発電所、三恵エナジーが稼働へ 三恵エナジー(大阪市)は6月22日、日本初となる非食用パームオイルを燃料とするバイオマス発電所「三恵福知山バイオマス発電所」を京都府福知山市に建設したと発表した。 [2017年06月23日]
  • 「北米一」の革新的蓄電池プロジェクトはどれか、「ESNA2017」の表彰候補決まる 「北米一」の革新的蓄電池プロジェクトはどれか、「ESNA2017」の表彰候補決まる 電力事業者などの集中型と分散型マイクログリッドなど8件が「技術革新賞」候補に 北米の定置型蓄電池関連イベントであるEnergy Storage North America(ESNA)は6月14日、革新的な蓄電池プロジェクトを表彰する「イノベーション・アワード(技術革新賞)」の候補となるプロジェクト8件を発表した(表)。 [2017年06月22日]
  • 生活クラブ生協、山形県遊佐町で18MWのメガソーラー建設 生活クラブ生協、山形県遊佐町で18MWのメガソーラー建設 生活クラブ事業連合生活協同組合連合会は5月31日、山形県飽海郡遊佐町吉出地区で出力18MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「庄内・遊佐太陽光発電所」の建設に着手したと発表した。 [2017年06月22日]
  • 苫小牧の38MWの蓄電池付きメガソーラー、中国ジンコがパネル供給 苫小牧の38MWの蓄電池付きメガソーラー、中国ジンコがパネル供給 中国の大手太陽光パネルメーカーのジンコソーラーホールディングは6月21日、北海道苫小牧市に開発中の蓄電池併設型のメガソーラーに、出力38.4MW分の太陽光パネルを供給すると発表した。 [2017年06月22日]
  • 「コネクト&マネージには情報公開を」、経産省の第4回大量導入検討会 「コネクト&マネージには情報公開を」、経産省の第4回大量導入検討会 経済産業省は6月19日、「再生可能エネルギーの大量導入時代における政策課題に関する研究会」(略称:「大量導入検討会」)の第4回会合を開催し、日本版「コネクト&マネージ」などに関して議論した。 [2017年06月22日]
  • サンヨーホームズ、94kWの太陽光搭載の「タウンハウス」 サンヨーホームズ、94kWの太陽光搭載の「タウンハウス」 サンヨーホームズは、4棟12戸のタウンハウス「スマeタウン・アーバンコミュニティ桑名」(三重県桑名市)が全棟完成し、6月18日に「街開きセレモニー」を開催した。連棟式の建て売り区分所有の住宅で、各棟に23.5kW、全体で93.6kWの太陽光発電を搭載した [2017年06月22日]
  • コープみらい、「FIT電気」75%の電気メニュー、バイオマス、太陽光、風力で コープみらい、「FIT電気」75%の電気メニュー、バイオマス、太陽光、風力で コープみらい(埼玉県さいたま市)は6月8日、組合員向けに再生可能エネルギーの発電比率の高い電気を供給する電力サービス「コープデリでんき」を発表した。 [2017年06月22日]
  • 菊川工業、環境建材ブランドで「建材一体型太陽光」など販促 菊川工業、環境建材ブランドで「建材一体型太陽光」など販促 菊川工業(東京都墨田区)は6月19日、環境システム技術と環境建材製品群をまとめた新しい環境ブランド「エコシア(ecosia)」を立ち上げ、7月から販売開始すると発表した。 [2017年06月22日]
  • 東急建設、オフィス棟をZEB改修、太陽光129kWで水素製造 東急建設、オフィス棟をZEB改修、太陽光129kWで水素製造 東急建設は6月20日、同社の技術研究所オフィス棟(神奈川県相模原市)のZEB(Zero Emission Building)改修において、東芝製の自立型水素エネルギー供給システム「H2One」を導入すると発表した。2017年度中の運転開始を予定している。 [2017年06月22日]
  • インド企業が合計2MWの屋上設置型メガソーラー インド企業が合計2MWの屋上設置型メガソーラー 工場の電力需要の最大95%を太陽光でカバー インドで太陽光のEPC(設計・調達・施工)サービスなどを手がけるSunsure Energy社は6月19日、ハリヤナ州バハダーガー(Bahadurgarh)で出力280kWの太陽光発電システムが5月5日に稼働を開始したと発表した。 [2017年06月21日]
