• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ニュース

  • 風力と太陽光に蓄電池併設、60MW「ハイブリッド発電所」 風力と太陽光に蓄電池併設、60MW「ハイブリッド発電所」 3種統合のハイブリッドは世界初、オーストラリア・クイーンズランド州で建設 オーストラリアの再生可能エネルギー開発事業者であるウインドラボ(Windlab)社と風力発電大手のベスタス(Vestas)社は10月23日、太陽光、風力、定置型蓄電池からなる出力60.2MWのハイブリッド発電プロジェクト「ケネディ・エネルギーパーク(Kennedy Energy Park)」(第1期)の詳細を発表した。 [2017年10月24日]
  • 金属フリー・可視光・近赤外光で水素を生成、阪大が世界初 金属フリー・可視光・近赤外光で水素を生成、阪大が世界初 黒リンと窒化炭素からなる新型の光触媒を開発 大阪大学は9月26日、完全金属フリーの太陽光広帯域応答型光触媒を開発したと発表した。可視光・近赤外光を照射して水から水素を効率よく生成できる。 [2017年10月23日]
  • 積水ハウスが「RE100」加盟、リコーに続き国内2社目 積水ハウスが「RE100」加盟、リコーに続き国内2社目 積水ハウスは10月20日、事業活動において使用する電力を100%再生可能エネルギーにすることを目指す「RE100」イニシアチブに加盟したと発表した。 [2017年10月23日]
  • シンガポール政府投資公社、ゴールドマン系JREに出資 シンガポール政府投資公社、ゴールドマン系JREに出資 日本の再エネインフラへの第1号投資案件 シンガポール政府投資公社(GIC)とジャパン・リニューアブル・エナジー(JRE、東京都港区)は10月20日、GICの関連会社が、JREの親会社であるジーエス・リニューアブル・ホールディングス合同会社(GSRH)に資本参加したと発表した。 [2017年10月23日]
  • 米アトランタのドーム型競技場、太陽光パネル4000枚を設置 米アトランタのドーム型競技場、太陽光パネル4000枚を設置 米国ジョージア州のエネルギー大手であるジョージア・パワー(Georgia Power)社は10月17日、州都アトランタの都心部にあるドーム型競技場「メルセデス・ベンツ・スタジアム(Mercedes-Benz Statdium)」に太陽光パネル4000枚以上を設置したと発表した。 [2017年10月23日]
  • 連系線の拡大策で「出力抑制」半減、経産省委員会で九電が試算 連系線の拡大策で「出力抑制」半減、経産省委員会で九電が試算 「出力制御指令」の連絡訓練では、3%が「未受信」に 経済産業省は10月17日、省エネルギー小委員会・系統ワーキンググループ(WG)を開催し、太陽光と風力発電の「接続可能量」について、電力7社の2017年算定値を公表した。 [2017年10月21日]
  • 世界初、「竹」専焼バイオマス発電所、藤崎電機が地域と連携 世界初、「竹」専焼バイオマス発電所、藤崎電機が地域と連携 藤崎電機(徳島県阿南市)は、山口県山陽小野田市に竹を燃料に専焼するバイオマス発電所「山陽小野田バンブーバイオマス発電所」を建設する。 [2017年10月20日]
  • ドローン向け気象情報を提供、NEDOと日本気象協会が実証 ドローン向け気象情報を提供、NEDOと日本気象協会が実証 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と日本気象協会は、ドローン向け気象情報提供のデータ連携と、ドローンによる気象観測の実証試験を、福島県南相馬市の福島浜通りロボット実証区域で実施する。 [2017年10月20日]
  • 豊田市に62MWのメガソーラー着工、パシフィコ・エナジー 豊田市に62MWのメガソーラー着工、パシフィコ・エナジー EPCは千代化、パネルはシャープ、パワコンはTMEIC製を採用 メガソーラー(大規模太陽光発電所)の開発・運営を手掛けるパシフィコ・エナジー(東京都港区)は10月16日、愛知県豊田市に太陽光パネル容量で62MWの太陽光発電所「豊田メガソーラー発電所」の建設を開始すると発表した。 [2017年10月20日]
  • 群馬県昭和村に関東最大・43MWのメガソーラー稼働 群馬県昭和村に関東最大・43MWのメガソーラー稼働 いちごは10月11日、群馬県利根郡昭和村でメガソーラー(大規模太陽光発電所)「いちご昭和村生越 ECO発電所」の竣工式を開催した。9月2日から売電を始めていた。 [2017年10月20日]
  • 三菱自、PHEVの蓄電池で電力系統を安定化、オランダで実証 三菱自、PHEVの蓄電池で電力系統を安定化、オランダで実証 三菱自動車工業は10月19日、プラグインハイブリッド車(PHEV)の蓄電池を使い、周波数の調整など電力系統を安定させるサービスの実証を始めると発表した。 [2017年10月20日]
  • インド再エネ大手、太陽光250MW分を5.45円/kWhで受注 インド再エネ大手、太陽光250MW分を5.45円/kWhで受注 インドのエネルギー開発事業者であるAzure Power社は16日、政府系電力会社による入札で250MW分の太陽光発電プロジェクトを受注したと発表した。 [2017年10月20日]
  • 小浜市の廃棄物処理場跡地に太陽光発電所を稼働、エコスタイル 小浜市の廃棄物処理場跡地に太陽光発電所を稼働、エコスタイル エコスタイル(東京都千代田区)は、福井県小浜市仏谷地区の市有地である廃棄物処分場跡地を賃借し、出力495kWの太陽光発電所を建設した。 [2017年10月19日]
