• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEセミナー/イベント/技術者塾 > 「自動運転」を見据えたクルマ設計の開発効率向上策

  • 技術者塾
  • 保存

「自動運転」を見据えたクルマ設計の開発効率向上策

~モデルベース開発の現状と今後の展開~

日程:2017年6月23日 会場:エッサム神田ホール2号館

主催:日経エレクトロニクス

 自動車業界では、クルマ設計にモデルベース開発(MBD)を適用する動きが急速に進んでいる。背景にあるのは、「自動運転」を見据えた自動車業界の開発競争である。

 抽象度の高いモデルを使って開発を行うMBDは、大規模・複雑なシステムの開発効率や品質の向上のために適用が進んできた。さらに、自動運転という自動車の歴史を変える大きなテーマを前にして、新たな機能(安全性向上、快適性向上)の追加とその実現は待ったなしの状況であり、自動車のシステムの複雑化にますます拍車がかかっている。例えば、先進運転支援システム(ADAS)の開発においては、追加される機能に対する検証項目、機能安全に対応するための検証項目は増え続けている。MBDのような画期的な開発手法を使わない限り、実現不可能とも言われている。

 本セミナーではMBDの基礎とメリットを確認しながら基本的なMBDの各プロセスを紹介する。さらに、MBDの効果を上げ、ADASの高機能化・複雑化に対応するための仮想検証の導入について紹介する。また、お客様のMBDの適応事例を通して、システムエンジニアリングへと発展が見込まれる今後の展開ついても考察する。

 今回紹介するMBDの応用分野は、自動車とその周辺分野、バッテリー、パワーエレクトロニクスを含む。

受講効果

  • クルマの設計におけるモデルベース開発(MBD)の最新状況を把握できます。
  • 自動運転を考慮した安全性・快適性向上に向けたアプローチを理解できます。
  • 適用事例の解説など、モデルベース開発(MBD)を基礎から理解できます。
  • 自動車とその周辺分野、バッテリー、パワーエレクトロニクスを含めて、モデルベース開発の応用範囲を理解できます。

概要

日時: 2017年06月23日(金)10:00~17:00(開場09:30予定)
会場: エッサム神田ホール2号館 3階301(東京・神田)
主催: 日経エレクトロニクス

受講料(税込み)

  • 一般価格:49,800円
  • 会員・読者価格:43,200円
  • ※お得な複数名同時申込もできます。詳細は青いお申し込みボタンをクリック
■会員・読者価格
「会員・読者価格」は、日経テクノロジーオンライン有料会員(年払いのみ)、または、日経エレクトロニクス、日経ものづくり、日経Automotive定期購読者の方(日経テクノロジーオンライン有料会員とのセット購読の方を含む)が対象です。
■複数名同時申込価格
開催日の3日前(土日・祝日がある場合はその前日)に受付を終了させていただきます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

10:00 - 11:00

モデルベース開発の基礎-1

佐々木 茂 氏

佐々木 茂 氏

dSpace Japan(株)
ソリューション技術部 部長

・背景
・モデルとシミュレーション
・モデルベース開発の各フェーズ
 ラピッドコントロールプロトタイプ(RCP)
 量産コード自動生成(ACG)

経歴

1981年、トヨタ自動車入社。
対米S系エンジン適合の開発に従事
1986年、エンジン用実験電算システムの構築に従事
1991年、制御用ECUソフトウエア開発環境体制を構築
2013年、トヨタ自動車を定年退職後、dSPACE Japan入社
テクニカルフェローとして、全体を横断する製品の技術サポート業務に従事
2015年よりソリューション技術部部長
専門分野
車両制御用C言語
車載デバッグ・適合ツール(パネルチェッカ)
エンジン制御用リアルタイムOSの開発
自動Cコード生成
ソフトデバッグ用仮想開発環境
HILS環境整備
Rapid Prototype ECU環境整備

11:00 - 12:00

モデルベース開発の基礎-2

佐々木 茂 氏

佐々木 茂 氏

dSpace Japan(株)
ソリューション技術部 部長

・モデルベース開発の各フェーズ
 ハードウェアインザループシミュレーター(HILS)
・応用事例(自動車分野)
・応用事例(自動車周辺分野)

