• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEセミナー/イベント/技術者塾 > 低コストを実現する機能安全設計の実践法

  • 技術者塾
  • 保存

低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す

日程:2016年7月25日 会場:御茶ノ水トライエッジカンファレンス

主催:日経Automotive

 車載電子システムに求められる機能安全規格「ISO 26262」への対応が自動車産業で必須条件となりました。国内外の多くの企業が取り組みを本格化させています。ところが、いざ開発現場で実践しようとなると、悩む技術者が少なくありません。その悩みを生むのは次のような課題です。

「実際に何から手を付ければよいのか分からない」
「どこまでやれば対応できているといえるのか分からない」

 こうした課題を乗り越えても、次により難しい課題に直面します。それは、開発コストの増大です。一般に、機能安全対応を行うと、安全機能を増やすためシステムが複雑化してしまうと考えられているからです。

 本講座は、こうした悩みと課題にお応えします。まず、機能安全に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説します。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。

 なお、本講座は演習も行う予定です。

【受講効果】
  • ハザード分析や安全分析の実践的な進め方を習得できます。
  • 最適な安全設計を実施するために必要な設計の考え方や段取りに関して実践的な対応方法を学べます。
  • 安全設計の考え方を実際のシステムに組み込むための考え方や考慮点を把握・習得できます。

講師紹介

安斎 則嗣 氏 (あんざい のりつぐ)

ビジネスキューブ・アンド・パートナーズ コンサルティング事業部 シニアコンサルタント

1984年から約30年にわたり車載関連機器サプライヤーにて、ハードウエア、ソフトウエア、システム開発に携わりトータル的な製品開発に従事する。2012年から現職。特に機能安全に関するエンジニアリング領域における設計業務の支援を中心として活動し、現在に至る。

概要

日時:2016年7月25日(月)10:00~17:00(開場9:30予定)
会場:御茶ノ水トライエッジカンファレンス 11F(東京・御茶ノ水)
主催:日経Automotive

受講料(税込み)

  • 一般価格54,000円
  • 読者価格43,200円
  • 一般価格
    一般価格には「日経エレクトロニクス購読(最新号より13冊)」、「日経ものづくり購読(最新号より13冊)」、「日経Automotive購読(最新号より10冊)」のいずれかお選びの雑誌(いずれも月刊)が含まれます。 ご送本開始は開催後になります。
  • 読者価格
    「日経エレクトロニクス」「日経ものづくり」「日経Automotive」定期購読者(いずれも「日経テクノロジーオンライン有料会員セット」での購読を含む)、「日経テクノロジーオンライン」有料年間購読者は、「読者価格」でお申し込みいただけます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※一般価格に含む雑誌購読を登録させていただく方には、各誌が配信している無料メルマガ(日経エレクトロニクスニュース、日経ものづくりNEWS、日経Automotive NEWSのいずれか)を配信設定いたします。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

10:00 - 17:00

1. 機能安全と安全設計について

・開発現場での課題
・機能安全対応の活動と安全設計

2. 安全設計のポイントとハザード分析、リスク分析の考え方

・システム分析、システム設計の重要性
・安全設計の考え方と流れ
・ハザードの特定とリスク見積り、リスク評価の仕方
・ハザード分析、リスク分析のポイントとまとめ方

3. セーフティコンセプトの構築

・機能安全コンセプトと技術安全コンセプトとは
・機能安全コンセプトの考え方のポイント
・技術安全コンセプトの考え方のポイント
・演習

4. 安全工学に基づく安全設計の考え方

・3Stepメソッドに基づく安全設計の考え方
・安全機能を考慮したシステムアーキテクチャの構築
・ハードウエア安全設計の考え方と設計の流れ

5. ハードウエアアーキテクチャの再構築(安全設計)

・セーフティメカニズムの選定
・セーフティメカニズムの配置と実装
・ハードウエアアーキテクチャの再構築
・演習

6. ハードウエア安全設計の実例

・安全工学に基づく安全設計の実例
・演習

7. 安全分析による安全性の評価

・ハードウエア観点での安全分析の考え方と実施方法
・分析結果からの安全性評価のポイント
・システム観点での安全性評価
・演習

8. これから安全設計を取り込むためのポイント

・最適設計を実現する安全設計の考え方と実践のポイント

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
■受講料のお支払い:
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書をご郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方には、受講券のみをお送りいたします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席など:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。講師等の急病、天災その他の不可抗力、その他やむを得ない事情により、中止する場合があります。この場合、受講料は返金いたします。
■最少開催人員:
15名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

おすすめ