• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギーメガソーラー > 岡山市で約37MW、伊藤忠などがメガソーラー竣工

ニュース

岡山市で約37MW、伊藤忠などがメガソーラー竣工

土木は大林組、EPC・パネルは東芝、パワコンはTMEIC製

  • 加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
  • 2017/02/17 19:04
  • 1/1ページ
出力約37MWの「新岡山太陽光発電所」
(出所:芙蓉総合リース、サイサン)
[画像のクリックで拡大表示]
竣工式を開催
左からサイサンの川本社長、伊藤忠商事 金属カンパニーの米倉プレジデント、芙蓉総合リースの山田専務(出所:伊藤忠商事)
[画像のクリックで拡大表示]

 伊藤忠商事は2月16日、岡山県において、出力約37MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「新岡山太陽光発電所」の竣工式を開催したと発表した。

 芙蓉総合リース、エネワンソーラーとの合弁による特定目的会社(SPC)、新岡山ソーラーが発電事業者となる。出資比率は、伊藤忠商事が50%、芙蓉総合リースとエネワンソーラーが25%ずつとなっている。

 エネワンソーラーは、LPガスを手掛けるサイサン(さいたま市)と、太陽光発電開発の森和エナジー(東京都千代田区)による共同出資会社である。

 岡山市に立地する。年間発電量は、一般家庭約7600世帯分の消費電力に相当する、約4300万kWhを見込んでいる。

 土地造成工事は大林組、EPC(設計・調達・施工)サービスは東芝が担当した。太陽光パネルは東芝製、パワーコンディショナー(PCS)は東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用した。

 今回の稼働により、伊藤忠商事が参画する国内のメガソーラー事業のうち、稼働済みは愛媛県、大分県に続き3か所となった。

 施工中の佐賀県の案件を合わせると、合計出力は約130MWとなる。今後、合計出力200MWを目指して開発を続けていくとしている。

おすすめ