• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOME有料会員向けトップ > 中小組織で活躍する技術者、顧客課題から事業も設計

日経エレクトロニクス 2017年12月号

Emerging Biz

中小組織で活躍する技術者、顧客課題から事業も設計

  • 三宅 常之
  • 2017/11/17 00:00
  • 1/10ページ

出典:日経エレクトロニクス、2017年12月号、pp.52-57(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

技術者の働き方を考える連続解説の第3回。最終回に当たる今回は、電子技術者を抱える新興家電メーカーを中心に、小規模企業が電子技術者に求める役割を探る。大手メーカーに入社したものの自ら社外で開発プロジェクトを立ち上げた技術者の事例や、技術者を社会に送り出す役割を担う大学の取り組みも紹介する。

 電子技術者の活躍の場が小規模メーカーの間に広がっている。象徴的な例が、新興の家電メーカーが、大手電機メーカーから電子技術者を積極的に採用していることだ。

 新興の家電メーカーは、大手電機メーカーとは異なる視点で製品を企画し、需要をつかんでいる。電子技術者を社内に抱え、特徴的な開発手法を製品企画に生かして市場での存在感を高めている企業も少なくない。

デジタル別冊『最新モビリティー要素技術』プレゼント!
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン


自動運転車、パーソナルモビリティー、超小型EV、自動搬送車(AGV)、ドローン…。これらのモビリティー機器を形作る各種の要素技術の最新動向を、日経エレクトロニクスの記事から集めました。いずれの分野でも、各社がしのぎを削って開発を進める先端技術が目白押し。「知覚・システム編」と「駆動・電源編」の2分冊でお読みいただけます。詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ

あなたにおすすめ