• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEセミナー/イベント/技術者塾 > 触覚テクノロジーがもたらす高品質化と新しい価値

  • 技術者塾
  • 保存

触覚テクノロジーがもたらす高品質化と新しい価値

~触覚の基礎から応用の最新技術まで~

日程:2017年6月16日 会場:エッサム神田ホール1号館

主催:日経エレクトロニクス

 「触覚」は製品の価値や生活の質、巧みな動作に関係する重要な感覚です。視覚や聴覚に関する技術が進む中、触覚の技術展開はまだほとんど未開拓ですが、製品には「機能」に加え「感性」も求められるようになり、また最近では、振動を用いた触覚技術が製品に使われ始めたり、高品質化や新しい効果・価値を製品にもたらし得るとして、触覚への関心は年々高まっています。

 本セミナーでは、触覚技術に関する最新動向や講師自身の経験を基に、触覚による技術開発に向けた基礎的な知見と考慮したいポイントを考察します。触覚技術には、どのような使い方があるかなど、触覚の計測技術や提示技術のみならず、様々な提案が始まっています。また、そもそも触覚は、その知覚メカニズムも十分に分かっておらず基礎研究も盛んです。触覚について、分かっていること/分かっていないことは何なのか、どんなことに注目して、触覚を解析/設計すべきか。触覚の錯覚なども交えて、各種事例を示したいと思います。

 積極的に触覚技術を活用することで、従来の製品の高付加価値化、また新しい製品を実現できると考えています。

受講効果

  • 触覚の基礎知識が身につきます
  • 触覚センサーや触覚ディスプレーの代表例や用途、最近の動向が分かります
  • ヒトの触覚解析や製品への応用について、触覚活用による製品の高付加価値化へのヒントが得られます

講師紹介

田中 由浩 氏 (たなか よしひろ)

名古屋工業大学 大学院工学研究科
電気・機械工学専攻 准教授

2017.4-現在:
名古屋工業大学大学院工学研究科電気・機械工学専攻 准教授

2015.4-2017.3:
名古屋工業大学大学院工学研究科産業戦略工学専攻 准教授
2009.8-2015.3:
名古屋工業大学大学院工学研究科機能工学専攻 助教
2008.4-2009.6
名古屋工業大学大学院工学研究科 特任助教(トヨタ・ロボティクスハプティクス研究所,
インテリジェント手術機器研究所,ものづくり先端研究所所属)
2007.4-2008.3
名古屋工業大学工学部寄付講座 助教(配置換え)
2006.4-2007.3
名古屋工業大学工学部寄付講座 助手
2005.4-2006.3
日本学術振興会 特別研究員(DC2)

概要

日時: 2017年6月16日(金)13:00~17:00(開場12:30予定)
会場: エッサム神田ホール1号館 5F501(東京・神田)
主催: 日経エレクトロニクス

受講料(税込み)

  • 一般価格:49,800円
  • 会員・読者価格:43,200円
  • ※お得な複数名同時申込もできます。詳細は青いお申し込みボタンをクリック
■会員・読者価格
「会員・読者価格」は、日経テクノロジーオンライン有料会員(年払いのみ)、または、日経エレクトロニクス、日経ものづくり、日経Automotive定期購読者の方(日経テクノロジーオンライン有料会員とのセット購読の方を含む)が対象です。
■複数名同時申込価格
開催日の3日前(土日・祝日がある場合はその前日)に受付を終了させていただきます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

13:00 - 17:00

1.ヒトの触知覚特性

  (1)触知覚の自己言及性と双方向性
  (2)皮膚構造
  (3)機械受容器の種類と特性
  (4)触覚の錯覚

2.触覚センサと触覚ディスプレイの基礎

  (1)触覚センサの分類および用途
  (2)触覚ディスプレイの分類および用途
  (3)ヒトの触知覚原理に基づくデバイス設計

3.触覚インターフェース

  (1)触覚の拡張技術
  (2)第3の触覚デバイス

4.触感デザイン

  (1)触感次元の分析
  (2)硬質面へのソフトフィールの付与
  (3)触運動

  • ※途中、休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
■受講料のお支払い
≪1名でお申し込みの場合≫
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書を郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
クレジットカード支払いの方は、受講証はMyPageから印刷してご持参ください。

≪複数名同時申込の場合≫
お支払い方法が「請求書」の場合、お申込筆頭の方に、後日、筆頭の方の受講券と全員分の合算請求書を郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
クレジットカード支払いの場合、お申込筆頭の方はMyPageから受講証を印刷してご持参ください。
※支払方法にかかわらず、申込完了後にお申込筆頭者の方宛に、「登録完了メール」をお送りしますので、2人目以降の方はそちらを印刷してご持参ください。
 筆頭の方は、2人目以降の方に、「登録完了メール」の転送をお願いいたします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席など
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。
講師等の急病、天災その他の不可抗力、その他やむを得ない事情により、中止する場合があります。この場合、受講料は返金いたします。
■最少開催人員
15名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

おすすめ

あなたにおすすめ