• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOME有料会員向けトップ > SUBARU吉永社長が語るPHEV、「トヨタの技術協力で2018年に発売」

日経Automotive 2017年8月号

Automotive Report

SUBARU吉永社長が語るPHEV、「トヨタの技術協力で2018年に発売」

  • 木村 雅秀
  • 2017/07/10 00:00
  • 1/1ページ

出典:日経Automotive、2017年8月号、p.27(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

SUBARU(スバル)社長の吉永泰之氏は、トヨタ自動車のプラグインハイブリッド車(PHEV)技術を使った車両を2018年に米国で発売することを明らかにした。2017年5月末に開催された「Advertising Week Asia 2017」のインタビューで語った(図)。2018年から米国のZEV(Zero Emission Vehicle)規制の対象車種からハイブリッド車(HEV)が外れることに対応する。

おすすめ

あなたにおすすめ