• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 車載システムのソフト基盤「AGL」、最新版はOTAに対応

日経Automotive 2017年10月号

Automotive Report

車載システムのソフト基盤「AGL」、最新版はOTAに対応

  • 木村雅秀
  • 2017/09/08 00:00
  • 1/1ページ

出典:日経Automotive、2017年10月号、p.28(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

The Linux Foundationは2017年8月、車載情報システムのオープンソースソフトウエア基盤「AGL(Automotive Grade Linux)」の最新版「Unified Code Base(UCB)4.0」を公開した。最新版では、無線でソフトウエアを更新するOTA(Over The Air)に対応したほか、スマートフォンとの連携機能や音声認識機能も追加した(図1)。

おすすめ