• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギー > 第一生命、ドイツの洋上風力発電事業に35億円を投資

ニュース

第一生命、ドイツの洋上風力発電事業に35億円を投資

  • 金子憲治=日経BPクリーンテック研究所
  • 2017/01/11 10:22
  • 1/1ページ
ドイツ沖の洋上風力発電
画像はイメージ(出所:シーメンス)
[画像のクリックで拡大表示]

 第一生命保険は1月5日、ドイツの洋上風力発電建設プロジェクトに約35億円を投資すると発表した。海外プロジェクトファイナンスに投融資する信託スキームを活用し、貸付債権譲渡を受ける形で3000万ユーロ(約35億円)を投資する。同社が、風力発電事業を対象とするプロジェクトファイナンスに投資するのは、今回が初めて。

 風力発電は、代表的な再生可能エネルギーの1つとして世界的に導入・普及が進んでおり、従来の陸上風力発電に続き、洋上風力についても急成長が見込まれている。日本でも、2020年までに約2万kW(20MW)の実証プラントが運転を開始する予定で、計画中の案件が約120万kW(1.2GW)存在する。

 同社は、「日本でも将来的に、洋上風力の急速な拡大が見込まれる。海外案件への投資を通じて、将来の国内インフラ投資への貢献を見据え、ノウハウを蓄積していく」としている。

 第一生命は、2013年度からインフラ投資の一環として国内外のプロジェクトファイナンスなど、新たな資金需要に対して積極的に投資しており、今回のドイツの案件を含む新分野への今年度分の投資額は、既に1000億円を大きく超えているという。

おすすめ