• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEエレクトロニクスアナログ > Littelfuse、容量が0.2pFの4チャネルESD保護ダイオード

ニュース

Littelfuse、容量が0.2pFの4チャネルESD保護ダイオード

  • 山下 勝己
  • 2017/11/22 07:44
  • 1/1ページ
 米Littelfuse社は、端子間容量が0.2pF(3GHzにおける標準値)と小さい4チャネルの静電気放電(ESD)保護ダイオード「SP3422-04UTGシリーズ」を発売した。同社は、「TVS(Transient Voltage Suppressor)ダイオード」と呼ぶ。4チャネルのESD保護ダイオードに加えて、1個のツェナーダイオードを集積した。「標準的な4チャネル品に比べると、約1/3の外形寸法に小型化した」(同社)という。パッケージは、外形寸法が1.0mm×0.6mm×0.45mmの5端子DFNである。端子間容量が小さいため、高速なインターフェースのESD保護に向ける。具体的には、V-by-OneやUSB3.0、USB2.0、IEEE1394、MIPI、Embedded DisplayPort(eDP)などの高速インターフェース規格を想定している。

おすすめ

あなたにおすすめ