• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEセミナー/イベント/技術者塾 > 新事業の創造に効く 学術 情報・ビッグデータの生かし方

  • 技術者塾 特別編
  • 保存

「技術の宝探し」

新事業の創造に効く 学術 情報・ビッグデータの生かし方

~有望な研究開発テーマはこう見つける!~

日程:2016年10月5日 会場:東京コンファレンスセンター・品川

主催:日経テクノロジーオンライン

本講座は定員に達したため、受付を終了させていただきました。


※本講座はエルゼビア・ジャパン株式会社の協賛により日経テクノロジーオンラインが主催するセミナーです。受講申込の受付は日経BP社が行い、お預かりした受講者情報を日経BP社から協賛社であるエルゼビア・ジャパン株式会社にお渡しします。それ以降は、各法人それぞれの責任において管理されます。ご了解のうえ、お申し込みください。

多くの日本企業が今、次の新規事業につながる研究開発戦略の策定で悩んでいます。製品化ができる次の開発を行わないと企業として発展しつづけることが難しくなってきている中で、情報源として注目を集めているのが「学術 情報・ビッグデータ」です。世界で発表された膨大な学術論文を分析し、その中から新しいビジネスとして有望な技術を発掘することをみなさまの企業では行っていますでしょうか。それは、「明日の技術の宝探し」とも言うことができます。

現時点では、日本の産業界全体で見た学術 情報・ビッグデータの活用度は、世間がビッグデータと騒いでいる割には高くはありません。しかし、日本を代表する大手企業を中心に今、学術 情報・ビッグデータの分析を研究開発戦略の策定に導入するケースが急増しています。この背景には、技術がどんどん多様化し、そのために必要な情報量が増加している一方で、経営リソースには限りがあるため、効率的に有望な研究テーマを見つけることが難しくなっているという現実があります。

こうした日本の大手企業の多くが活用している学術 情報・データベースの1つに、「Scopus(スコーパス)」があります。これは、エルゼビア(本社オランダ)が開発した世界最大級の抄録・引用文献データベースです。世界の5000社を超える出版社が発行する、2万2000誌以上の学術ジャーナルを収録したもので、検索精度の高さと使いやすさに定評があります。これを活用することで、重要な科学技術情報にたどり着くことができるだけではなく、ある技術がどのように生かされているのか、引用・被引用情報も含めた研究開発の傾向や最新の動向を知ることが可能となります。

本セミナーでは、学術情報を活用した最新の事例を紹介します。また、Scopusの利用コーナーも設置しているため、セミナー参加者の特典としてScopusの使いやすさを体感していただくこともできます。

【受講効果】
  • 研究開発戦略の策定に役立つ情報が得られます。
  • 学術情報の新たな活用方法を知ることができます。
  • 客観的データを活用した異なる視点から得る有用情報の収集方法を習得できます。
    (例:有望な研究シーズ探索、共同研究先探索、競合分析、ブルーオーシャンの特定など)

概要

日時:2016年10月5日(水)13:00~17:00(開場12:30予定)
会場:東京コンファレンスセンター・品川4階(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
協賛:エルゼビア・ジャパン

受講料(税込み)

  • 価格18,000円
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

13:00 - 13:05

日経BP社よりご挨拶

13:05 - 13:50

学術ビッグデータを用いたイノベーション経営
~機械学習による有望成長領域の予測~

坂田 一郎 氏東京大学工学系研究科教授・TMI専攻長
東京大学政策ビジョン研究センター長、総長特任補佐

坂田 一郎 氏

サイエンスリンケージが高まるなかで、グローバルな市場を視野に先端技術を用いたイノベーションを進める企業の経営判断における科学技術情報の重要性が高まっています。今回、意思決定支援を行うための多様な機能を持った「学術・産業技術俯瞰システム」を紹介します。機械学習等の最新の技術を用いた本システムを利用することで、Scopusの情報を基に、膨大な学術論文の内容の分類・体系化、成長領域の特定、有望・有力研究者や機関の抽出、萌芽的研究の予測等を自動で行うことができます。

1989年東京大学経済学部卒、2003年東京大学より博士(工学)取得。経済産業省で成長戦略や産業技術政策を担当後、2008年より東京大学教授。現在、東京大学工学系研究科教授・技術経営戦略学専攻長、東京大学政策ビジョン研究センター長、総長特任補佐等を務める。内閣府 地方創生に資する科学技術イノベーション推進タクスフォース副座長、国土審議会特別委員。2013~14年の間、復興庁参与を務め、「新しい東北」の策定に携わった。専門は、機械学習等を用いた意思決定支援、科学技術イノベーション政策。

