ニュース

空間反転対称性の破れに基づく超伝導ダイオード

  • 工藤宗介=技術ライター
  • 2017/04/24 13:44
東京大学と理化学研究所らの研究グループは2017年4月22日、原子膜材料である二硫化モリブデン(MoS2)の電気二重層トランジスタ(EDLT)構造を用いて、空間反転対称性の破れた2次元超伝導体では特定の方向に磁場を加えた状況で整流特性(ダイオード特性)を示すことを発見したと発表した。