• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > STが「最も高性能な」Cortex-Mマイコン、40nmで製造

ニュース

STが「最も高性能な」Cortex-Mマイコン、40nmで製造

  • 小島 郁太郎
  • 2016/10/31 00:11
  • 1/3ページ
登壇したPaolo Oteri氏 日経エレクトロニクスが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 STマイクロエレクトロニクスは2016年10月28日に国内報道機関向けに、伊仏合弁STMicroelectronics社のマイコン「STM32ファミリー」の新製品を発表した(日本語ニュースリリース)。「ARM Cortex-M7」をCPUコアにするマイコン「STM32H7シリーズ」である。

 STはCortex-M7をCPUにしたマイコン「STM32F7シリーズ」を2014年9月に発表している(日経テクノロジーオンライン関連記事)。そのSTM32F7は90nmプロセスで製造していたが、今回のSTM32H7は40nmプロセスで製造する。これにより性能が大幅に向上したという。新製品のCPUコアの最大動作周波数は400MHzと高い。記者発表会に登壇したSTマイクロエレクトロニクスのPaolo Oteri氏(マイクロコントローラ・メモリ・セキュアMCU製品グループディレクター)によれば、新製品は市場にあるCortex-Mマイコンのうちで最も性能が高いという。具体的な演算性能は、856DMISPまたは2010CoreMarkである。

STM32ファミリーと新製品の「STM32H7シリーズ」(右上) STの図。
[画像のクリックで拡大表示]

 STM32H7シリーズは、産業用ゲートウエーや、ホームオートメーション、通信機器、スマート民生機器のほか、高性能モーター制御、生活家電、および豊富なユーザインターフェースを持つ小型機器に最適だという。

 

おすすめ

あなたにおすすめ