13:00 - 13:50

仮想検証をMBDに加えるメリット

宇野 重雄 氏

宇野 重雄 氏

dSpace Japan(株)
ソリューション技術部
セールスエンジニアグループ グループリーダー

・仮想検証Virtual Validationとは
・HILとMIL,SILの連携(ツールチェイン)
・先進運転支援システム(ADAS)での活用
・マルチセンサアプリケーション開発環境の紹介
・応用事例

経歴

1992年、日立製作所入社。 日立、ルネサスエレクトロニクスにて自動車用マイコンの開発、営業技術に従事 2007年~2010年 ドイツ Renesas Europeにて海外顧客の技術サポートに従事
自動車エンジン制御、パワーステアリング制御、メータパネル用32ビットマイコンの製品企画・開発・技術サポート
2006年から、機能安全規格(ISO 26262)のワーキンググループに参画
2012年、dSPACE Japan入社。
セールスエンジニアとしてモデルベース開発の全体を横断する製品の技術営業に従事

専門分野

自動車用組込み半導体全般(マイコンのハードウェア、ソフトウェア、品質、通信系)
機能安全(IEC 61508, ISO 26262)対応
モデルベース開発全般

13:50 - 14:45

ヨーロッパにおけるMBDの進め方

堂畑 克彦 氏

堂畑 克彦 氏

dSpace Japan(株)
ソリューション技術部 シニアエキスパート

・HILSの運用
・標準規格への対応と利用法(FMI,ASAM XIL)
・ADASでの活用
・応用事例

経歴

1986年、スズキ株式会社入社
車載制御システムの制御ソフトウェア開発に従事
社内のソフトウェア開発プロセスの構築と運用
2003年から、自工会ソフトウェア分科会に参画
2005年から、自技会機能安全分科会(ISO 26262)に参画
社内の機能安全推進
ISO26262ファンクショナルセーフティ・プロフェッショナル(TuvSud:#1358856638)
2015年8月よりdSPACE Japan シニアテクニカルエキスパート

専門分野

車両制御ソフトウェア開発
機能安全(ISO 26262)対応
ソフトウェア開発全般
モデルベース開発全般

15:00 - 16:00

今後の展望

藤倉 俊幸 氏

藤倉 俊幸 氏

dSpace Japan(株)
ソリューション技術部
ソリューションコンサルティンググループ テクニカルフェロー

・モデルに基づくシステムズエンジニアリング(Model Based Systems Engineering)
・エンジニアの教育(体制、プログラム、人材)

経歴

1990年より、組み込みシステムに関するコンサルティングに従事、博士(学術)
2013年4月よりdSPACE Japan、テクニカルフェロー
ISO26262ファンクショナルセーフティ・プロフェッショナル(TuvSud:#59855095)
著書に『リアルタイム/マルチタスクシステムの徹底研究』、『組み込みソフトウェアの設計&
検証』、『組み込みソフトへの数理的アプローチ』等がある
INCOSE会員

専門分野

システムズエンジニアリング
形式手法
リアルタイムアプリケーション開発
RTOS開発

16:00 - 17:00

Q&A

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
■受講料のお支払い
≪1名でお申し込みの場合≫
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書を郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
クレジットカード支払いの方は、受講証はMyPageから印刷してご持参ください。
≪複数名同時申込の場合≫
お支払い方法が「請求書」の場合、お申込筆頭の方に、後日、筆頭の方の受講券と全員分の合算請求書を郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
クレジットカード支払いの場合、お申込筆頭の方はMyPageから受講証を印刷してご持参ください。
※支払方法にかかわらず、申込完了後にお申込筆頭者の方宛に、「登録完了メール」をお送りしますので、2人目以降の方はそちらを印刷してご持参ください。
 筆頭の方は、2人目以降の方に、「登録完了メール」の転送をお願いいたします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席など
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。講師等の急病、天災その他の不可抗力、その他やむを得ない事情により、中止する場合があります。この場合、受講料は返金いたします。
■最少開催人員
15名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

おすすめ