• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ自動運転/ADAS > スバル、改良型「アイサイト」を新型レヴォーグなどに搭載

ニュース

スバル、改良型「アイサイト」を新型レヴォーグなどに搭載

高速道路の単一車線で「レベル2」の自動運転を実現

  • 高田 隆
  • 2017/06/19 00:05
  • 1/1ページ
SUBARU(スバル)は同社の安全運転支援システム「アイサイトver.3」を改良し、2017年7月に発表する新型ワゴン「レヴォーグ」と新型スポーツセダン「WRX S4」に標準搭載する。改良型システムを搭載する新型の2車種は、高速道路の単一車線における「レベル2」の自動運転が可能になる。

おすすめ