• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

医療ロボの成果集まれ!「Science Robotics」創刊

2016/07/08 13:22
大下 淳一=日経デジタルヘルス
編集委員長のYang氏が登壇した
クリックすると拡大した画像が開きます

 世界で最も権威ある科学誌の1つ、米Science誌。出版元の米国科学振興協会(AAAS)は2016年秋、同誌初となる工学系姉妹ジャーナル「Science Robotics」を創刊する。ロボティクスやメカトロニクス、人工知能に加えて「医療福祉、バイオ、ナノ、マテリアル分野から心理、社会、倫理、法律など社会科学をも包括する未来ロボティクスへの貢献を目的とする」(編集委員)という。投稿論文の募集をここにきて開始した。

 同誌の発刊記念シンポジウムが2016年7月5日、東京大学で開催された。編集委員長を務めるGuang-Zhong Yang氏(英Imperial College London教授)が登壇し、科学から工学、社会学、倫理学までを包含する「マルチディシプリン(学際的)なジャーナル」になることを強調した。

 同誌のターゲットの1つが、バイオ・メディカル分野。編集委員長のYang氏は遠隔手術ロボットの研究を長く手掛けてきた人物。同誌の国際編集委員で、今回のシンポジウムを企画した生田幸士氏(東京大学 大学院情報理工学系研究科システム情報学専攻 教授)も、医療用マイクロマシンの研究を手掛ける。生田氏は「新しい概念や原理に基づく(ロボティクス分野の)研究成果についてはこれまで、発表する学会誌に困るのが実情だった。Science Roboticsはそうした成果の受け皿になる」と話した。

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング