ニュース

ヤマハ発の上期決算、好調な東南アジアで12%売上増

共通プラットフォームエンジン用いたスクーターが売れる

  • 窪野 薫
  • 2017/08/10 15:30
ヤマハ発動機が東南アジア地域で好調を維持している。同社は2017年8月8日、2017年上期(1〜6月)の連結業績を発表した。2輪車が市民の“足”となっているフィリピンやタイ、ベトナムなどの東南アジア地域で前年同期比約2%伸ばして136万2000台を販売。特に高価格な2輪車が好調で、売上高は同約12%増の2609億円とした。