• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギー > 北海沖の洋上風力向けに8MW機を31基受注、MHI ヴェスタス

ニュース

北海沖の洋上風力向けに8MW機を31基受注、MHI ヴェスタス

  • 工藤宗介=技術ライター
  • 2017/09/07 19:04
  • 1/1ページ
V164-8.0MW
(出所:MHI Vestas Offshore Wind社)
[画像のクリックで拡大表示]

 三菱重工業とデンマーク・ヴェスタス(Vestas Wind Systems)の洋上風力発電設備に関する合弁企業MHI ヴェスタス(MHI Vestas Offshore Wind)は8月28日、カナダの独立発電事業者(IPP)であるNorthland Power社から出力8MW級の洋上風力発電設備を31基受注したと発表した。

 今回受注した風車の製品名は「164-8.0MW」。Northland Power社がドイツの北海沖合に設置する総出力252MWの「ドイチェ・ブッフト(DeBu:Deutsche Bucht)洋上風力発電所プロジェクト」の中核設備となる。受注契約には15年間の保守サービスも含まれる。

 Northland Power社にとって3番目の洋上風力プロジェクトで、完成すれば17万8000世帯超への電力供給とともに、年間36万t超のCO2削減効果が期待される。2019年後半に運転開始する予定。

 「V164-8.0MW」は、すでに英国バーボバンク(Burbo Bank)洋上風力拡張プロジェクトにおいて32基(総出力256MW級)が商用運転を開始している。

 MHI Vestas社が今後、納入する受注済み発電設備の総出力は2300MW(2.3GW)を超えており、今後さらに受注を拡大するという。

おすすめ