13:55 - 14:35

目利き活動と学術俯瞰システムの活用

那和 一成 氏トヨタIT開発センター
研究部 グループリーダー

那和 一成 氏

トヨタIT開発センター(本社東京)が進める目利き活動と東大が開発を進めている学術俯瞰システムの活用に関する講演をさせていただきます。弊社は、クルマに関わる通信、ネットワーク、社会システム、ソフトウエア、知能化情報処理、HMI(ヒューマンマシンインターフェース)に関する研究開発を行っていますが、それらの研究テーマを立案するに当たって、世の中の最先端技術の動向を把握する必要があり、そのための目利き活動を行っています。
今回は、その活動の概略をご紹介し、その後、目利き活動に必要な情報となる研究萌芽領域の抽出に関するご説明をいたします。研究萌芽領域の抽出方法の例として、東大が進める学術俯瞰システムを活用しました。今回は、弊社が興味をもつ幾つかの技術領域を例題に上げ、過去の萌芽状態の情報を元に、現在の発展に結び付いた点をご説明いたします。

1985年京都大学工学部高分子化学科卒。1987年同修士課程修了。1998年群馬大学工学部材料工学科にて工学博士号を取得。1987年住友金属工業へ入社し、電子材料の研究開発に従事。1988年ノキア・リサーチセンターに入社後、携帯端末用電子デバイスの研究開発に従事。2003年トヨタIT開発センターに入社。車両データ解析、HMI、先端技術探索業務に従事。2006年から研究部グループリーダーに着任。2012年及び2016年IEEE CyberにてBest Paper Awardを受賞。電子情報通信学会会員、情報処理学会会員、人工知能学会会員、IEEE 会員。

休憩(14:35 - 14:50)

14:50 - 15:30

世界最大級の抄録・引用文献データベースScopus活用事例のご紹介
~学術情報を活用して、過去を振り返り、現在を俯瞰し、そして未来を探る~

井上 仁志 氏エルゼビア・ジャパン
カスタマーコンサルタント

井上 仁志 氏

国際的な企業間の競争が激化している中、一歩先んじる研究開発を行うために学術情報を有効活用していく必要性が求められてきています。そのため、「学術情報をもっと積極的に研究開発に活用していきたいのですが、何か良いデータベースはありませんか?」、「Scopusを使って、有用な学術情報を抽出する何か良い方法はないでしょうか?」という問い合わせがこの数年、業界を問わず急速に増えてきています。特に、共同研究先選定のため有力研究者・研究機関探索と共著関係の把握、学術情報をベースに新規研究テーマの探索、知見・技術の活用方法、あるいはその原点の調査に関する要望が多くあります。本セミナーでは、これらのテーマを中心に現在注目されているキーワードを取り上げて、「過去を振り返り、現在を俯瞰し、そして未来を探る」Scopusの活用事例をご紹介します。

2008 年愛媛大学大学院連合農学研究科博士課程修了 博士(農学)
日本学術振興会特別研究員DC1、University of Massachusetts, Amherst 博士研究員、JSPS Postdoctoral Fellow for Research Abroadを経て現職。
現在は、各種データベースに関する知見と研究者視点の両面から、主にScopusを用いての各業界に適した学術情報活用に関するソリューションのご提案並びに年間100回以上の製品活用セミナー講師を担当。
大学院~博士研究員時代には、世界的に著名な学術雑誌『米国科学アカデミー紀要(Proc. Natl. Acad. Sci. USA)』等に筆頭著者として論文を発表。その中でも2010年『The Plant Cell 』に発表した論文は、医学・生物学分野において重要な論文を選び、公表していく評価システムF1000の推薦論文に選出。『バイオサイエンスとインダストリー』(一般財団法人バイオインダストリー協会)にも著作を発表。

レイアウト変更・休憩(15:30 - 15:45)

15:45 - 16:15

Q&Aセッション

坂田 一郎 氏、那和 一成 氏、井上 仁志 氏

近岡 裕モデレーター
日経BP社
電子機械局教育事業部長

近岡 裕

学術情報ビッグデータになぜ世界的な企業が注目するのか、使いこなすことでどのような「果実」を得られるのか、使いこなすためのポイントは何か、などについてモデレーターが3人の講師から引き出します。

16:15 - 17:00

名刺交換、展示ブース観覧

  • ※途中、小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

※本講座はエルゼビア・ジャパン株式会社の協賛により日経テクノロジーオンラインが主催するセミナーです。受講申込の受付は日経BP社が行い、お預かりした受講者情報を日経BP社から協賛社であるエルゼビア・ジャパン株式会社にお渡しします。それ以降は、各法人それぞれの責任において管理されます。ご了解のうえ、お申し込みください。

■受講料のお支払い:
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書をご郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方には、受講券のみをお送りいたします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席など:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。講師等の急病、天災その他の不可抗力、その他やむを得ない事情により、中止する場合があります。この場合、受講料は返金いたします。
※関係所属機関と競合すると考えられる製品やサービスなどを提供される会社および個人の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
■最少開催人員:
40名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

おすすめ