ニュース

東大と東工大、スピン自由度利用の半導体デバイスに向け成果

  • 工藤 宗介=技術ライター
  • 2016/12/21 11:09
東京大学と東京工業大学らの研究グループは2016年12月20日、高速電子デバイスに使われるIII-V族化合物半導体(InAs)に鉄(Fe)原子を添加した混晶半導体(In,Fe)Asを作製し、(In,Fe)Asがn型で強磁性を示すと同時にその伝導帯(電子キャリアが存在するエネルギー帯)に大きな自発的スピン分裂が生じることを見出したと発表した。