• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEセミナー/イベント/技術者塾 > 環境ポテンシャルをふまえてサスティナブルな都市を考える

  • 日経BP総研 クリーンテック研究所
  • 保存

みらい創造ひろば

環境ポテンシャルをふまえてサスティナブルな都市を考える

日本を代表する場所、皇居周辺をリ・デザイン

日程:2018年2月22日(木) 15:00〜17:30(14:30受付開始) 会場:システム・インテグレーション社会議室

主催:日経BP総研 クリーンテック研究所


 地理や気候等の自然条件や、地域の歴史等の文化的背景も踏まえて、周辺環境に適した都市を考えるランドスケープ・アーキテクチュアの立場から、 見た目だけの風景ではなく、人と環境の関係を深く掘り下げて、都市を構築する「ランドスケープ・アーバニズム」の概念をご紹介し、皇居周辺を題材に新しい都市の在り方を議論します。

⇒ 「みらい創造ひろば」の概要はこちら

概要

日 時: 2018年2月22日(木) 15:00 ~ 17:30(開場14:30)
終了後、懇親会を開催します(18:00~20:00)。
会 場: システム・インテグレーション株式会社 会議室(東京・半蔵門)
〒102-0082 東京都千代田区一番町23-3 千代田一番町ビル3階
・東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」4、5番出口より徒歩1分
・有楽町線「麹町駅」より徒歩約7分
主 催: 日経BP総研 クリーンテック研究所
参加費: 10,000円(税込、懇親会費用を含みます)
受講証・請求書(カード払いの方を除く)は、開催日の2週間前に発送します。

みらい創造人

杉浦 榮 氏

S2 Design and Planning 代表
早稲田大学/東京理科大学/関西大学 非常勤講師。法政大学 兼任講師

杉浦 榮 氏

ハーバード大学デザイン大学院(GSD)ランドスケープアーキテクチュア修士課程修了(MLA)、および同大学院アーバンプランニング修士課程修了(MUP)。環境・地域の潜在資源を活かし社会基盤となりうる場の計画・設計を行う。
代表作に、「前沢ガーデン 桜花園」(日本建築学会北陸建築文化賞、グッドデザイン賞2009等)、長野中心市街地再開発「トイーゴ」(国土交通大臣表彰、市街地再開発等関係功労賞等)、ソニー本社機能ビル「ソニーシティ」ランドスケープ(日本造園学会作品選集等)、ニトリ本社屋上庭園kAwArA(グッドデザイン賞2007等)、Egg「コナ・ヴイレッジ町田」等。

ゲスト:quod,LLC 代表 Business Conductor 飯塚 洋史

■受講料のお支払い
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書を開催2週間程度前に郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方は、Mypageより受講券を出力のうえ当日ご持参ください。

■お申し込み後のキャンセルおよび欠席など
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。
講師等の急病、天災その他の不可抗力、その他やむを得ない事情により、中止する場合があります。この場合、受講料は返金いたします。

■最少開催人員:10名
参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

お問い合わせは「セミナー/講座のお問い合わせフォーム」からお願いいたします。

おすすめ

あなたにおすすめ