• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEセミナー/イベント/技術者塾 > 「3Dプリンテッドエレクトロニクス」技術の胎動

  • 技術者塾
  • 保存

「3Dプリンテッドエレクトロニクス」技術の胎動

~立体物表面への電子デバイス形成を可能に~

日程:2017年5月19日 会場:Learning Square新橋

主催:日経エレクトロニクス

イメージ

従来のプリンテッドエレクトロニクスは平面上への印刷が前提ですが、山形大学では曲面や立体面上へ導電性インクなどを印刷することができる新技術を開発しました。それは、グラビアオフセット法に柔軟なブランケットを採用したソフトグラビアオフセット(SBG)法と、インクジェットとロボットを組み合わせた全方向インクジェット(OIJ)法です。当日は、これら印刷装置の概要および印刷特性について講師より報告するとともに、代表的な銀配線パターンを紹介します。

受講効果

  • プリンテッドエレクトロニクスとは何かを理解することができます。
  • さらに挑戦的な曲面上へ電子デバイスを形成するプリンテッドエレクトロニクス技術を理解することができます。
  • この技術の応用、市場の可能性をも学べます。

講師紹介

時任 静士 氏 (ときとう しずお)

山形大学
有機エレクトロニクス研究センター センター長、卓越研究教授

時任 静士 氏

略歴:1987年 九州大学大学院総合理工学研究科博士課程修了、工学博士
       同年同大学院助手
   1988年 カリフォルニア大学サンタバーバラ校博士研究員
   1990年 豊田中央研究所主任研究員
   2001年 NHK放送技術研究所主任研究員
   2006年 同研究所研究グループリーダー
   2009年 同研究所部長
   2010年 山形大学大学院理学研究科 卓越研究教授
   2015年 同大学有機エレクトロニクス研究センター センター長 卓越研究教授

専門(研究内容):
   共役系高分子の合成と光・電子物性の研究
   有機EL材料開発と高性能有機EL素子の研究
   有機半導体材料開発および高移動度有機トランジスタの研究
   フレキシブルディスプレイ基盤技術に関する研究
有機トランジスタ型バイオセンサの研究
   微細印刷技術の研究

受賞歴:
   2005年 映像情報メディア学会藤尾フロンティア賞
   2008年 IDW’08 Best Paper Award
   2009年 映像情報メディア学会論文賞
   2010年 映像情報メディア学会藤尾フロンティア賞
   2012年 IDW’13 Best Paper Award
   2015年 平成27年度文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)
   2015年 山形県科学技術賞
   2015年 MES2015 ベストペーパー賞

著書:共著『有機ELディスプレイ』(オーム社)他
   監修『次世代プリンテッドエレクトロニクス技術』(シーエムシー出版)

概要

日時: 2017年5月19日(金)10:00~17:00(開場09:30予定)
会場: Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催: 日経エレクトロニクス

受講料(税込み)

  • 一般価格:49,800円
  • 会員・読者価格:43,200円
  • 日経エレクトロニクス+日経テクノロジーオンラインセット購読付申し込み:56,000円
  • 日経テクノロジーオンライン有料会員サービス付申し込み:53,000円
  • ※お得な複数名同時申込もできます。詳細は青いお申し込みボタンをクリック
■会員・読者価格
「会員・読者価格」は、日経テクノロジーオンライン有料会員(年払いのみ)、または、日経エレクトロニクス、日経ものづくり、日経Automotive定期購読者の方(日経テクノロジーオンライン有料会員とのセット購読の方を含む)が対象です。
■複数名同時申込価格
開催日の3日前(土日・祝日がある場合はその前日)に受付を終了させていただきます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

10:00 - 17:00

1研究背景と印刷技術

 ・研究開発の方向性
 ・印刷可能な機能材料の開発
 ・印刷技術の進化
 ・印刷電極の信頼性

2 プリンテッドエレクトロニクスの応用

 ・印刷型有機薄膜トランジスタ
 ・印刷型有機集積回路
 ・フレキシブル有機TFT回路
 ・IoTセンサへの応用展開

3 3Dプリンテッドエレクトロニクス

 ・曲面印刷技術への挑戦
 ・ソフトグラビアオフセット印刷技術
 ・全方向インクジェット印刷技術
 ・おわりに

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
■受講料のお支払い
≪1名でお申し込みの場合≫
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書を郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
クレジットカード支払いの方は、受講証はMyPageから印刷してご持参ください。
≪複数名同時申込の場合≫
お支払い方法が「請求書」の場合、お申込筆頭の方に、後日、筆頭の方の受講券と全員分の合算請求書を郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
クレジットカード支払いの場合、お申込筆頭の方はMyPageから受講証を印刷してご持参ください。
※支払方法にかかわらず、申込完了後にお申込筆頭者の方宛に、「登録完了メール」をお送りしますので、2人目以降の方はそちらを印刷してご持参ください。
 筆頭の方は、2人目以降の方に、「登録完了メール」の転送をお願いいたします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席など
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。
講師等の急病、天災その他の不可抗力、その他やむを得ない事情により、中止する場合があります。この場合、受講料は返金いたします。
■最少開催人員
15名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

おすすめ

あなたにおすすめ