• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > 新型WHILLの段差乗り越え機能を「Adams」で解析

ニュース

新型WHILLの段差乗り越え機能を「Adams」で解析

弾性体変形を考慮して機構シミュレーションを実施

  • 木崎 健太郎
  • 2017/05/16 18:26
  • 1/1ページ
パーソナルモビリティーを開発・販売するWHILLが、2017年4月に発売した新型モデル「WHILL Model C」の開発に機構解析ツール「Adams」(米MSC Software社)を利用したことが明らかになった。エムエスシーソフトウェア(本社東京)が発表した。パーソナルモビリティーは、室内外を問わず使えるように走破性や操縦性を高めた電動車いす。その特徴である段差乗り越え機能などを開発設計時に検証するのに機構解析を利用した。

おすすめ