• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEセミナー/イベント/技術者塾 > 赤外線イメージングソリューション<応用編>

  • 日経エレクトロニクスセミナー
  • 保存

赤外線イメージングソリューション<応用編>

自動運転車、ドローン、スマホのコアセンサー

日程:2016年5月31日 会場:UDXカンファレンス

主催:日経エレクトロニクス

医療、自動車、セキュリティ、ドローンなど幅広い分野で赤外線センサーの採用が広がっています。今回、赤外線センサーの概要(原理、分類、市場)、注目の産業動向(スマホなどコンシューマー向け開発動向、立ち上がったナイトビジョン、需要がぐんと伸びるアレイセンサー、特許回避と戦略的取得、外注活用とビジネス成功法)、注目の技術動向(多波長化、真空パッケージ技術)などを、赤外線センサー技術の世界的権威で赤外線センサー開発・応用の“情報ハブ”となっている立命館大学・木股雅章教授が語ります。

なお本セミナーは、5月30日開催の技術者塾「クルマ・セキュリティなどに革新をもたらす赤外線センサー技術-赤外線イメージングソリューション<基礎編>」および6月1日開催の「車載イメージングソリューション」と連動しています。併せて聴講されることをお勧めします。

概要

日時:2016年05月31日(火)10:00~17:00(開場9:30予定)
会場:UDXカンファレンス 6F(東京・秋葉原)
主催:日経エレクトロニクス

受講料(税込み)

  • 一般価格70,000円
  • 読者価格56,000円

5/30開催「赤外線イメージングソリューション<基礎編>」および
6/1開催「車載イメージングソリューション」とのセット申込がお得です。


5/30開催「赤外線イメージングソリューション<基礎編>」
とのセット申し込み

  • 一般価格108,000円
  • 読者価格86,400円

6/1開催「車載イメージングソリューション」
とのセット申し込み

  • 一般価格129,600円
  • 読者価格103,680円

5/30開催「赤外線イメージングソリューション<基礎編>」および
6/1開催「車載イメージングソリューション」
とのセット申し込み

  • 一般価格162,000円
  • 読者価格129,600円
  • 一般価格
    一般価格には「日経エレクトロニクス購読(最新号より13冊)」、「日経ものづくり購読(最新号より13冊)」、「日経Automotive購読(最新号より10冊)」のいずれかお選びの雑誌(いずれも月刊)が含まれます。 ご送本開始は開催後になります。
  • 読者価格
    「日経エレクトロニクス」「日経ものづくり」「日経Automotive」定期購読者(いずれも「日経テクノロジーオンライン有料会員セット」での購読を含む)、「日経テクノロジーオンライン」有料年間購読者は、「読者価格」でお申し込みいただけます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※一般価格に含む雑誌購読を登録させていただく方には、各誌が配信している無料メルマガ(日経エレクトロニクスニュース、日経ものづくりNEWS、日経Automotive NEWSのいずれか)を配信設定いたします。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

10:00 - 11:00

赤外線カメラ技術の可能性と限界、最新動向

苗字 名前 氏立命館大学
理工学部 機械工学科 教授

木股 雅章 氏

赤外線カメラの産業界の技術・市場動向に詳しい木股氏が、ナイトビジョンや人体検知技術など最新動向と将来の可能性を紹介する。限界についても触れる。

11:00 - 12:00

赤外線カメラの未来、応用と市場を予測する

有田 学 氏IHSグローバル
IHSテクノロジー シニアアドバイザー

有田 学 氏

自動車向けのナイトビジョンや監視カメラ、ドローンなど幅広い応用が見込まれる遠赤外線イメージング技術。

12:00 - 13:20

休憩

講師との名刺交換、ネットワーキングもしていただけます。

13:20 - 14:10

Extended IR Sensor Business Area

花崎 勝彦 氏フリアーシステムズジャパン
シニア ビジネス ディベロップメント マネジャー 日本OEM事業部

花崎 勝彦 氏

遠赤外線カメラの最大手、米FLIR Systems社。同社で、ドローンやロボット、自動車、スマホなど、多様な応用への展開を手がけている花崎氏が、今後の新しい応用の広がりの可能性を語る。

14:10 - 14:50

赤外線センサ(UFPA)の性能限界を超える画像処理と、その応用例

田村 哲雄 氏日本アビオニクス
赤外線サーモグラフィ事業部 技師長

田村 哲雄 氏

遠赤外線カメラの応答速度を1桁高める。熱を検知するセンサー固有の課題である応答時間を画像処理技術で短縮し、1ms台相当を実現したのが日本アビオニクスだ。同社で研究を牽引している田村氏が講演する。遠赤外線カメラ向けのノイズやヘイズ(靄)を抑制して見せる最新の画像処理技術についても語る。

14:50 - 15:20

休憩

講師との名刺交換、ネットワーキングもしていただけます。

15:20 - 16:10

World’s first commercial FHD thermal sensor with 12µm pixel

鈴木 久之 氏米Fairchild Imaging社
Director, Japan Sales & Operations

鈴木 久之 氏

遠赤外線イメージセンサーの低コストかつ高精細化を進めている米Fairchild Imaging社が、最新のセンサー素子技術とカメラモジュール技術、これを生かした応用の可能性を語る。

16:10 - 17:00

樹脂レンズ・反射光学系で赤外カメラを小型・低コストに

ナルックス
BCRU RU長

河合 伸典 氏

遠赤外線カメラのコストを押し上げている光学系に、まったく新しい手法で挑むのがナルックスだ。樹脂レンズと反射光学系を使う。同社で開発と応用開発を担う河合氏が、技術と応用の可能性を語る。

ネットワーキング、名刺交換

終演後、講師との名刺交換、ネットワーキングの時間を設けます。
(17:00~17:30を予定しています)

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
■受講料のお支払い:
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書をご郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方には、受講券のみをお送りいたします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席など:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。講師等の急病、天災その他の不可抗力、その他やむを得ない事情により、中止する場合があります。この場合、受講料は返金いたします。
■最少開催人員:
15名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

おすすめ