• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME新産業 > オフィスのIoT基盤狙う、コニカミノルタのWorkplace Hub

ニュース

オフィスのIoT基盤狙う、コニカミノルタのWorkplace Hub

  • 神近 博三
  • 2017/03/29 16:02
  • 1/3ページ

 「本日発表したWorkplace Hubは、コニカミノルタおよび我々の顧客にとって重要なマイルストーンとなるものだ」(イベントでのコニカミノルタの山名昌衛社長)。コニカミノルタは現地時間2017年3月23日、ドイツベルリンでグローバルプレスイベント「SPOTLIGHT LIVE」を開催し、オフィス向けIoTプラットフォーム「Workplace Hub」を発表した。

Workplace Hubを紹介するコニカミノルタの山名昌衛社長
Workplace Hubの開発責任者であるロンドンBusiness Innovation CenterのDennis Curry氏

 Workplace HubはPCサーバーにプリンター、スキャナー、コピーマシンなどデジタル複合機の機能を統合した情報管理サーバーとして、2017年秋以降に世界で順次発売される。スキャナーで読み取った紙の文書をデジタルのテキストに変換してWordやPDFの文書ファイルとして記録し、これに全文検索やデータマイニングの機能を組み合わせることでオフィスワークの生産性を向上させるものだ。3月20日からドイツ・ハノーバーで開催されていたCeBIT 2017にも参考出品されていたが、今回のプレスイベントが正式発表の場となる(関連記事「複合機とサーバーの統合で文書管理を効率化、コニカミノルタ」)。

 ただし、コニカミノルタはWorkplace Hubを単なる情報管理サーバーではなく、IT管理コスト削減や効率的なグループワークソリューションを実現するプラットフォームに成長させることを狙っている。「システム担当者が不在の中堅中小企業はパソコンやプリンターの管理に大変苦労している。どのドキュメントを誰がどこで出力したかも把握できていない。オフィスにはこれらを統合的に解決する環境が必要になる」(イベント終了後のインタビューでの山名社長)。Workplace Hubには、こうしたITデバイスやセキュリティーを管理する「Hub(中枢)」としての機能が搭載されることになる。

おすすめ