• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギー > 阿波市のため池で水上太陽光、フロートのシエル・テール日本法人が発電事業

ニュース

阿波市のため池で水上太陽光、フロートのシエル・テール日本法人が発電事業

  • 加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
  • 2017/01/27 17:05
  • 1/1ページ
喜蓮池の太陽光発電設備
(出所:シエル・テール・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 太陽光パネルを水上に浮かべるフロートの大手、フランスのシエル・テール・インターナショナルの日本法人、シエル・テール・ジャパン(東京都中央区)は1月24日、徳島県にある池の水上を使った、出力630kWの太陽光発電所の竣工式を開催した。

 阿波市市場町にある農業用ため池「喜蓮池」の水上を活用した。池を管理している吉野川北岸土地改良区から、水面を借りて太陽光発電システムを浮かべた。

 2016年11月に着工し、2017年1月20日に売電を開始した。売電価格27円/kWh(税抜き)で、四国電力に売電している。初年度の年間発電量は、82万9440kWhを見込んでいる。

 シエル・テール・ジャパンでは、従来からのフロートの販売やエンジニアリングに加えて、太陽光の発電事業に乗り出している。同社にとって、2カ所目の水上太陽光発電事業となった。

 1カ所目に続き、阿波市内の池に開発した(関連ニュース関連インタビュー)。同市内では他に2カ所の池でメガソーラー(大規模太陽光発電所)を開発している。

 喜蓮池の太陽光発電所の発電事業者は、同社の子会社である「水田湖一」となる。

 設計・調達は自社、施工はスーパーツールECO(大阪府堺市)、土木工事はFUJIIコーポレーション(徳島県阿波市)が担当した。保守も自社で担う。

 太陽光パネルは京セラ製、パワーコンディショナー(PCS)はドイツSMAソーラーテクノロジー製を採用した。

おすすめ