• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > トヨタとマツダ、資本提携の狙い

日経Automotive 2017年10月号

Close-up

トヨタとマツダ、資本提携の狙い

  • 木村 雅秀
  • 2017/09/08 00:00
  • 1/1ページ

出典:日経Automotive、2017年10月号、p.5(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

トヨタ自動車とマツダは、資本提携によって電気自動車(EV)のプラットフォームを共同開発すると発表した。背景には、EVに決め打ちできない自動車メーカーの悩みがある(pp.20-21に関連記事)。現在、世界の環境規制が強化され、EVへの期待が高まっているが、EVが主流になる可能性は低い。電池コストの課題が短期間では解決しそうにないからだ。多くのアナリストが「EVは当面、主流になり得ない」と分析している。

おすすめ