• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お薦めトピック

ウンログ、全国の病院や高齢者施設で腸内フローラ研究

キャピタルメディカ・ベンチャーズから資金調達

2017/05/24 10:00
小口 正貴=スプール
テストフィールドを提供
クリックすると拡大した画像が開きます
スマホアプリ「ウンログ」。50万ダウンロードを突破し、ユーザーの90%が女性という
クリックすると拡大した画像が開きます

 ウンログは2017年4月、ヘルスケアベンチャー投資企業のキャピタルメディカ・ベンチャーズから資金調達した。キャピタルメディカ・ベンチャーズの親会社で医療機関の運営・経営支援を手掛けるキャピタルメディカ(以下CM)と提携し、全国38カ所の病院・高齢者施設で腸内フローラの研究を進められる体制を整える。

 ウンログは排泄物(うんち)記録アプリ「ウンログ」を展開するヘルスケアベンチャーで、同アプリのダウンロード数は50万を突破した。豊富なユーザー資産を生かし、2016年からは腸内フローラ(腸内細菌叢)の検査サービスを開始(関連記事)。複数の大手食品・製薬企業、大学と腸内フローラに関する研究を進めてきた。

 腸内フローラとは腸内細菌の集合を指し、その特徴は個々人によって異なる。人の健康に密接に関連する要素として近年研究が進んでいるものの、研究に必要な便サンプルや実験設備、生物情報学者(バイオインフォマティシャン)などの不足により研究の遅れが懸念されているという。今回の提携では、CMグループが保有する全国38カ所の病院・高齢者施設を、大学や食品・製薬企業、腸内フローラ関連サービス企業に対して、腸内フローラの研究フィールドとして利用できるようにする。

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング