• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEクルマ車載部品 > 「量より質の車両開発を追求」——ホンダ副社長

ニュース

「量より質の車両開発を追求」——ホンダ副社長

先端技術では外部提携を強化

  • 窪野 薫
  • 2017/08/08 11:15
  • 1/1ページ
「販売量ありきではなく、質を追求した車両開発で成長を目指す。(トヨタ自動車やドイツVolkswagen社のような)“1000万台クラブ”は目指さない」——。ホンダで副社長を務める倉石誠司氏は2017年8月1日に都内で開いた2017年度第1四半期(2017年4〜6月)の決算会見でこう強調した。他の自動車メーカーが巨大なグループを形成して開発や生産、部品調達などで連携していく中、ホンダは引き続き独自路線を進む方針を示した。

おすすめ

あなたにおすすめ