• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 第25回:トップは技術者の自由を確保せよ

日経ものづくり 2017年2月号

3Mで学んだイノベーションの設計図

第25回:トップは技術者の自由を確保せよ

  • 大久保孝俊=スリーエム ジャパン 執行役員 コーポレート・プロセス・イノベーション及び品質保証担当
  • 2017/01/31 00:00
  • 1/7ページ

出典:日経ものづくり、2017年2月号、pp.76-80(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 前回(2017年1月号)、「規律」「自由」「自主性」で構成される行動規範を社内に根づかせることの大切さを示し、まずは「規律」に対する「変わらないトップマネジメントの姿勢」の指針について説明した。今回は、「自由」に対しての「変わらないトップマネジメントの姿勢」の指針を取り上げる(図1)。まずトップマネジメント自らが確保すべき自由を紹介し、次に技術者(社員)に対して確保すべき自由について説明する。

図1 「規律の基盤の上で自由を発揮する自主性の概念図」(左)と「変わらないトップマネジメントの姿勢」の指針(右)
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