• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEエネルギーメガソーラー > 鶏舎に太陽光、羽毛や汚れが付着しにくい「防汚パネル」採用

ニュース

鶏舎に太陽光、羽毛や汚れが付着しにくい「防汚パネル」採用

  • 工藤宗介=技術ライター
  • 2017/11/30 12:32
  • 1/1ページ
下妻農場の鶏舎屋根に設置した太陽光パネル
(出所:加茂川啓明電機)
[画像のクリックで拡大表示]
水が流れやすく汚れが付きにくい
(出所:加茂川啓明電機)
[画像のクリックで拡大表示]

 加茂川啓明電機(大阪府吹田市)は、今年2月に横浜ファーム(横浜市)の下妻農場(茨城県下妻市)の鶏舎3棟の屋根に太陽光発電システムを設置した。

 すでに同農場では出力250kWの太陽光発電システムを導入していたが、パネルに羽毛や汚れが付着しやすく、パワーコンディショナー(PCS)の定格出力250kWのところピーク時でも150~175kW程度しか発電できていなかった。今回、加茂川啓明電機が追加で178kWを設置し、250kWを出力できるようになったという。

 太陽光パネルは三菱電機製を採用。太陽光パネルのフレームに溝があり、雨が降るとその溝が水切りとなって汚れを洗い落とすため、汚れが付着しにくい。導入から8カ月経過しても目立った汚れがなく、順調に発電しているという。

 鶏舎屋根材に使われる畜産用波板に設置できる架台を採用した。鶏舎の屋根は日当たりがよく、角度も16~17度で太陽光発電に適しているという。発電した電力は、40円/kWhで売電する。横浜ファームは今後、他の鶏舎にも順次、太陽光パネルを導入するとしている。

おすすめ

あなたにおすすめ