• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギーメガソーラー > 自然電力、再エネ100%の電力小売り開始、非化石証書も活用

ニュース

自然電力、再エネ100%の電力小売り開始、非化石証書も活用

  • 工藤宗介=技術ライター
  • 2017/11/10 17:33
  • 1/1ページ
供給電力の全量分に対し、「非化石証書(FIT)」を購入する
(出所:自然電力)
[画像のクリックで拡大表示]

 自然電力(福岡市)は11月8日、電力小売事業に参入し、再生可能エネルギー100%を目指す電力小売サービス「自然電力のでんき」を開始すると発表した。

 供給電力の全量分に対し、「非化石証書(FIT)」を購入することで、実質的に100%再生可能エネルギー由来の電力を提供する。また、自然電力グループが自社で設置した太陽光発電所から電力供給を受けることで、再エネの総量を拡大する。

 今後、佐賀県で2018年2月に完工予定の風力発電所をはじめとして、全国で開発中の風力・小水力発電所からの電力供給も予定し、供給量における割合を増やしていく計画。

 透明性の高い料金体系を目指し、毎月の明細書で「電力調達費」「託送料金」「再エネ賦課金」「事業運営費」の内訳を開示するという。なお、電力調達費はJEPX(卸電力取引所)の市場価格に連動する。

 参考価格は、東京エリアが月額基本料金140.40円/kVA、従量料金23.35円/kWh。関西エリアが月額基本料金194.40円(6kVAまで)、従量料金23.09円/kWh。九州エリアが月額基本料金140.40円/kVA、従量料金22.38円/kWh。

 同社は、電力小売りの全面自由化に伴い経済産業省に小売電気事業者の登録を申請し、2016年12月に認定された。また、自然電力グループでは、累計700MWの太陽光発電の企画・開発、EPC(設計・調達・施工)、O&M(運営・保守)、AM(アセットマネジメント)事業、発電事業に携わっている。

おすすめ

あなたにおすすめ