  • 月額1万円で低圧太陽光向けO&Mパッケージ、エコリンクス 月額1万円で低圧太陽光向けO&Mパッケージ、エコリンクス エコリンクス(京都府木津川市)は10月11日、低圧太陽光発電所向けO&M(運用・保守)サービスの総合パッケージ「SolarLinx」を販売すると発表した。発電監視・定期点検・緊急応動・故障対応・売電補償の5つのメンテナンスサービスをパッケージ化した。 [2017年10月19日]
  • 国内初の風・水車用の三相パワコン、変換効率93%、山洋電気 国内初の風・水車用の三相パワコン、変換効率93%、山洋電気 山洋電気は、風力発電および水力発電システム用三相パワーコンディショナー(PCS)「SANUPS W73A」を開発し、10月23日に発売する。 [2017年10月19日]
  • 米サンパワー、フランスで太陽光パネル291MW分を供給 米サンパワー、フランスで太陽光パネル291MW分を供給 野立てや屋根上など仏政府のプロジェクト向け 太陽光パネル大手の米サンパワー(SunPower)社は10月18日、フランスのエネルギー規制委員会(CRE)による太陽光発電プロジェクトの入札「CRE4」の2ラウンド目で高効率太陽光パネル291MW分を供給するプロジェクトを受注したと発表した。 [2017年10月19日]
  • 関西電力、火力発電の排ガスからCO2回収、固体吸収材で実証 関西電力、火力発電の排ガスからCO2回収、固体吸収材で実証 地球環境産業技術研究機構(RITE)、川崎重工業、関西電力の3者は、経済産業省の「CO2分離回収技術の研究開発事業」の一環として、関西電力・舞鶴発電所内に「省エネルギー型二酸化炭素分離・回収システム」を設置し、2019年度以降に実用化試験を実施する。 [2017年10月19日]
  • セメント工場からのCO2で藻類を培養し、バイオプラを生産 セメント工場からのCO2で藻類を培養し、バイオプラを生産 三菱マテリアル、筑波大学発ベンチャー、NECの3者で開発へ 三菱マテリアルは10月16日、筑波大学発のベンチャー企業である藻バイオテクノロジーズ(茨城県つくば市)、NECと協力し、セメント工場から排出するCO2を使ってプラスチック素材を製造する技術開発に取り組む。 [2017年10月19日]
  • 大熊町の居住制限区域に11MWのメガソーラー、福島発電など 大熊町の居住制限区域に11MWのメガソーラー、福島発電など 福島発電(福島市)、大熊町、NTTファシリティーズ(東京都港区)、北芝電機(福島市)の4者による出資で設立した大熊エネルギー合同会社(福島市)は、大熊町に出力約11.7MWのメガソーラー「大熊エネルギー・メガソーラー発電所」を建設し、10月1日から売電を開始した。 [2017年10月19日]
  • 台湾の太陽電池メーカー3社が合併、台湾最大で世界5位に 台湾の太陽電池メーカー3社が合併、台湾最大で世界5位に 生産能力5GW、相互補完によるメリットや垂直統合で競争力強化へ 台湾の太陽電池セル(発電素子)や太陽光パネルのメーカーであるジンテック(Gintech)、ネオソーラーパワー(NSP)、ソーラーテック(Solartech)の3社は16日、2018年の第3四半期までに合併し新会社を設立すると発表、覚書に署名した。 [2017年10月18日]
  • 2025年度の住宅太陽光、14.4%増の23.8万戸に、富士経済 2025年度の住宅太陽光、14.4%増の23.8万戸に、富士経済 富士経済は、2016年度の太陽光発電設置住宅数は20.8万戸だったとの調査結果を発表した。うち、新築戸建住宅は44.7%の9.3万戸、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)は2.8万戸で新築戸建住宅の30.1%を占めた。 [2017年10月18日]
  • 伊藤忠がバイオマス専焼発電、丸紅は石炭混焼、輸入燃料利用 伊藤忠がバイオマス専焼発電、丸紅は石炭混焼、輸入燃料利用 伊藤忠商事など3社は、千葉県市原市に出力49.9MWのバイオマス専焼発電所を建設し、2020年10月に運転開始する。また、丸紅の100%子会社である丸紅火力など3社は、山口県周南市に出力300MWのバイオマス混焼型石炭火力を建設し、2022年に運転開始する予定だ。 [2017年10月18日]
  • 「太陽光+新電力」で電気料金を比較、投資回収年の短縮も 「太陽光+新電力」で電気料金を比較、投資回収年の短縮も グッドフェローズが電気料金比較ツールに新機能 家庭向け太陽光発電システムの一括見積り依頼サイト「タイナビ」を運営するグッドフェローズ(東京都品川区)は、電気料金プラン比較ツール「sim cloud(シムクラウド)」において、住宅用太陽光と電気料金プランを組み合わせて経済効果をシミュレーションできる機能を追加した。 [2017年10月18日]
  • カナディアン、豪州のメガソーラー117MW分を英企業に売却 カナディアン、豪州のメガソーラー117MW分を英企業に売却 太陽光パネル大手、カナディアン・ソーラーは16日、オーストラリア・クイーンズランド州のメガソーラー(大規模太陽光発電所)3件、設備容量の合計で117MWを、英国Foresight Solar Fund Limited(FSFL)社に売却する契約を締結したと発表した。 [2017年10月17日]
  • 国内2メガバンク、「グリーンボンド」発行へ、各5億ユーロ 国内2メガバンク、「グリーンボンド」発行へ、各5億ユーロ みずほフィナンシャルグループ(MHFG)と三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)は、それぞれ10月11日にユーロ建て「グリーンボンド」の発行を発表した。 [2017年10月17日]
  • 記事ランキング