• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOME有料会員向けトップ > JAXA、気候変動観測衛星「しきさい」を種子島で公開

日経ものづくり 2017年12月号

ニュースの深層

JAXA、気候変動観測衛星「しきさい」を種子島で公開

陸上近くのエアロゾルを高精度観測、温暖化予測に役立てる

  • 野々村 洸
  • 2017/11/27 00:00
  • 1/1ページ

出典:日経ものづくり、2017年12月号、p.22(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2017年11月14日、種子島宇宙センター(鹿児島県)で「気候変動観測衛星『しきさい(GCOM-C)』」の実機を公開した。「多波長光学放射計(SGLI)」を搭載しており、近紫外から熱赤外域までの特定の波長帯を計測し、植生や海面温度、エアロゾル・雲などの観測に役立てる

おすすめ

あなたにおすすめ