• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEセミナー/イベント/技術者塾 > ウエアラブル・ジャパン 2017 Spring

  • 日経エレクトロニクスセミナー
  • 保存

ウエアラブル・ジャパン 2017 Spring

AR時代の幕開け、メガネ型端末が集合!

日程:2017年3月16日 会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)

主催:日経エレクトロニクス

AR(拡張現実感)の実現に向けた各種技術が今、急速に進展しています。その中心にあるのが、メガネ型端末や同端末に向けたデバイスです。既存の性能を大きく上回る次世代のメガネ型端末や、優れた性能を備える同端末向けデバイスが続々と登場しています。
そこで本セミナーでは、「実際に見て、比べる」をコンセプトにデモ展示も交えた「ハイブリッド型セミナー」を開催します。メガネ型端末や同端末向けデバイスの最新動向を知りたい方や業務にメガネ型端末を採用することを検討している方など、必見のイベントです。

概要

日時:2017年3月16日(木)11:00~17:00(開場10:30予定)
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:日経エレクトロニクス

受講料(税込み)

  • 会員・読者価格21,600円
  • 会員・読者価格
    ※「会員・読者価格」は、日経テクノロジーオンライン有料会員(年払いのみ、雑誌とのセット購読の方を含む)、または、日経エレクトロニクス定期購読者の方が対象です。
  • 一般価格32,400円
  • ※一般価格にちょっとのプラスアルファでお得なご購読付プランもお選びいただけます。
  • 日経エレクトロ二クス+日経テクノロジーオンライン有料会員
    購読付セット
    39,400円
  • 日経テクノロジーオンライン有料会員購読付セット36,400円
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※購読付価格に含む 「日経エレクトロニクス(最新号1冊+1年12冊)+日経テクノロジーオンライン有料会員(1年)」「+日経テクノロジーオンライン有料会員(1年)」を登録させていただく方には、それぞれニュースを配信設定いたします。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

基調講演

11:00 - 12:00

メガネ型端末の苦悩とこれから

塚本 昌彦 氏神戸大学大学院
工学研究科電気電子工学専攻 教授

塚本 昌彦 氏

Google Glassで立ち上がりが見えかけたメガネ型端末が、Google Glassの発売終了とともに苦悩の道を歩みつつある。業務用に多くのニーズが見えているものの、現場ではなかなかうまく言っていないのが現状である。本講演ではこのような現状をサーベイした後、Hololensをはじめとする新たなメガネ型端末の動向と今後の展開について解説を行う。民生を含め大きなポテンシャルがあると同時に、あらたな道筋もみえつつあることを示す。

12:00 - 13:00 休憩

プレゼンテーション

13:00 - 14:30

ウエストユニティス

picoLinker(ピコリンカー)

製品名:picoLinker

picoLinerはもともと医療用として開発した超小型軽量HMDですが、使い方・カスタマイズ次第で、他の用途にも利用できます。具体的には、HDMIを通じて、小型パソコンやスマートフォン、ウェアラブルカメラなどと接続し、利用可能です。また専用眼鏡は不要で、一般の眼鏡に取り付けられます。これにより、医療分野だけでなく様々な用途で利用できるようになっています。

コニカミノルタ

WCcとそのソリューションの紹介

製品名:WCc

ウェアラブルコミュニケーター(WCc)は、コニカミノルタ独自のホログラム技術により軽量で明るい大画面表示を実現し、現場で使えるHMDとして評価されている。作業者の眼の前にリアルタイムで情報を提供することで、現場の生産性を向上させるソリューションの準備を進めている。今回は、物流業務と組立業務に適用した事例を紹介する。

サン電子

AceRealで業務効率UP

製品名:AceReal(エースリアル)

AceRealは、スマートグラスと現場作業支援用ソフトウェアをワンストップで提供するトータルソリューションです。広視野角・高輝度の両眼シースルー型スマートグラスを特徴とし、より安全で使いやすい遠隔支援、チェックリスト記録、マニュアル表示等のシステムをクラウドサービスで提供します。

セイコーエプソン

エプソンの最新スマートグラスMOVERIOについて

製品名:MOVERIO BT-300/350/2200

独自開発のシリコンOLED(有機EL)ディスプレイを採用した第3世代スマートグラスMOVERIO『BT-300』をベースに商用利用向けに堅牢性や装着性を最適化し、操作性と運用面の機能強化したMOVERIO『BT-350』や、製造業などヘルメット装着を可能にした業務用スマートヘッドセットMOVERIO Pro『BT-2200』など事例を交えて紹介します。

ソニー

ARグラス用ホログラム導光板ディスプレイモジュール LMX-001

製品名:LMX-001 holographic waveguide display

LMX-001は様々なARグラスに幅広く適用可能なディスプレイモジュールです。ソニー独自のホログラム光学技術により、透明度が高い薄型レンズを実現しています。LMX-001とLMX-001を搭載した適応プロダクトを紹介します。

Vuzix Corporation

スマートグラスとその活用について

製品名:M3000/M300/Blade3000/M100/iWearビデオヘッドフォン

おかげさまでVUZIXは今年20周年。発売中のスマートグラスのご紹介と今後の展望について。KDDI総合研究所よりスマートグラスを使ったAR画像をリアルタイムに表示する遠隔作業支援システム「VistaFinder Mx」のご紹介。

マイクロソフト

Microsoft HoloLensが実現するMixed Realityの世界

製品名:HoloLens

Microsoft HoloLens は、Windows 10 を搭載した世界初の自己完結型ホログラフィック コンピューターです。PCやスマートフォンと接続することなく、ワイヤレスで自由に動き回りながら、様々な用途で Mixed Reality(複合現実)の世界を実現できます。HoloLens が実現する Mixed Reality の概要をご紹介します。

参加各社によるデモ展示

14:40 - 17:00

参加各社のブースをご自由にご覧ください。

  • ※基調講演終了後に、デモ展示の準備をします。会場内外のスペースで作業をいたしますので、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
  • ※マイクロソフトによる説明と実機展示をいたしますが、装着しての体験はしていただけません。
  • ※プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
■受講料のお支払い:
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書をご郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
クレジットカード支払いの方は、MyPageから受講証を印刷いただくか、スマートフォンなどに表示の上、受付にご提示ください。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席など:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。講師等の急病、天災その他の不可抗力、その他やむを得ない事情により、中止する場合があります。この場合、受講料は返金いたします。
■最少開催人員:
50名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

おすすめ

あなたにおすすめ