  • 変換効率が15%台のCIGS系太陽電池製品、発電量で“多結晶Si超え”も 変換効率が15%台のCIGS系太陽電池製品、発電量で“多結晶Si超え”も  ソーラーフロンティアは2017年6月21日、同社のCIS薄膜太陽光パネルの新製品「SFKシリーズ」を発表した。 [2017年06月21日]
  • ラプラス、FIT改正に対応したO&M管理システム ラプラス、FIT改正に対応したO&M管理システム ラプラス・システム(京都市)は、太陽光発電設備におけるO&M(運営・保守)事業をサポートするシステム「O&M Assist」を、6月1日にリリースした。企業の受注したO&M案件ごとの各種情報を一元管理することで、効率的な保守点検やレポート作成をサポートする。 [2017年06月20日]
  • 世界7位の455MWメガソーラー、中国トリナがパネルを供給 世界7位の455MWメガソーラー、中国トリナがパネルを供給 トリナ・ソーラーは6月12日、ソフトバンクグループがインドで稼働した出力455MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)に同社の太陽光パネルを供給したと公表した。プロジェクト開発・運営は、ソフトバンクグループのSB Energyとなる。 [2017年06月20日]
  • コロナ、エコキュートに「太陽光モード」、余剰電力で沸き上げ コロナ、エコキュートに「太陽光モード」、余剰電力で沸き上げ コロナは、太陽光発電システムの余剰電力でお湯を沸かす機能を持つヒートポンプ給湯機「エコキュート」を京セラと共同開発し、今年8月に発売する。 [2017年06月20日]
  • 高信頼性パネルメーカー22社を公表、欧州の調査機関 高信頼性パネルメーカー22社を公表、欧州の調査機関 ノルウェーDNV GL社、太陽光パネルの信頼性調査・2017年版を公開 ノルウェーの第三者調査機関であるDNV GL社は6月1日、太陽光パネルの信頼性調査結果をまとめた報告書「PVモジュール信頼性スコアカード」の2017年版を公開した。 [2017年06月20日]
  • イーレックス、沖縄最大50MWのバイオマス発電所を建設へ イーレックス、沖縄最大50MWのバイオマス発電所を建設へ イーレックスは6月15日、沖縄県におけるバイオマス発電事業を推進するために準備会社を設立すると発表した。準備会社の設立日は7月中の予定。バイオマスを主燃料とする発電所としては沖縄県最大規模の設備となる見通しで、2020年度中の商業運転開始を目指している。 [2017年06月19日]
  • 中国インリー、米NYSEが2018年8月まで上場継続を猶予 中国インリー、米NYSEが2018年8月まで上場継続を猶予 欧州の価格取り決め協定からの脱退も発表 中国の太陽光パネルメーカー大手であるインリー・グリーンエナジー・ホールディング社は6月15日、株式を上場している米ニューヨーク証券取引所(NYSE)が同社の上場維持計画を承認し、上場基準の回復のために2018年8月9日まで18カ月間の猶予期間を与えたと発表した。 [2017年06月19日]
  • 不具合パネルの解析まで自動化、ドローンによる太陽光点検 不具合パネルの解析まで自動化、ドローンによる太陽光点検 ドローン(無人小型飛行体)を手掛けるブイキューブロボティクス・ジャパン(東京都渋谷区)は6月14日、データ解析企業のデータセクション(東京都渋谷区)と業務提携し、太陽光発電所の点検サービスを事業化すると発表した。 [2017年06月19日]
  • 2040年までの世界発電投資、4分の3が太陽光・風力に 2040年までの世界発電投資、4分の3が太陽光・風力に 日本では太陽光の急増で再エネ比率24%を超える 米Bloomberg New Energy Finance(BNEF)社は6月15日、「太陽光や風力などの再生可能エネルギーは、2040年までにすべての新設発電所の投資額の4分の3を占めるまでに成長する」との予測を発表した。 [2017年06月19日]
  • ウエストの太陽光向けO&M、「エコめがね」のサービス採用 ウエストの太陽光向けO&M、「エコめがね」のサービス採用 NTTスマイルエナジー(大阪市中央区)は6月16日、ウエストホールディングスのO&M(運用・保守)サービスに、NTTスマイルエナジーのO&M支援サービス「エコめがね見守りアラカルト」を採用されたと発表した。 [2017年06月16日]
  • 記事ランキング