• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > 高位合成の守備範囲がマシンビジョンで拡大、リコーが講演

ニュース

高位合成の守備範囲がマシンビジョンで拡大、リコーが講演

  • 小島 郁太郎
  • 2016/07/01 08:00
  • 1/1ページ
リコーは、マシンビジョン分野のハードウエア設計で高位合成の守備範囲が広がっていることを「SystemC Japan 2016」(2016年6月17日に新横浜で開催)で語った。これまでは、ノイズ除去など前処理のハードウエア設計でしか適用されていなかったが、今後は特徴量抽出というメインの処理のハードウエア設計にも高位合成が適用されるようになる。

おすすめ