• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お薦めトピック

「ナノマシン造影剤」、がんの悪性度を可視化

MRIで腫瘍の低酸素領域を捉える

2016/05/18 08:49
大下 淳一=日経デジタルヘルス

 ナノ医療イノベーションセンター(川崎市)と東京工業大学、量子科学技術研究開発機構の共同グループは、「ナノマシン造影剤」と呼ぶ新たな造影剤を開発した。悪性腫瘍(がん)内部の微小環境において、悪性度や治療抵抗性に関係する「低酸素領域」をMRIで高感度に可視化できる。

腫瘍の低酸素領域を捉える
クリックすると拡大した画像が開きます

 がん内部の低酸素領域には薬剤が届きにくく、放射線治療の効果も低くなるなど治療への抵抗性を示す。より悪性度の高いがんへ変化し、転移を引き起こす原因領域として注目されている。

 今回開発したナノマシン造影剤は、がん内部の低酸素領域のような微小環境を検知。MRIの信号強度を増幅するという、従来にない機能を備える。これにより、既存のMRI造影剤に比べて優れた腫瘍特異的イメージングを可能にするという。

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング