• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOME専門書籍 > 物理学者の墓を訪ねる

物理学者の墓を訪ねる

ひらめきの秘密を求めて

  • 2017/02/01 10:00

山口 栄一 著
四六判、248ページ

定価:本体1,600円+税
ISBN:978-4-8222-3732-5
発行元:日経BP社
発行日:2017/02/06

最も偉大な物理学者が眠るのは遊び心満載の“遊園地”だった

「ニュートンが万有引力の法則を発見した瞬間」「湯川秀樹が中間子を思い付いた瞬間」――。偉大な物理学者たちによる「創発」は、いかなるプロセスから生まれたのか。著作や論文にも記されていないひらめきの秘密は、「墓」にあった。

物理学者の墓石に刻まれた文字からは、生前の業績だけではなく、遺族や友人たちの思いや、亡くなったときの時代背景などが浮かび上がってくる。自らも物理学者であり、数々のベンチャー企業を創ってきた筆者が、世界を変えた天才たちによる創発の軌跡をたどるとともに、現代のイノベーション論にも言及するスケールの大きな著作。