• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギーメガソーラー > 山洋電気、多数台パワコンによる太陽光発電の導入がスムーズに

ニュース

山洋電気、多数台パワコンによる太陽光発電の導入がスムーズに

  • 加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテック研究所
  • 2017/04/13 10:37
  • 1/1ページ
屋外に設置できる防水・防塵性能を備える
(出所:山洋電気)
[画像のクリックで拡大表示]

 山洋電気は4月4日、太陽光発電向けに、多数のパワーコンディショナー(PCS)を使って連系する発電システムの導入時間を短くできる機種「SANUPS P73J」を開発したと発表した。

 今後、業界標準方式となる「ステップ注入付周波数フィードバック方式」(停電発生時に生じる系統の周波数の変化から、PCSの単独運転を検出できる方式)を採用したことで、連系するPCSの台数の制約をなくしたとしている。

 複数台による連系時に、系統連系協議で必要だった試験が不要となり、導入コストと時間を削減できるという。

 出力は9.9kW/10kWで、直流入力電圧は150~570Vに対応している。交流出力は三相3線で、定格電圧(線間)は202Vとなっている。

おすすめ