• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOME有料会員向けトップ > 設計を「攻撃」に転じなければ、世界で勝ち残れない

日経ものづくり 2017年5月号

技術者塾 INTERVIEW人気講師に聞く!

設計を「攻撃」に転じなければ、世界で勝ち残れない

國井良昌氏(國井技術士設計事務所 所長)

  • 聞き手:近岡 裕
  • 2017/04/28 00:00
  • 1/3ページ

出典:日経ものづくり、2017年5月号、pp.119-122(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

特徴ある製品が一向に出てこないという悩みを抱える企業は多い。その原因は「設計マネジャーにある」と指摘するのが、國井技術士設計事務所所長の國井良昌氏だ。「技術者塾」で「國井設計塾 世界で戦える設計マネージャー養成講座」の講師を務める國井氏に、多くの日本企業が抱えている設計上の課題と、力強くけん引する設計マネジャーの必要性を聞いた。

――日本企業の設計マネジャーの実力をどうみていますか。

國井氏:正直に言いましょう。全般的に日本企業の設計マネジャーの力は弱りつつあると感じます。特にシステム設計力は、どん底だと思います。なぜなら、システム設計者が不在だからです。

 世界的に有名なある企業(台湾)は、日本の大手メーカーを買収して「経営のガバナンスが利いていない」と語りました。これは日本企業にとって、とても耳の痛い言葉だと思います。この言葉は、すなわち「経営層やマネジャー層は、一体何をやってきたのか?」という意味だからです。世界的な企業から見ると、大手であるにもかかわらず日本企業の経営や管理は物足りないということなのでしょう。

――なぜ、そのような事態を招いてしまったのでしょうか。

國井氏:30年ほど前、日本の製造業ではQC(品質管理)サークル活動(以下、QC活動)が盛んで、各社が競い合っていました。日本は統計的品質管理を米国人のウィリアム・エドワーズ・デミング博士から導入しました。その後、米国では根付かなかったQC活動が、逆に日本では活発になったのです。

 この背景には、経営思想の違いがあると思います。QC活動はボトムアップの思想。ところが、米国企業の経営の多くはトップダウンの思想です。だから、米国企業はQC活動に見向きもしなかった。ところが、日本では現場の第一線で働く人たちがQC活動にいそしみました。その結果、改善が進み、ムダの排除が行われていった。これで日本企業の製品の品質は急伸し、業績が向上して成長軌道を歩んでいったのです。

 では、ここでマネジャー層は何をしたでしょうか?はっきり言えば、楽をしてしまった。ボトムアップで業績が上がるなら、マネジャー層にとってこれほど楽なことはありません。ここから日本企業の弱体化が始まったといわれています。

おすすめ

あなたにおすすめ