ニュース

路面の滑りやすさをタイヤで推定、住友ゴム

2020年の実用化を目指す

  • 窪野 薫
  • 2017/05/19 18:00
住友ゴム工業は2017年5月16日、路面の滑りやすさを走行中にタイヤで推定する技術「SENSING CORE」を発表した。同日に茨城県で開いた報道関係者向けの技術説明会でデモを披露した。特徴はセンサーの追加なしで実現したこと。2020年の実用化を目指して自動車メーカーに提案を進めている。