• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEセミナー/イベント/技術者塾 > 工場マネジメントの基本

  • 技術者塾
  • 保存

工場マネジメントの基本

当たり前のことが当たり前にできる、強い現場を作る

日程:2016年3月17日 会場:Learning Square新橋

主催:日経ものづくり


※福岡会場でのご受講を募集中です。ご参加をお待ちしております。

日本の工場では、ものづくり力の低下という危機が訪れています。2007年問題や2012年問題で語られるように、どの会社でも長年の経験に裏打ちされた、ものづくりのノウハウを持った人材が職場からいなくなりつつあります。

従来から、職場での教育(OJT、Off-JT)により、管理者から若手に至るまで、ものづくりの基本となる考え方や、品質を作り込むための現場のあり方などが、ノウハウとして根付いていた職場でも、この問題は例外ではありません。

この問題の大きな特徴は、人材がいなくなり、ものづくりのノウハウそのものが散逸してしまっても、日常の業務は成り行きで進んでいくために、何か大きなトラブルに見舞われるなどのきっかけがないと、管理者ですら問題に気付かないことです。そのため、いざ、ものづくり力の低下に気付いた時には、回復が困難なほどにダメージを受けていることも珍しくはありません。

本講座では、工場のマネジメントを担うべき人材に対して、当たり前のことが当たり前にできる、強いものづくり力を備えた工場をつくるために、必ず知っておいてほしい基本的な知識として、(1)ものづくりのあるべき姿、(2)品質作り込みの考え方、(3)問題の真因追究の考え方の、3点を取り上げ、分かりやすく実例を交えながら解説をします。ものづくりに携わる管理者、あるいは管理者候補の方に最適な内容となっています。

【受講効果】
  • 当たり前のことが、当たり前にできる現場をつくるための基本を正しく理解し、強い現場を実現するための実践方法を学びます。
  • 当たり前のことが、なぜ、当たり前にできないのか、その難しさを理解して正しく取り組む方策を知ることができます。
  • 工場管理者として、経営的視点を踏まえた、ものづくりの考え方、現場の指導の仕方を理解することができます。
  • 工場管理者として、QCDを確保するために、何を管理しないといけないのか、管理技術のポイントを知ることができます。

講師紹介

古谷 賢一 氏 (ふるたに けんいち)

ジェムコ日本経営 コンサルティング事業部 本部長コンサルタント

大手鉄鋼メーカーの多角化事業部門にて、主に電子回路モジュールおよびコンピュータなど情報機器の開発製造事業に従事。
開発・設計・製造・生産技術・品質保証・品質管理等の業務に従事し、本社より分社した当該事業会社の品質保証責任者、生産技術部門長および海外生産子会社(フィリピン、中国)の品質管理責任者を歴任。生産子会社・協力工場や、部材ベンダー・取引先へのものづくり指導、生産技術指導、品質指導を、国内外問わず多く手がけている。その後、ジェムコ日本経営に入社。経営管理、人材育成から、品質改善支援モノづくり革新支援など幅広い分野に従事し、“地に足がついた活動”をモットーに、現場に密着し、きめ細かい実践指導は顧客から高い評価を得ている。タイ、マレーシア、フィリピン、ベトナム 等海外での支援実績、各種執筆記事も多数あり。
『日経ものづくり』2014年1~4月号「儲かる工場にするための現場力再入門~経営直結力」の著者。

公益社団法人全日本能率連盟認定マネジメント・コンサルタント、ICMCI(国際公認経営コンサルティング協議会)認定コンサルタント、MBA(経営学修士)

概要

東京開催

日時:2016年3月17日(木)10:00~17:00(開場9:30予定)
会場:Learning Square新橋 4F(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

福岡開催

日時:2016年4月15日(金)10:00~17:00(開場9:30予定)
会場:リファレンス大博多貸会議室 (福岡・博多)
主催:日経ものづくり

受講料(税込み)

  • 一般価格54,000円
  • 読者価格43,200円
  • 一般価格
    一般価格には「日経エレクトロニクス購読(最新号より13冊)」、「日経ものづくり購読(最新号より13冊)」、「日経Automotive購読(最新号より10冊)」のいずれかお選びの雑誌(いずれも月刊)が含まれます。 ご送本開始は開催後になります。
  • 読者価格
    「日経エレクトロニクス」「日経ものづくり」「日経Automotive」定期購読者(いずれも「日経テクノロジーオンライン有料会員セット」での購読を含む)、「日経テクノロジーオンライン」有料年間購読者は、「読者価格」でお申し込みいただけます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※一般価格に含む雑誌購読を登録させていただく方には、各誌が配信している無料メルマガ(日経エレクトロニクスニュース、日経ものづくりNEWS、日経Automotive NEWSのいずれか)を配信設定いたします。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

10:00 - 17:00

1.知っているようで知らない「ものづくりのあるべき姿」

・ものづくりのベースとしての5S ~異常が見える現場作り~
・異常が見える環境づくり
・生産性の定義・経営数字とのつながり
・ムダ・ロス視点での生産性改善

2.製造品質は「ものづくりの現場で作り込む」

・品質作り込みの考え方
・日常の品質管理・4M変化点管理

3.問題の真因追究は、徹底した「3直3現主義」

・不具合の原因追求は現場起点で
・論理的な真因追究による問題解決が技術者の基本

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

※福岡会場でのご受講を募集中です。ご参加をお待ちしております。

■受講料のお支払い:
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書をご郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方には、受講券のみをお送りいたします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席など:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。講師等の急病、天災その他の不可抗力、その他やむを得ない事情により、中止する場合があります。この場合、受講料は返金いたします。
■最少開催人員:
15名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

おすすめ