• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEエネルギー > 太陽光でコスト最安の「ギガソーラー」、アブダビで建設へ

ニュース

太陽光でコスト最安の「ギガソーラー」、アブダビで建設へ

2.42セント/kWhで中国ジンコと丸紅がADWECと25年間のPPA締結

  • 大場 淳一=日経BPクリーンテック研究所
  • 2017/03/02 15:54
  • 1/1ページ
UAE・ADWECが公開した、スワイハン太陽光発電プロジェクトの応札結果
(出所:ADWEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 中国JinkoSolar Holding(ジンコソーラー)社は3月1日、同社と丸紅からなるコンソーシアムがアラブ首長国連邦(UAE)・アブダビ首長国のアブダビ水電力会社(ADWEC)と電力購入契約(PPA)で合意し、同国スワイハン(Sweihan)における大規模な太陽光発電所の建設プロジェクトを開始すると、発表した。

 ADWECは、同国のアブダビ水電力局(ADWEA)が100%所有する会社である。同発電所はアブダビの東方約120kmにあるスワイハンで建設され、設備容量1177MW(1.177GW)の「ギガソーラー」となる。発電電力はすべてADWECに売電する。

 今回の発表では発電コストを明確に示していないが、ADWECは昨年9月に入札の結果を公表していた(図)。それによると、ジンコソーラーと丸紅によるコンソーシアムの応札価格が2.42セント/kWhとこれまでで最安のコストだったことが明らかとなっており、今回の契約締結によって、太陽光発電所の建設コストで最安記録が更新されたことになる(関連記事1)(関連記事2)。

 ジンコソーラー、丸紅、ADWEAは、このプロジェクトを推進するために特別目的会社(SPC)を設立し、PPAの期間となる25年間、同発電所の建設やO&M(運営・保守)を行う。SPCの出資比率は、丸紅とジンコソーラーがそれぞれ20%、ADWEAが60%。

 同プロジェクトの資金調達などに関する契約は2017年4月に締結され、「ギガソーラー」の運転は2019年4月に開始すると見込んでいる。

おすすめ

あなたにおすすめ