• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEロボット > 福島第一原発の原子炉格納容器内部の調査用に、新ロボット開発

ニュース

福島第一原発の原子炉格納容器内部の調査用に、新ロボット開発

日立GEニュークリア・エナジーと国際廃炉研究開発機構

  • 小島 郁太郎
  • 2017/02/03 14:07
  • 1/1ページ
日立GEニュークリア・エナジー(日立GE)と国際廃炉研究開発機構(IRID)は、東京電力福島第一原子力発電所の廃止措置に向けて、原子炉格納容器(PCV)の内部を調査するロボット「PMORPH(ピーモルフ)」を開発した。名称のPMORPHは、原子炉格納容器を表す「PCV」と昆虫の形態変化を意味する「Metamorphose」を合わせた造語で、このロボットの機能を示してる。

おすすめ