• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > 武藤工業、光造形3Dプリンターの大型モデル

ニュース

武藤工業、光造形3Dプリンターの大型モデル

造形サイズ192×108×200mm、積層ピッチ25μ~100μm

  • 松田 千穂
  • 2017/09/11 19:50
  • 1/1ページ
武藤工業(本社東京)は、最大造形サイズがX192×Y108×Z200mmと従来機種より大きな光造形3Dプリンター「ML-200」を2017年10月1日に発売する。標準のスライサーソフトを使うことで表面の平滑性を高められ、工業製品のデザイン検証の他、試作やフィギュア制作など、高い精度と滑らかな表面が求められる用途に使える。

おすすめ