• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス > 全固体電池を大幅に安く、東工大が新型電解質材料

ニュース

全固体電池を大幅に安く、東工大が新型電解質材料

  • 三宅常之
  • 2017/07/14 03:00
  • 1/1ページ
 東京工業大学の菅野了次氏(物質理工学院 応用化学系 教授)の研究グループは、全固体電池のコストを大幅に引き下げられる新しい電解質材料を発見した(写真、図1)。高価な原料を使わないで、Li(リチウム)イオン2次電池を上回る性能(充放電速度)を得られる。生産時や使用時の安全性も高めやすい。量産時における電解質材料のコストは、同氏らが開発した従来の全固体電池向け材料の1/3以下にできる見込みがあるといい、電気自動車への採用の前倒しにつながりそうだ。

おすすめ