• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > ドローン界の雄DJI社、安全性向上へ、ADS-B搭載でヘリとの衝突を回避

日経エレクトロニクス 2017年11月号

Emerging Tech

ドローン界の雄DJI社、安全性向上へ、ADS-B搭載でヘリとの衝突を回避

日経Roboticsから今月の1本

  • 長場 景子
  • 2017/10/19 00:00
  • 1/3ページ

出典:日経エレクトロニクス、2017年11月号、pp.70-71(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 民生用ドローンを次々と世に送り出し、世界シェア7割以上を持つ中国DJI社。ホビー向けのみならず、測量や点検、農業などで利用する産業用ドローンも好調だ。コマツがi-Construction事業で利用している米Skycatch社の3次元測量サービスにも、DJI社のドローンが使われている。2006年に中国・深圳で創業したDJI社は、10年以上が経過した今、世界中で1万1000人以上の従業員を抱えるグローバル企業となった。

 同社がここまでの成長を遂げてきたのには理由がある。離陸地点に自律的に帰還する「フェールセーフRTH(return-to-home)」機能やステレオカメラによる障害物回避機能など、高度な機能を低価格帯のドローンに次々と実装してきたからだ。

 2017年2月には、ヘリコプターなど有人航空機とのニアミスを防ぐべく、有人機の位置を受け取る仕組みである「ADS-B(Automatic Dependent Surveillance-Broadcast)」の導入にも踏み切った。高所点検や災害対応などに向けたドローンプラットフォーム「MATRICE 200」シリーズに、ADS-Bの受信機「AirSense」を標準搭載したのである。DJI幹部への取材を基に、同社の狙いを見ていこう(図1)。

図1 中国DJI社のエンタープライズ・マーケティング責任者のJan Gasparic氏
機体の安全性は階層的に担保していくと説く。
[画像のクリックで拡大表示]
デジタル別冊『最新モビリティー要素技術』プレゼント!
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン


自動運転車、パーソナルモビリティー、超小型EV、自動搬送車(AGV)、ドローン…。これらのモビリティー機器を形作る各種の要素技術の最新動向を、日経エレクトロニクスの記事から集めました。いずれの分野でも、各社がしのぎを削って開発を進める先端技術が目白押し。「知覚・システム編」と「駆動・電源編」の2分冊でお読みいただけます。詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ

あなたにおすすめ