• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEセミナー/イベント/技術者塾 > 車載へ広がる有機EL産業と技術動向

  • 技術者塾
  • 保存

車載へ広がる有機EL産業と技術動向

~車載向けの照明/ディスプレイ、韓国・中国の量産ライン、素材産業の動向を解説~

日程:2017年12月7日 会場:エッサム神田ホール1号館

主催:日経エレクトロニクス

 スマートフォン向けのディスプレイは、液晶から有機ELに急速に置き換わりつつあり、さらに車載用のディスプレイや照明器具に有機ELパネルの採用が始まった。このトレンドを理解する上では、小型・中型有機ELパネルと大型有機ELパネルそれぞれの構造、開発目標、製造プロセス、使用素材、韓国・中国などでの各メーカーの投資動向、技術課題の全体像を理解することが重要である。

 有機EL産業分野で、多くの日本企業は製造装置、有機EL材料、素材、フィルム、テレビ分野で既に強い国際競争力を持っている。液晶産業が中国に移転しつつあり、長期的には利益が見込みにくい産業になりつつある現状では、急成長する有機EL産業分野で新規事業を起こすか、新規製品を開発するか、あるいは既存の事業の成長を図ることが、非常に重要である。

 今回のセミナーでは有機ELディスプレイ/照明の産業動向と技術動向を解説し、さらに、今後のフレキシブル化の進行のための、課題や材料・プロセス開発状況についてもパネルの種類別に解説する。

受講効果

  • 有機ELディスプレーの産業動向と技術動向を理解できます
  • フレキシブル化を進める上での課題や、材料・プロセスの開発状況を理解できます
  • サプライチェーンにおける新規参入の機会について検討できます

講師紹介

服部 寿 氏 (はっとり ひさし)

分析工房(株)
シニアパートナー

機械振興協会からの委託で固体素子照明開発において先行している海外の国家プロジェクトや企業動向・開発戦略の調査を2007年から行い、最新のLEDや有機ELなどの照明デバイス、照明器具、ディスプレイの海外市場・標準化・開発・特許の現状と将来展望に関する内容を調査し、各種セミナーなどで発表し、調査報告書なども出版している。
2009年から2010年にかけて照明の環境面を評価する照明学会の「サステイナブル照明システム委員会」幹事を務め、現在は有機ELディスプレイ関連事業開発・有機EL照明事業開発などの分野のコンサルタントを行っている。
また2011年と2014年には、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の「次世代照明等の実現に向けた窒化物半導体等基盤技術開発/次世代高効率・高品質照明の基盤技術開発」の中間・事後評価分科会委員も務める。有機EL材料や有機EL照明パネルの販売や輸出入も行っている。照明学会会員。

概要

日時: 2017年12月7日(木)10:00~17:00(開場9:30予定)
会場: エッサム神田ホール1号館 3階301(東京・神田)
主催: 日経エレクトロニクス

受講料(税込み)

  • 一般価格:49,800円
  • 会員・読者価格:43,200円
  • ※お得な複数名同時申込もできます。詳細は青いお申し込みボタンをクリック
■会員・読者価格
「会員・読者価格」は、日経テクノロジーオンライン有料会員(年払いのみ)、または、日経エレクトロニクス、日経ものづくり、日経Automotive定期購読者の方(日経テクノロジーオンライン有料会員とのセット購読の方を含む)が対象です。
■複数名同時申込価格
開催日の3日前(土日・祝日がある場合はその前日)に受付を終了させていただきます。
  • ※ 受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

10:00 - 17:00

1. 有機ELディスプレーパネルのアプリケーション、市場規模予測、投資動向

 1-1. 有機ELディスプレイの基礎と全体動向
 1-2. 有機ELディスプレイの自動車向けパネル市場
 1-3. 有機EL照明の基礎と全体動向
 1-4. 有機EL照明の自動車向けパネル市場

2. 韓国産業界の動向、開発戦略、開発課題

 2-1. 小型・中型の有機EL(AMOLED)パネルのプロセス装置と材料
  2-1-1. 基板材料とLLOプロセス・製造装置
  2-1-2. 封止技術と材料・プロセス
  2-1-3. TFTのプロセス
  2-1-4. 有機EL工程と材料・製造装置・開発動向
 2-2. 有機EL照明パネルのプロセス装置と材料

3. 中国・日本・欧米の産業界の市場動向、開発戦略、開発課題

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
■受講料のお支払い
≪1名でお申し込みの場合≫
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書を郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
クレジットカード支払いの方は、受講証はMyPageから印刷してご持参ください。
≪複数名同時申込の場合≫
お支払い方法が「請求書」の場合、お申込筆頭の方に、後日、筆頭の方の受講券と全員分の合算請求書を郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
クレジットカード支払いの場合、お申込筆頭の方はMyPageから受講証を印刷してご持参ください。
※支払方法にかかわらず、申込完了後にお申込筆頭者の方宛に、「登録完了メール」をお送りしますので、2人目以降の方はそちらを印刷してご持参ください。
 筆頭の方は、2人目以降の方に、「登録完了メール」の転送をお願いいたします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席など
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。講師等の急病、天災その他の不可抗力、その他やむを得ない事情により、中止する場合があります。この場合、受講料は返金いたします。
■最少開催人員
15名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

おすすめ