• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギー > 全戸でZEH達成の高級分譲マンション、48kWの太陽光搭載

ニュース

全戸でZEH達成の高級分譲マンション、48kWの太陽光搭載

  • 工藤宗介=技術ライター
  • 2017/11/13 20:45
  • 1/1ページ
グランドメゾン覚王山菊坂町外観パース
(出所:積水ハウス)
[画像のクリックで拡大表示]

 積水ハウスは、名古屋市に全住戸で「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」基準を満たす高級分譲マンション「グランドメゾン覚王山菊坂町」を11月11日から分譲開始した。総戸数は12戸(3LDK、82.54〜151.84m2)、価格帯は7000万円台〜1億8000万円台。

 集合住宅の屋根に出力48kWの太陽光パネルを搭載した。パネルは各住戸に独立配線し、平均約4kWを配分した。さらに、燃料電池コージェネレーション(熱電併給)システム「エネファーム」を搭載することでZEHを実現した。太陽光で発電した電力は自家消費し、余剰分を売電する。

 このほかにも、LED照明などの省エネ設備を採用。アルミ・樹脂複合サッシとアルゴンガスを封入した複合ガラスにより開口部の断熱性能を従来比2倍に高め、住戸単位の断熱性能を約1.4〜1.5倍に高めた。

 鉄筋コンクリート造で地上3階・地下1階建て。設計・監理は計画工房、施工は鴻池組。2019年2月下旬に完成し、同年4月下旬から入居予定。

 同社は、戸建て住宅におけるZEH「グリーンファースト ゼロ」を展開し、2016年度のZEH比率は74%、2017年7月末時点の累積棟数は3万1072棟を達成した。また、パリ協定遵守に向けた自主行動を宣言しており、日本の目標である家庭部門CO2排出量39.3%に積極的に取り組んでいる。

おすすめ

あなたにおすすめ